家電
2019/5/8 20:15

予想を超えた満足度! カプセル式コーヒーメーカーの新作「ドルチェ グスト エスペルタ」の「淹れ分け」が最高だった

2019年4月1日、ネスレのカプセル式コーヒーメーカー「ネスカフェ ドルチェ グスト」に、新作「エスペルタ」(実売価格1万9440円)が登場しました。これまでにない機能を搭載した人気シリーズの新バージョンということで、注目を集めています。本稿では実際に使ってみて、その使用感やコーヒーの味わいについてレビューしていきます。

 

カプセルで本格派の味が楽しめる「ネスカフェ ドルチェ グスト」

ネスレはさまざまなコーヒーメーカーをリリースしていますが、その中で「ネスカフェ ドルチェ グスト」シリーズは、専用のカプセルを使ってカフェメニューを抽出するタイプのもの。好みの味のカプセルを選んでマシンにセットしたら、あとは簡単なボタン操作で、プロが淹れたような香り高いコーヒーなどが楽しめます。

 

カプセルの種類は実に20種類以上。本格的なコーヒーメニューからカフェオレや抹茶まで、バリエーションに富んだラインナップが魅力です。また、これまではお店でしか味わえなかったクレマ(泡)も、家庭で簡単に再現できます。

↑様々なカプセルを使い分けて楽しめます。なかには、スターバックスブランドのフレーバーも

 

新作「エスペルタ」は、曲線を採り入れたデザインと2つの抽出モードが特徴

今回紹介する「ネスカフェ ドルチェ グスト エスペルタ」、まず注目したいのはそのルックス。歴代のシリーズに共通する曲線を採り入れたデザインが、今作にも受け継がれています。台座から2つの球体が伸びる独特なフォルムで、インテリア性もバツグン。カラーは「レッドメタル」と「チタニウム」の2色展開です。

↑部屋に飾っておくだけでも絵になりそう

 

機能面で特筆すべきポイントは、新しく開発された抽出機能。従来の機能にプラスして、“蒸らし”の工程を加えた「エスプレッソブースト」と、じっくり時間をかけて抽出する「ハンドドリップモード」のふたつの機能。カプセルの種類や好みに応じて、より最適化された1杯を実現することができます。

 

タンクに水を入れ、カプセルをセットしてボタンを押すだけ

それでは実際に「ネスカフェ ドルチェ グスト エスペルタ」を使って、コーヒーを淹れてみましょう。数あるカプセルのなかから、今回は「リッチブレンド」と「ラテ マキアート」の2種類をチョイスしました。種類豊富で選べる楽しみがあるのもいいですね。まずは深いコクとキレのある味わいが特徴の「リッチブレンド」から試してみましょう。

↑定番の「リッチブレンド」のカプセル。パッケージには、おすすめの分量が書かれています

 

コーヒーの淹れ方はとても簡単。最初は給水タンクの中に飲用水を入れるところから。初めて使うときは、この前に「すすぎ」の工程が入ります。

↑球形の給水タンクに水を入れます

 

↑カップを乗せる抽出トレイの高さを調節します

 

続いて、カプセルをホルダーに入れて、所定の位置にセットします。好みの量や抽出モードを選び、抽出ボタンを押すとマシンが動き出します。あとは抽出が完了するのを待つだけ。

↑カチッと音がするまでしっかり締め(左)、本体にセットします(右)

 

↑上下のボタンで抽出目盛りを調節し、飲みたい量を設定します。横に3つ並んだボタンのうち真ん中が光っているのは「ハンドドリップモード」であることを表します。右の赤いボタンで抽出スタート

 

↑ほどなくしてコーヒーの抽出が始まり、カップいっぱいにコーヒーが注がれました

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON