日産 関連記事

さかのぼれば初代のデビューは実に1957年(昭和32年)という日産伝統の銘柄、スカイラインが大幅にアップデートされました。その中身は13代目(!)のビッグマイナーチェンジと呼べるものですが、注目はなんといっても自動運転時代を予感させる先進的な運転支援システム、「プロパイロット 2.0」が搭載されたことでしょう。

ワゴンにSUVテイストをプラスしたボルボのクロスオーバーと、ハイテクをアピールするアウディのアッパーミドルセダン、そして日産最新の軽ワゴンに試乗。その出来映えは、いずれもハイレベル。人とはちょっと違う、個性的な選択肢としても要注目です。

今月はリーフの高性能版とI-ペイスという日英のピュアEV、そして1999年以来約20年ぶりの復活となったBMW 8シリーズをピックアップ。エコなEVとラグジュアリーなクーペという異色の組み合わせですが、意外な共通点もあり…