家電
暖房器具
2018/11/28 21:30

【2018-19年冬版】種類が違うと何が違う? 「対流式」「伝導式」ヒーターの特徴と、オススメモデルをプロがガイド!

暖房器具は、そもそもどんな種類があって、どれを選べばいい? 家電のプロ・戸井田園子さんをガイド役に招き、そんな疑問の声に答えるのが本企画。暖房器具を「対流式」「伝導式」「輻射式」の3つの方式に大別し、それぞれのカテゴリに含まれる暖房器具の特徴とオススメモデルを紹介していきます。今回は、石油ファンヒーターやセラミックファンヒーターなどを含む「対流式」、ホットカーペットや電気毛布などを含む「伝導式」をガイドしていきましょう。

 

【Profile】

20161109-s3 (1)

家電コーディネーター

戸井田園子さん

雑誌やテレビなど、数多くのメディアにひっぱりだこの家電専門家。ユーザー目線に立ったわかりやすい解説で、読者の厚い信頼を受けています。

 

 

1. 対流式とは? そのメリットとデメリットは?

空気の対流を起こして素早く暖める暖房器具のこと

「『対流式』とは、温風などで空気の対流を起こして部屋を暖める『強制対流』の暖房器具です。運転開始後すぐに温風が吹き出すため、素早く暖まるのがメリット。一方で、体に温風が当たることで肌が乾燥したり、部屋のホコリが舞い上がったりすることもあるのがデメリットです。

 

ファンヒーターは、主に石油ファンヒーター、セラミックファンヒーター(エネルギーは電気)、ガスファンヒーターの3つがあります。石油は自分で灯油の補充をしなくてはなりませんが、暖房能力が高いのが特徴。電気とガスは給油の手間がないぶんラクですが、ガスは室内にガス栓がないと使用できないので、あらかじめガス栓の有無を確認して下さい。1畳あたりの光熱費は、原油価格にもよりますが、灯油が安価で電気が高い傾向にあります」(戸井田さん)
↑目次に戻る

 

1-1 対流式・石油ファンヒーターとは? そのメリットとデメリットは?

石油ファンヒーターは、灯油を燃焼させ、その熱をファンで送り出す暖房器具。燃焼による熱なので、吹き出す温風はとても暖かく、大きな部屋もしっかり暖められます。家庭用の場合、出力は2.5kW(木造7畳)~10kW(木造26畳)まで幅広い選択肢があります。

 

デメリットは、灯油を定期的に買い、給油しないといけない点。着火まで多少の時間がかかるのもマイナス点です。また、消火時のニオイが苦手という声があり、定期的な換気を行う必要もあります。ただし、最新モデルでは、これらの問題を改善したモデルも登場しています」(戸井田さん)
↑目次に戻る

 

【1-2 石油ファンヒーターのオススメモデル

その1

3枚の動くフラップが温風を遠くまで届ける

↑画像クリックで楽天市場の最新の価格比較サイトにジャンプします

ダイニチ
SGXタイプ
実売価格4万6220円(FW-4718SGX)

石油ファンヒーターのトップシェアメーカー・ダイニチのプレミアムモデル。同社しては初となる3枚の可動フラップを搭載。火力に応じてフラップを動かし、温風をより遠くまで届けます。35秒で着火する速暖性もダイニチの特色。設定温度に合わせて燃焼量を自動コントロールする「ecoおまかせモードプラス」も搭載されています。

【SPEC】(FW-4718SGX)●サイズ/質量:W476×H445×D366mm/13.6kg●暖房のめやす(畳):木造(戸建)12畳、コンクリート(集合)17畳まで●タンク容量:9.0L●消費電力:大火力時153W、小火力時70W

 

戸井田さんのオススメコメント

スピード着火とオートターボ運転で、寒い朝も一気に暖まる!

「従来機種より5秒短縮した35秒着火に加え、室温が15℃になるまで自動で最大火力をアップする『オートターボ運転』で、寒い冬の朝も快適! また、未燃焼ガスを燃やしきる独自の『秒速消臭システムプレミアム』により、消火時のニオイを軽減してくれます。

 

タンクは9Lと大容量なので、給油回数が少なくてすむのは助かるところ。タンクの上下に取っ手が2つあり、安定して持ち運べる『Wとって』も使い勝手良し。ファンフィルターはさっと取り外せるので、暖房効率を落とすホコリ詰まりもカンタンに掃除ができます」(戸井田さん)

↑消火時にガスの噴射を瞬時に遮断するとともに、消火時にファンが大風量で回転する時間を延ばしてバーナの高温時間を延長。残留ガスを燃やし切り、ニオイを抑えます

 

その2

灯油と電気を組み合わせた、いいとこ取りのヒーター

トヨトミ
ハイブリッドヒーター LC-SHB40I
実売価格2万8710円

石油ファンヒーターと電気セラミックヒーターを組み合わせたハイブリッドヒーター。電気セラミックヒーターが約3秒で温風を吹き出し、石油ファンヒーターの着火の遅さをカバー。石油ファンヒーターはトヨトミ独自の頑丈なエコバーナーを採用しています。石油、電気ともそれぞれ単独運転が可能で、灯油が切れた場合は自動で電気に切り替わります。

【SPEC】●サイズ/質量:W376×H438×D296mm/9.5kg●畳数のめやす:ハイブリッド運転時・木造(戸建)11畳、コンクリート(集合)14畳まで/灯油単独運転時・木造(戸建)9畳、コンクリート(集合)12畳まで●タンク容量:5.0L●暖房出力:ハイブリッド運転時・3.99kW/灯油単独時・3.19kW~0.79kW

 

戸井田さんのオススメコメント

少しの寒さなら電気ヒーターだけで使うのもアリ

「灯油の弱点を電気でカバーする新提案! 電気ファンヒーターが先に始動するので、すぐに暖かくなります。さらに、灯油+電気の併用でパワフルに暖めることも可能。電気ヒーターは800W/400Wのパワーがあるので、春先なら電気だけでも大丈夫です。冬シーズンの最後を電気で過ごせば、灯油を使い残す心配もなし! 人感センサー搭載で無駄な暖房が減らせて、消し忘れも防止できます」(戸井田さん)
↑目次に戻る

 

【1-3 対流式・セラミックファンヒーターとは? そのメリットとデメリットは?】

すぐに暖まるのが特徴で、広い部屋よりはスポット暖房に向く

セラミックファンヒーターは、電気で発熱させたセラミックスの熱を、風で送り出す暖房器具です。温度が上がるのが速く、すぐに温風が出るのが特徴。また小型化・薄型化しやすいため、ピンポイントのスポット暖房に向いています。表面が熱くなりにくいので、トイレや洗面所など肌を露出する場所でも安心。換気の手間もありません。

 

マイナス面は、石油やガスに比べて暖房のパワーが低い点。コンセントからの供給電力が最大1500Wまでなので、それ以上の熱量は出ません。そのため、1台で10畳を超える広い部屋を暖めるのは難しいです。電気代はやや高くなる傾向にありますが、本体価格は比較的安価なものが多いです」(戸井田さん)
↑目次に戻る

 

【1-4 セラミックファンヒーターのオススメモデル

その1

小型軽量でどこへでも持ち運べるパワフルヒーター

パナソニック
セラミックファンヒーター DS-FS1200
実売9620円

タテヨコ約30cmと小型ながら、パワフルな温風を送るセラミックヒーター。温風は強/弱の2段階から選べ、1~5時間の切タイマーも便利です。地震などで本体が倒れると通電を停止し、起こさない限り再通電しない「二重安全転倒OFFスイッチ」を搭載した安心設計です。

【SPEC】●サイズ/質量:W280×H315×D135mm/2.6kg●消費電力(50/60Hz):温風「強」1170/1120W/温風「弱」640/615W(50/60Hz)

 

戸井田さんのオススメコメント

スポット暖房やヒートショック対策にオススメ!

「コンパクトでどこにでも置きやすく、2.6kgと軽いので、必要な場所に移動して使えるのが便利です。正面に集中して温風が出て、狭い範囲を力強く暖めてくれるので、足元の寒さを補うスポット暖房や、トイレ、洗面所などのヒートショック対策にオススメ。ダイヤル式で操作もカンタン。白くてシンプルなデザインも◯」(戸井田さん)

 

その2

暖房しながら乾燥を防ぎ、空気もキレイに!

シャープ
加湿セラミックファンヒーター HX-H120
実売価格2万4200円

暖房、加湿、プラズマクラスター(※)と、シーンに合わせて運転モードを選べるセラミックファンヒーター。3つの併用運転も可能です。温度と湿度のWセンサーを搭載し、部屋の温度・湿度に応じてエコ運転を行うのも特徴。また、運転停止後、加湿フィルターが自動洗浄されるので、水あかや汚れがつきにくく清潔です。

※プラズマクラスター……シャープ独自の空気浄化技術

【SPEC】●サイズ/質量:W450×H417×D180mm/約5.3kg●暖房の適用床面積目安(断熱材なし/断熱材50mm):コンクリート住宅約4.5畳/約8畳・木造住宅約3畳/約6畳●加湿の適用床面積目安:木造和室 8.5畳/プレハブ洋室 14畳●プラズマクラスター適用床面積目安:約6畳●消費電力(50/60Hz):強 1200W/1150W、強+加湿 1200W/1150W、弱 650W/600W、 弱+加湿 650W/600W、加湿600W/550W●タンク容量:約2.7L●加湿量(50/60Hz):強+加湿 540mL/h/520mL/h、弱+加湿 230mL/h/210mL/h、加湿 410mL/h/390mL/h

 

戸井田さんのオススメコメント

冬の乾燥対策にもなるロングセラー製品

「加湿機能とシャープのプラズマクラスターが搭載されたファンヒーター。1台で加湿と暖房ができ、冬の乾燥を防いでくれる人気のロングセラー製品です。加湿の給水タンクが露出しているデザインで、水の量がわかりやすく便利。加湿まわりのトレイ・フィルターなども隅々まで丸洗いでき、清潔性が維持しやすい作りです。

 

室温や湿度を自動でコントロールしてくれるおまかせ(自動)運転があり、こまめな操作をしなくても快適。安全性が高く、お子さんの部屋やシニアの部屋にオススメです」(戸井田さん)

 

その3

冬も夏も活躍する1台3役の空気清浄ファン

ダイソン
Dyson Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーター HP04
実売価格8万4020円

ヒーター、扇風機、空気清浄機が一体になった1台3役のモデル。ヒーター機能は、気流増幅部の配列を見直したことで、部屋をより早くムラなく暖められるようになりました。空気清浄機能は、HEPA材を増量したフィルターと従来比3倍以上の活性炭により、PM0.1レベルの粒子を99.95%除去します。

【SPEC】●サイズ/質量:W248×H764×D248mm/5.70kg●暖房能力(50mm断熱材あり/なし):コンクリート住宅10畳/5畳、木造住宅6畳/4畳●空気清浄適用床面積:9畳(30分) / 26畳(60分)●消費電力:1400W(温風モード)、6~40W(涼風モード)

 

戸井田さんのオススメコメント

収納スペースがいらないオールシーズン家電

「3in1タイプなので一年中出したままにでき、オフシーズンに収納スペースがいらないのがポイント。キレイな空気で室内を暖められる(涼しくできる)というのは気分がいいものです。ダイソン独自の羽のないデザインはインテリア性が高く、掃除がしやすいのも人気の理由ですね。空気の状態がリアルタイムにわかるエアモニター機能も便利。本体のディスプレイやスマホのアプリで確認でき、どんな原因で空気が汚れているのかがわかって、適切な対策ができます。まさに最先端の暖房機ですね!」(戸井田さん)

 

その4

3Dの暖かい風が体を包み込むデロンギの新提案

デロンギ
空気清浄機付きファン HFX85W14C

実売価格5万8660円

オイルヒーターに定評あるデロンギが新たに提案する空気清浄機能付きファン。涼風・温風・空気清浄機の3in1タイプになっていて、通年で使えます。「温風モード」と「涼風モード」があり、温風モードは10~28℃の風を送ります。なめらかな物体に空気が引き寄せられる「コアンダ効果」を応用した立体的なやさしい風が特徴。包まれるような感覚が味わえます。

【SPEC】●サイズ/質量:W270×H850×D270mm/7.2kg●空気清浄能力:9畳(30分)●消費電力:涼風 最大35W/温風 最大1400W

 

戸井田さんのオススメコメント

やわらかな風でエアコンの風が苦手な人にもオススメ

「本体後方から吹き出す風は、包み込むようなやわらかさで抜群の心地よさ! 空間全体に温風が行き届きやすいトールタイプで、ダイレクトに風に当たることもなく、エアコンの風が苦手な人にもオススメできます。私の自宅では18畳のLDKで使っており、11月の時点では十分暖まっているので、出勤前などにも活躍してくれるでしょう。サイズはやや大ぶりなものの、ウエストが絞られたフォルムはスタイリッシュ。インテリアアイテムとしても見栄えが良いですね」(戸井田さん)
↑目次に戻る

 

2. 伝導式とは? そのメリットとデメリットは?

身体が接触することでダイレクトに熱を伝える省エネ暖房

伝導式とは、身体が接触することで熱が伝わり暖かくなるタイプの暖房器具。代表的なものとして、ホットカーペットや電気毛布、電気あんかなどがあります。ダイレクトに身体を温めるので、部屋全体を暖房するよりも消費電力が少なく、暖かさが強く感じられるのがメリット。ただし、触れていないと熱は伝わらないので、部屋全体を暖めたい場合には向いていませんのでご注意を。ほかの暖房器具と上手に併用すると、より効率よく身体を暖めることができます」(戸井田さん)
↑目次に戻る

 

【2-1 伝導式のオススメモデル】

その1

カバーが着せ替えでき、省エネ性も高いホットカーペット

パナソニック
着せ替えカーペット セットタイプ DC-2NKB1 2畳相当
実売1万5740円

ポリエステル製マイヤー編みのカバーがセットになったパナソニックの電気カーペット。「省エネモード」にすると室温センサーが働き、設定温度や室温に応じて節電します。カバー部分は丸洗いも可能で、同サイズで展開されている別柄のカバーとの着せ替えもできます。

【SPEC】●サイズ/質量:W1760×H6×D1760mm/約3.2kg●消費電力:490W

 

戸井田さんのオススメコメント

節電がしやすく、清潔面でも安心!

「ホットカーペットはいろいろありますが、評価が高い製品です。室温センサーによる省エネ運転以外にも、暖める面を半分ずつ切り替えられるため節電がしやすくなっています。切タイマーのほか、8時間でオフになる切り忘れ防止機能付き。ダニ対策機能もあって、清潔面でも安心です。

 

ただ、ホットカーペットは床暖房代わりにはならないので、あくまでアシストとして使うのがオススメ。また、長時間同じ姿勢でいると低温やけどの恐れもあります。特に小さいお子さんは、ホットカーペットの上で昼寝などさせないように注意して下さい」(戸井田さん)

 

その2

かわいくて人気! デザイン性の高い電気毛布

KOIZUMI
電気掛敷毛布 KDK-L106
実売価格1万2830円

スウェーデンの陶芸デザイナーであるリサ・ラーソンがデザインした電気掛敷毛布。ポリエステル100%の毛布部分は水洗いOKで、ダニ退治機能もあります。室温センサーが搭載され、室温を感知して自動的に温度をコントロールし、心地よい温度に保ちます。

【SPEC】●サイズ/質量:W1880×D1300mm/約2.5kg●消費電力:75W

 

戸井田さんのオススメコメント

おしゃれなデザインで肌触りも心地いい!

「スウェーデンを代表する陶芸家、リサ・ラーソンのデザインがかわいいと評判のアイテムです。代表作である猫のマイキー柄とライオン柄の2展開。おしゃれで若い人でも使いたくなるデザインですね。肌触りがよく、ふんわり包まれる感覚で心地いいのも特徴。足元側が暖かくなるように設計されている頭寒足熱配線になっています。同シリーズでひざ掛けや敷毛布もあり、シリーズで揃えるのも楽しいですよ!」(戸井田さん)

↑目次に戻る

次回は、カーボンヒーター、オイルヒーターなどの「輻射式」(ふくしゃしき)の暖房器具を紹介します。