ゲーム&ホビー
玩具
2019/11/25 16:15

レゴ史上初の日本車とのコラボ!日産GT-Rニスモの再現度に胸キュン!

レゴ ジャパンは、レゴ史上初となる日本車とのコラボレーション商品「日産 GT-R ニスモ 76896」を発表。

レゴスピードチャンピオンシリーズ、日産 GT-R ニスモ 76896は、2020年1月にリリースされる数々のレゴ スピードチャンピオンシリーズ商品の一つです。本商品のデザインを手がけたレゴグループのクリス・ スタンプは、「実際の『NISSAN GT-R』よりもはるかに小さな、298ピースのパーツから構成された日産 GT R ニスモ76896を、本格的で複雑な細かいディテールまでを再現することは大きなチャレンジでありました。特にテールランプの再現度に注目してほしいです」と語っています 。

そして、日産 GT‐R ニスモ 76896と並んで登場したのは、「NISSAN GT‐R NISMO」の2020年モデルです。レースの厳しい環境で磨き抜かれた技術を応用したことで、 より研ぎ澄まされた性能を実現した同モデルは、ルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーなどにカーボン素材を使用し、車両を軽量化することで、コーナリングの性能を向上させています。世界最大級のサイズを誇る超高性能のカーボンセラミックブレーキや新型ターボチャージャーを搭載するほか、軽量かつ高剛性な鍛造ホイールと、新開発のハイグリップゴムを採用したハイグリップタイヤを装着しています。

↑レゴモデルは298ピースのパーツから構成されているの対して、現車は9万個以上のパーツから構成されています

 

製作期間は約12か月。組み立て時間は、レゴブロックで遊ぶエキスパートであれば約20分。そうでない方は1時間とのこと。価格はオープンプライスとなっています。

 

【フォトギャラリー(GetNavi webにてご覧になれます)】

TAG
SHARE ON