ゲーム&ホビー
スマホゲーム
2019/6/21 19:15

「モンストグランプリ2019」でeスポーツの「リアル」を知る! 強豪プレイヤーに聞いた勝つためのこだわり

マルチプレイの楽しさが人気を呼んでいるスマホゲーム、モンスターストライク。去る61日に、そんなモンストの派生ゲームアプリ「モンスターストライク スタジアム」(以下、モンストスタジアム)で競い合う「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」関東予選が行われました。

ゲーマーながらモンストならびにモンストスタジアムは初心者……という筆者がその模様をリポートしていきます。eスポーツブームの熱気、そして出場者たちが見せる勝負への執念を、ぜひこの記事から体感してください。

 

ここまで盛り上がっているとは!プレイヤーの熱気がスゴい

会場であるベルサール汐留に到着すると、すでにそこには人だかりが。筆者も、プレイヤーの熱量を会場外にして実感させられました。

↑参加者の受付中。外には長蛇の列ができていました。

 

モンストスタジアムは、チーム対抗で競い合うタイムアタックバトルです。本大会では大会指定のルールに則って、選抜したモンスターを使って4人1チームで戦います。

 

まず予選では最大200チーム800人が、タイムアタックラウンドでしのぎを削ります。2つのステージをクリアする時間の合計で競う、タイムアタックにかかる時間は5分強。与えられた短い時間のなか、それぞれが真剣な面持ちで画面と向かい合い、チーム内でコミュニケーションをとりながらステージクリアを目指していました。

↑タイムアタックに挑む参加者たち。そろって真剣な表情です。

 

決勝では観衆が固唾を呑んで見守るなか、ステージ上で数々の死闘が繰り広げられていきます。観客も配られたバルーンを叩きながら、大盛り上がりで出場者たちを迎えました。

↑ステージ上で行われた決勝トーナメント。大観衆の視線が集中します

 

↑2ブロックのトーナメントで行われた決勝。3本勝負の2本先取で行われ、同じステージを2チームが同時にプレイし、早くクリアしたほうが勝者となります

 

Aブロックでは予選3位、関東と関西の連合チーム「ワンチャンスターズ」が、予選6位「Toy Soldier」を危なげなく撃破し初戦を見事突破。続いて全員が初めてのグランプリ参戦という予選2位「Cats」が、予選5位「GraNde – 牌」との勝負を制し、Aブロック決勝に進出しました。

↑Toy soldierには、ファイナリストで数少ない女性選手の姿も

 

決勝では、Catsがミスのない完璧な立ち回りを見せ、ブロック優勝を果たしています。夏に幕張メッセで行われる決勝大会の切符をゲットしたCatsのメンバーはもちろん大喜び。「まだ実感はない」と言いつつも抱き合ってその感動に浸るメンバーの姿が印象的でした。

↑Aブロックを制したCatsの面々。大会の公式端末、「Google Pixel 3」を手に持ち勝利をアピール

 

Bブロックに話をうつします。1回戦を制したのは予選4位「砲撃timely’s」と予選1位「LMBulludozer」です。特にLMBulludozerと予選8位「刈谷カーテンコール」の試合は、3本勝負の2本目が同時クリアで再試合になる大熱戦! 1000分の1秒単位までをも争うこのゲームの魅力が、初心者の筆者にも十分に伝わる試合となりました。

 

↑熱戦が続くなか、オーディエンスの応援も大会をおおいに盛り上げた

 

続いて行われたBブロック決勝。本日最後の試合とあって、観客のボルテージもうなぎのぼりです。ここでは、大会随一の人気チーム・LMBlludozerが双方にミスの出ない争いをスピード勝負で制し、僅差の試合をものにしました。

↑表彰式で笑顔を見せるLMBlludozerのメンバー

 

どの試合でも選手たちの洗練されたプレイスキルが光り、キャラクターピック(選択)の駆け引きはもちろん、キャラクター編成の妙味、素早く正確な操作が披露され、モンストの醍醐味が凝縮された大会だったといえるでしょう。

↑キャラクターピック中の一幕。選手が選んだキャラが画面の表示されるたび、観客から歓声が上がります

 

が、なにより筆者の記憶に残ったのは会場の熱気。参加者の多さもさることながら、ステージ上で戦う選手たちを応援する大歓声には驚かされました。まさに「eスポーツブームここにあり!」を示した大会でした。「単にゲームを遊ぶ」のではなく「公平に競い合う」ことで生まれている熱量。それに感嘆するとともに、「もはや一般的なスポーツと変わらない」ことを筆者も思い知らされました。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON