家電
炊飯器
2018/10/7 19:30

【2018年 秋】3人のプロが採点! 最新プレミアム炊飯器6モデル「格付け大試食会」

新米が出始める秋。今年も、大手メーカーから最上位炊飯器の新モデルが出揃いました。気になるその実力を確かめるため、3人のプロが試食。ごはんの見た目と味、炊飯器の操作性の観点から徹底的にジャッジします!

 

【評価した人】

デジタル&家電ライター

コヤマタカヒロさん

執筆やコンサルティングなど多方面で活躍。料理好きで調理家電に詳しく、米・食味鑑定士の資格も所有しています。

 

家電ライター

田中真紀子さん

白物家電・美容家電を得意とします。共働きのため、自宅でも家事がラクになる家電を多数稼動させています。

 

カメラマン

福永仲秋さん

ごはん好きカメラマン。視覚的にもおいしく食べるために、炊き上がりに合わせて多数の茶碗を使い分けています。

 

きめ細かな炊き分け機能がこの秋はさらに充実!

どのメーカーも“かまど炊きごはん”の再現を目指して進化を続けているなかで、最新トレンドとして挙げられるのが、炊き分け機能の拡充です。家電ライターの田中真紀子さんはこう語ります。

 

「パナソニックは50銘柄の米の炊き分けが可能に。三菱電機も炊き分けできる米の銘柄が増えました。象印は自分好みの炊き方に近づけられる『わが家炊き』メニューの食感の範囲をさらに広げています。一方で、パナソニックのように乾燥米も新米のようにみずみずしく炊ける機能を追加するなど、銘柄だけでなく、米の鮮度や好みに合わせてきめ細かく炊き分けられる機能がより充実しました

 

炊飯方式では、多くのメーカーが圧力IHを採用する一方で、非圧力にこだわる三菱電機が目立ちます。斬新なのがシロカの「かまどさん電気」。長谷園の人気炊飯土鍋「かまどさん」使用の電気炊飯器ということで、注目を集めています。今回は各機の炊きたてごはんと冷やごはんを試食し、ごはんの見た目と味、炊飯器の機能面から評価。それをもとに、ランク付けを行いました。

 

<高級モデルの炊飯条件>

新潟産コシヒカリを「炊きたて」と「おにぎり」で試食

平成29年製の新潟産コシヒカリ3合を、各機種の標準モードで炊飯。「炊きたて」と「おにぎり(冷やごはん)」の状態で試食し検証しました。

 

【その1】精米から日が経って乾燥した米を新米のようにみずみずしく炊き上げる!

パナソニック

スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器

「Wおどり炊き」 SR-VSX108

実売価格10万2940円

熱対流と可変圧力による「Wおどり炊き」技術で米の芯まで熱を伝え、“かまど炊きごはん”を再現。新モデルは、乾燥した米も新米のようにおいしく炊き上げる「鮮度センシング」機能を搭載したほか、食感も13通りに微調整可能になりました。【炊飯容量:0.5〜5.5合】【内釜:ダイヤモンド竈釜】【食感/銘柄炊き分け:13通り/50通り】【推奨保温時間:約6時間】

SPEC●消費電力:約1210W●加熱方式:6段全面IH●炊飯メニュー数:14●サイズ/質量:W275×H234×D361mm/7.8kg

↑米ひと粒ひと粒が立ち、ツヤとほど良い粘りがあります。塊を口に入れると口の中でほぐれ、強い弾力を感じます。口に入れた瞬間から甘いですが、噛むほどに甘みが増しました

 

↑内側をダイヤモンドフッ素でコーティングした「ダイヤモンド竈釜」。細かい泡を多く発生させ、米ひと粒ひと粒に熱をしっかり伝えます

 

↑底面・側面・ふたにIHを搭載。釜を包み込むように加熱します。釜内部の温度を下げず、米のおいしさを最大限に引き出します

 

↑「銘柄炊き分けコンシェルジュ」を搭載。50銘柄の米が各特性に合わせて炊き分けられるうえ、食感も3段階から選べます

 

【3人の評価はコチラ!】

しゃっきり派ももっちり派も納得!

「しゃっきりともっちりのバランスが良く、誰もが納得のおいしさ。粒感がしっかりとしており、冷やごはんにしてもほぼ変化なし。和洋中問わず、どんなおかずにも合います」(コヤマさん)

 

使い始めれば設定もメンテもラク

「設定項目が多く最初は戸惑いますが、一度記憶させれば簡単に使えます。内釜が軽くごはんもスルンと取れます。スチーム用容器もあり、洗い物は多めですが、手入れ自体はラク」(田中さん)

 

米にツヤ感があり粒立っている!!

「水分をしっかりとまとい、ツヤ感があります。表面は少しザラッとしていてやわらかそうに見えましたが、食べてみると意外と粒感が強いです。色味は全体的に黄色っぽい印象」(福永さん)

 

【JUDGEMENT】

繊細なプログラミングで味も使い勝手も大満足の出来

甘みを引き出しつつスチームでハリを与えるなど、誰もがおいしいと思える炊き上がりはさすが。どんな米でも最適に炊き上げるなど、万能感が際立ちました。内釜が軽めで、手入れもしやすいです。

 

 

【その2】かまどを超える大火力と炎のゆらぎが甘みを引き出す!

ZOJIRUSHI

圧力IH炊飯ジャー

炎舞炊きNW-KA10

実売価格10万9770円

底IHヒーターを3つ備え、部分的な集中加熱を行って激しく複雑な対流を実現。かまどのような大火力と、炎のゆらぎを再現した炊飯が可能となり、米ひと粒ひと粒に熱を伝えます。「わが家炊き」で121通りの食感炊き分けが可能です。【炊飯容量:0.5〜5.5合】【内釜:鉄〜くろがね仕込み〜豪炎かまど釜】【食感/銘柄炊き分け:121通り/なし】【最大保温時間:40時間】

SPEC●消費電力:1240W●加熱方式:ローテーションIH●炊飯メニュー数:20●サイズ/質量:W275×H235×D345mm/約8.5kg

↑食感を「ふつう」で炊いてももっちり感が強く、粒同士がくっつきやすいです。冷めても、もっちり感はそのままだが粒立ちは落ち、ペチャっとした重さを感じました

 

↑発熱効率と蓄熱性が高い鉄を仕込んだ「豪炎かまど釜」。内側の「うまみプラスプラチナコート」がごはんの甘みと旨みを引き出します
↑3つの底IHヒーターをローテーションで加熱。従来品に比べて単位面積あたり4倍以上の大火力と激しい対流を実現しました
↑内ぶたの内側に「うるおい二重内ぶた」を搭載。大火力でも吹きこぼれを抑えつつ、蒸気を逃がさずにごはんの水分を保ちます

 

【3人の評価はコチラ!】

ごはんだけで食べられるおいしさ

「甘みともちもち感が強く、ごはんだけでも食べ応えあり。冷めると両方弱まりますが、十分おいしい。おかずはデミグラスソースハンバーグのような濃い味の洋食が合いそうです」(コヤマさん)

 

ボタン操作が面倒だがお手入れのしやすさは抜群

「液晶に項目が一覧化されるためわかりやすい反面、ボタンを何度も押す設定がやや面倒かも。内釜が軽くなり、洗うパーツも少ないので、メンテナンスがシンプルなのは良い!!」(田中さん)

 

米の形を崩すことなくごはんが炊きあがった!

「炊き上がりの色は黄色っぽい印象。米粒のエッジがハッキリとしていて粒立ち、生米のフォルムのまま炊き上がった感じです。硬めの食感かと思いきや、やわらかかったです」(福永さん)

 

【JUDGEMENT】

大火力ヒーターで粘りと甘みが素晴らしい!!

かまど炊きの炎のゆらぎと大火力を再現したことで、もっちりと甘みを感じる味に。クセが強く感じても「わが家炊き」機能で好みに近づけられます。洗うパーツが少なく手入れがラク。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON