家電
2016/4/5 18:21

【ニュース】Siriに対応したフィリップスのLEDライト「Hue」は音声で色を自在に操れる!

フィリップス ライティング ジャパンは、アップルのスマートホーム規格「Apple HomeKit」に対応したLEDライト「Philips Hue(フィリップス ヒュー)」を発表。4月5日から全国のアップルストアおよびアップルオンラインストアで発売します。

 

シングルランプ(レッド)

Philips Hueは、2013年9月に日本で発売開始された新世代のLED照明。スマホ/タブレットアプリからワイヤレスで設定を行え、1600万色以上の色を自由に再現できることが特徴です。

 

新モデルでは、Apple社のスマートホーム規格「Apple HomeKit」に対応し、iOSのアプリケーション「Siri」による音声コントロールが可能になりました。照明のオン/オフや明るさの調整などを音声でコントロールでき、より簡便に照明を操作できるように。従来通り、別売の「Hue Tap Switch」でも操作可能です。

Siri使用イメージ

↑「Siri」での音声操作イメージ

 

CIMG4161
↑Siriを起動し、「ランプを赤にして」というと赤にしてというと赤に点灯

 

CIMG4163
↑「ランプを青にして」というと青に変わります

 

CIMG4188
↑アプリでスケジュール設定も可能です

 

CIMG4183

CIMG4184
↑画像から色を選択し(上)、ランプの色に反映させる(下)ことができるため、「ハワイで撮影した夕日」など思い出の色も再現できます

 

P1370847
↑東京・銀座のアップルストアで行われた発表会では、メンタリストのDaiGoさんも登場。自身もHueのヘビーユーザーだそうで、「睡眠周期を取るアプリと連動させて目覚まし代わりに使う」「集中力を高めるときには青が最適」など実用的な知識を披露してくれました

 

 

スターターセットv2(パッケージ)

新たに、800ルーメンのLEDライト「Hue」3個と、Hueをワイヤレス操作するための「ブリッジ」をセットにした「Philips Hue スターターセット v2」(実売予想価格2万8944円前後)を用意。Hueとブリッジを組み合わせることで、外出先から家の照明をコントロールしたり、朝起きる時間に合わせ徐々に照明を明るくするタイマー設定など、照明とインターネットが繋がるIoT(Internet of Things)が体験できます。ライトやブリッジは単体でも購入可能です(ライト、ブリッジとも実売予想価格各7992円前後)。

 

【URL】

フィリップス ライティング ジャパン http://www.lighting.philips.co.jp/home