家電
2019/6/6 18:30

「世界を動かす」中国メーカー白物家電「先進・お手ごろ」9モデル

PCやスマホだけでなく、テレビや生活家電に至るまで、中国メーカーの躍進が止まりません。かつて、中国製品は「安かろう悪かろう」の代名詞的存在でしたが、現在は「安くて良い」を地で行くのです。世界の白物家電業界も中国勢が席巻。家電コーディネーターの戸井田園子さんに世界的に注目される先進モデルと、日本で手ごろに買えるオススメ品を聞きました!

【関連記事】

フォルダブルスマホに最先端デリバリーが中国で流行中! 現地ライターが教える日本未上陸モノ&サービス三選

 

私が教えます!

家電コーディネーター

戸井田園子さん

本誌をはじめ幅広いメディアで活躍。3月に上海で開催された「AWE 2019」など、世界の家電見本市の取材も精力的に行います。

 

エアコンや冷蔵庫の中国の出荷台数は日本の10倍以上

日本の量販店ではドメスティックなメーカーが幅をきかせていますが、実は中国には世界的家電メーカーが多数。家電コーディネーターの戸井田園子さんも「世界の白物家電市場は中国を中心に動いている」と語ります。

 

「エアコンや冷蔵庫市場での中国の出荷台数は日本の10倍以上。エアコンは世界80%以上が中国製品です。大手メーカーは国内外の優秀な企業を次々と買収し、技術力も絶大。特にIoT家電は、食材をカメラとAIで識別する冷蔵庫など、日本の一歩も二歩も進んでいます」

 

中国躍進の筆頭はハイアール。創業35年ながら、日本のAQUA(旧・三洋電機)やアメリカのGEを買収するなど急成長。大型白物家電の世界シェアは10年連続1位です。

 

「Amazonと連携したIoT冷蔵庫など、先進的な製品の開発にも精力的です」(戸井田さん)

 

さらに、東芝の白物家電部門を買収したマイディアやハイセンスも世界有数の白物家電メーカーです。

 

「現在各社とも日本向けには『デザイン性の良い高コスパモデル』に注力。今後は日本製IoT家電が普及する前に中国の最先端IoT家電を投入し、技術力の差を見せそうです」(戸井田さん)

 

Haier ハイアール

冷蔵庫や洗濯機など10年連続で世界トップ!!

白物家電からテレビ、パソコンまで世界100か国以上で生産・販売を行うグローバル家電メーカー。冷蔵庫や洗濯機などの大物白物家電は10年連続世界シェアNo.1を誇ります。日本のAQUA、アメリカのGEアプライアンスなども傘下に持ちます。

Amazonとのタッグで白物家電のIoT化を強化

↑ベルリン開催の「IFA 2018」でハイアールはAmazonと「家電のコネクテッド化」での技術協力を発表。冷蔵庫やテレビなどのAlexa内蔵が進む予定です

 

【その1 先進モデル】

鏡をタッチするだけで服のコーディネートが可能

【ミラー】

ハイアール

Magic Mirror

参考商品

鏡とタッチパネルが一体化したスマートミラー。家電見本市「CES 2018」に登場したコンセプトモデルでは、手持ちの服のICタグをスキャンして登録し、自分のアバターに選んだ服を着せてイメージを確認することも可能。

 

【ココが超級!】 表示された服をタッチし着用イメージを確認できる

「ミラーに表示された服のなかから1着をタッチすると、その服を着たアバターが映ります。自分が着なくてもコーデできてラク」(戸井田さん)

↑服を選ぶ際には、仕事やデートなど、シーンに応じたコーディネート提案も受けられます

 

【その2 先進モデル】

Amazonと連携し食材管理や買い物が手軽にできる冷蔵庫

【冷蔵庫】

ハイアール

LINK COOK SERIES

参考商品

Amazonと連携し、様々なサービスを利用できる冷蔵庫。ドア部の大型液晶パネルで食材の確認や購入ができます。Amazon Alexaを内蔵し、音声で冷蔵庫内の食材を使ったレシピを検索することも可能。

↑21.5インチの大型パネルに様々なメニューを表示。スマホのように手軽に操作できます。冷蔵庫の部屋ごとの温度設定も簡単です

 

【ココが超級!】 食材がなくなったらパネルや音声で即注文

「大型パネルを使い、Amazon Freshでスムーズに食材などを購入可能。冷蔵庫に内蔵のAlexaに話しかけて注文もできます」(戸井田さん)

↑冷蔵庫の食材を探していて「◯◯がない!」と気づいたとき、大型パネルですぐに注文できるのはありがたい!!

 

【その3 お手ごろモデル】

同社の最廉価モデルにしてこの充実スペックは感動的!

【冷蔵庫】

ハイアール

130L 冷凍冷蔵庫 JR-N130A

実売価格2万6570円

スリムボディ、電子レンジが乗せられる耐熱天板(※)、2ℓボトルが入るドアポケットなどスペック充実。本国では最廉価モデルに当たりますが、このコスパは圧倒的です。新生活応援家電としてセット販売されていることもあり人気。

SPEC●容量:130ℓ(冷蔵室101ℓ/冷凍室29ℓ)●定格消費電力:70W●年間消費電力量:239kWh/年●冷却方式:直冷式●霜取方式(冷凍室/冷蔵室):手動/自動●運転音:約25dB●サイズ/質量:W474×H1128×D495mm/29kg

※上板耐荷重30kgまで。電子レンジのタイプにより、置けない場合もあります

 

【ココが超級!】 ドアポケットに十分な飲み物をストック可能

「ドアポケットに飲み物がたっぷり入るのがうれしい。『高さ調節可能トレイ』は強化ガラス製で、汚れもサッと拭き取れます」(戸井田さん)

↑ドアポケット下段に2ℓペットボトル3本、中段に1ℓの紙パック飲料などを入れられて収納力もまずまず(※ペットボトル・紙パック飲料の形状により、収納できない場合もあります)

 

【その4 お手ごろモデル】

10分洗濯、脱水ジワ抑制と便利機能多数の小型モデル

【タテ型洗濯機】

ハイアール

4.5kg 全自動洗濯機 JW-C45A

実売価格2万3500円

洗濯10分の「お急ぎコース」や脱水ジワを抑える「しわケア脱水」機能搭載でこの価格は驚き。給水完了前から洗濯運転を始め、高濃度洗浄液を繊維に浸透させて汚れを落とす機能を装備します。標準水量76ℓで節水性も抜群。

SPEC●洗濯容量/風乾燥容量:4.5kg/2.0kg●標準使用水量:76ℓ●運転音:52dB(脱水時)●洗濯時間:37分(標準コース)●消費電力量:67Wh●サイズ/質量:W526×H888×D500mm/25.2kg

 

【ココが超級!】 最短10分の洗濯でも汚れがしっかり落ちる

「汚れが少ないときなど、最短10分で洗濯できる『お急ぎコース』を搭載。洗濯時間を短縮しつつ、汚れもしっかり落とせます」(戸井田さん)

 

【その5 お手ごろモデル】

デザインにこだわる人に最適なステンレス調家電!

【生活家電各種】

ハイアール

URBAN CAFE SERIES

実売価格 冷凍冷蔵庫3万9800円~、 洗濯機2万6800円~、炊飯器7760円、電子レンジ1万2800円

ステンレス調で統一したスタイリッシュなコンセプトシリーズ。冷凍冷蔵庫2機種と全自動洗濯機2機種、3合炊きマイコンジャー炊飯器、電子レンジを展開します。家電もインテリアの一部として考える人に最適。

 

Hisense ハイセンス

中国1位テレビメーカーから世界的家電メーカーに飛躍

中国のトップテレビメーカーで、白物家電も世界屈指のシェア。日本ではリーズナブルな価格ながらデザイン性の高いスタイリッシュな製品を展開しています。今回はAmazonベストセラー1位の冷蔵庫と今春日本初上陸のエアコンを紹介。

 

【その6 お手ごろモデル】

すっきりコンパクトで外食派男子に最適!

【冷蔵庫】

ハイセンス

93L 冷凍冷蔵庫 HR-B95A

実売価格1万9224円

外食派のひとり暮らしに最適なコンパクト&すっきりデザインの冷蔵庫。掃除しやすいガラス製棚を採用、ドアポケットは2ℓペットボトルが3本入るなど使い勝手が良いです。冷蔵室ドアは勢いよく閉めても跳ね開きしない仕様に。

 

【その7 お手ごろモデル】

冷凍洗浄機能など充実仕様で低価格を実現!

【エアコン】

ハイセンス

ルームエアコン Sシリーズ

実売価格9万6984円(HA-S28A-W《10畳タイプ》)

熱交換器の洗浄機能と風向きの左右スイング機能を搭載した超コスパモデル。室内機の熱交換器を凍結後、一気に溶かすことで表面の汚れを洗い流します。大型ファン採用で回転数を落としても風量を維持でき、静音運転可能。

 

【このメーカーも注目!】

精力的な企業統合でシェアを拡大!

美的集団(マイディア)は、白物家電の世界シェア2位。東芝ライフスタイルなど技術力の高い企業を次々と買収し、勢いがあります。2018年にはAI家電の新ブランド「COLMO」を創設しました。

 

【その8 先進モデル】

カメラとAIが食材の種類をほぼ自動認識

【冷蔵庫】

マイディア

COLMO 冷蔵庫

参考商品

庫内に設置されたカメラ画像から食材の種類を認識し、オススメのレシピを提案してくれます。タッチパネルに指を当てると心拍数と血圧を計測し、健康状態の確認も可能。

 

【その9 先進モデル】

洗米~炊飯が全自動で米の産地も自動識別!

【炊飯器】

マイディア

COLMO 炊飯器

参考商品

AI搭載の炊飯ロボット。左のボックスに米をセットすると、産地や銘柄を識別し、最適な水量と炊き方を自動設定します。米は自動で右の炊飯スペースへ移され、炊飯がスタート。

【関連記事】

「アジアのシリコンバレー」発企業も多数! 世界注目の技術力を誇る「中国ガジェット」を知ってるかい?

構成/酒井麻里子 文/酒井麻里子、鈴木朋子、鳥居一豊、平島健一郎、山根康宏、山谷剛史、柚木安津

TAG
SHARE ON