家電
2019/6/25 20:00

「もう買い換えない理由はない!」家電ライターがベタぼれした炊飯器って?

日ごろから取材や撮影で数多の製品に触れ、品質を詳しく吟味している各業界の目利きたち。彼らは、本当に買うべきモノを熟知する“買い物の達人”です。「個人的に欲しい」「自分でおカネを出して買いたい」アイテムへの愛を語ってもらいました!!

 

生活家電や美容家電の検証記事を多数手がける田中真紀子さんがいま欲しいのは、これまでにないIH加熱技術を搭載した象印の炊飯器“炎舞炊き”。「家電ライター」と「主婦」という2つの顔を持つ田中さんは同製品のどこを評価したのでしょうか!?

 

家電ライター田中真紀子さんのセレクト

 

象印マホービンの”かまど炊き”炊飯器

【自腹買いのワケ】 3つのIHヒーターのローテーション加熱でかまどの炎の「ゆらぎ」を再現!

象印マホービン

圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-KA10

実売価格8万950円

本体底の3個のIHヒーターを独立制御し、かまどの炎の“ゆらぎ”を再現した炊飯器。火力が従来機種の4倍以上になり、お米が甘く、ふっくらもちもちに炊き上がります。炊き分け機能「わが家炊き」は121通りも装備。

 

ごはんの味はもちろんお釜が軽く使い勝手も上々

田中家はみんなごはん好きで、特に息子は炊き込みごはんやカツ丼、卵かけごはんが大好物。私が元々もっちり食感が好きなこともあり、わが家では「もっちり」がごはんのおいしさの基準です。

 

そんな息子も春から中学生になり、お弁当生活がスタート。そこで「冷めてもおいしいごはん」を炊くのに最適な炊飯器は何かと考えたとき、選択肢のトップにきたのが象印の炎舞炊きです。

 

この炊飯器の魅力は、高火力でもちもちかつ甘みと香りの強いごはんが炊けること。しかも、冷めてもおいしいんです! 炊飯器の底部にIHヒーターを3つも入れ、ローテーションで加熱する発想は、まさにかまどの炎がゆらぎながら加熱するイメージと重なり、衝撃的でした。

 

内釜が軽く扱いやすいのもうれしい。同社従来の南部鉄器の釜は、ごはんは抜群においしいんですが、とにかく重かった。それと同レベルの味をこの軽量釜で出せるのだから、「もう買い換えない理由はない!」と思っています。

 

それと、家族の健康を考えて、いずれ玄米生活にしたいと思っているので、硬くなりがちな玄米を柔らかくもっちり炊けるのも素敵。価格はお高いですが、毎日使うモノだし、投資しちゃおうかな!

 

ココに魅かれる!

【その1】 かまどの均一でない加熱まで再現しふっくらもちもち食感に炊き上げる

本体底の3つのIHコイルが独立して発熱し、かまどの炎が部分加熱する様子を再現。「これによりお米をふっくらもっちり炊飯。ここまでかまどを再現するかと感心しました」(田中)

 

【その2】 炊きたてはもっちり香り高い味わい!!  冷めるとしっとり甘いごはんに

炎舞炊きNW-KA10で炊いたごはんは「もっちり感だけでなく、甘みと香りもさらに増した」と田中さん。「冷めるとしっとり甘く、みずみずしい味わいになります!」(田中)

 

【その3】 見やすい液晶パネルを操作し多彩な炊飯モードが選べる

液晶パネルが従来から白黒反転し、視認性が向上。「7通りの食感炊き分けが可能なほか、炊き分け範囲が広がったわが家炊きメニュー、お弁当メニューなど使える機能が満載です」(田中)

 

【コレもガチで欲しい!】 ラグジュアリー感も使い勝手も抜群なこの一本が憧れ♥

Apple

Apple Watch Hermès

実売価格16万1784円

Apple Watchが第4世代になり、使い勝手が大幅改善。「仕事柄メールチェックは必須。Apple Watchがあればメールを素早く確認でき、ストレスがないです。で、どうせならエルメスコラボが欲しい!!」(田中)

 

文/平島憲一郎、ゲットナビ編集部 撮影/高原マサキ(TK.c)、島本一男(BAARL)

TAG
SHARE ON