ゲーム&ホビー
2022/4/8 12:00

レゴと「フォートナイト」のEpic Games、メタバースでの提携を発表。「子供と家族にとって安全で楽しい未来」のため

デンマークの大手玩具メーカーLEGOグループと『フォートナイト』などで知られるゲーム大手Epic Gamesは、「子供と家族にとって安全で楽しいメタバースの未来を形作るため」として、長期的なパートナーシップを締結することを発表しました。

LEGO Group/Epic Games

 

両社は「あらゆる年齢の子供たちが一緒に楽しめて没入感があり、創造的なインスピレーションを与える魅力的なデジタル体験を実現するために協力する」予定だと述べています。

 

おおまかには「子供たちが自信を持ってクリエイターになれるようなツールへのアクセス」や「安全でポジティブな空間の中で素晴らしい遊びの機会」を提供するとうたっていますが、具体的に何をするのかは明らかにされていません。

 

LEGOグループのCEOであるニールス・B・クリスチャンセン氏は「子どもたちがデジタル体験を通じて、創造性や協力、意思疎通などの生涯に関わるスキルを身につけることができる、大きな可能性があると信じています」としつつ、何世代にもわたった「子どもたちの安全な物理的遊び」(レゴ遊び)をデジタルな遊びでも再現する抱負を語っています。

 

またEpic GamesのCEO兼創設者であるティム・スウィーニー氏は「LEGOグループは1世紀近くにわたり、創造的な遊びを通じて子供と大人の想像力を魅了してきました」「我々はメタバースにおいて、子供と家族のために作られた、楽しくておもしろい空間を作るために協力できることをうれしく思っています」と述べています。

 

今回のLEGOグループとEpic Gamesとの提携は、マインクラフトやRoblox(ユーザーがゲームを作成して共有したり、ほかのユーザーが作ったゲームを遊んだりできるオンラインゲーミングプラットフォーム。海外で人気)などキッズ向けオンラインゲームに対抗するものとも思われます。特にEpic Gamesの『フォートナイト』はアリアナ・グランデがコンサートを開催するなど、ゲームの域を超えてメタバースの傾向を帯び始めており、それとは別にEpic Gamesがメタバース構築に積極的に取り組んでいるとの報道もありました。

 

かたやLEGOグループは開発会社TT Gamesと協力して『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ 』などのゲームを送り出していました。Epic Gamesとの提携は、デジタルへの踏み込みをいっそう加速させる意図なのかもしれません。

Source:LEGO,Epic Games

 

TAG
SHARE ON