家電
掃除機
2019/6/12 20:00

「フローリング掃除の王者」を目指せ! 北欧の老舗が決意を込めたコードレス掃除機「エルゴラピード・パワープロ」を触ってきた

北欧・スウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックスから5月24日、コードレス掃除機の新製品「ERGORAPIDO POWERPRO(エルゴラピード・パワープロ)」(以下、パワープロ)が発売されました。 「フローリング掃除、クラス最高レベルのパフォーマンスを実現した」という自信作だそうですが、果たしてその実力は? 新製品発表会で実物を触ってきましたので、さっそくご紹介しましょう。

 

【関連記事】

「重心の位置が変えられる」のが画期的! スウェーデン発「男性向けコードレス掃除機」の衝撃

↑フローリング掃除に特化した「エルゴラピード・パワープロ プラス ZB3425BL」(手前)と「エルゴラピード・パワープロ ZB3414AK」(奥)。運転時間は両者とも約48分/約16分(低電力モード/最大モード)

 

エレクトロラックス

エルゴラピード・パワープロ プラス ZB3425BL

実売価格4万3700円

 

エレクトロラックス

エルゴラピード・パワープロ ZB3414AK

実売価格3万6000円

 

コードレス掃除機ブームを起こした「エルゴラピード」

エレクトロラックスといえば、家庭用掃除機販売において100年以上の歴史を誇る老舗家電メーカー。日本では特に、コードレス掃除機「エルゴラピード」シリーズが人気で、北欧ならではのオシャレなデザインは「掃除機を出しっぱなしにする」という概念を日本に定着させました。さらに、サッと手にしてサッと掃除できる利便性は、共働き家庭が増えて家事時間が減った現代のニーズに見事にマッチ。コードレス掃除機ブームを巻き起こす一因となりました。

↑これまで同社が出してきた「エルゴラピード」シリーズのラインナップ

 

高速のエアフローを生むノズル構造でゴミ除去率が6倍に

そんなエルゴラピードも進化を続け、吸引力や連続運転時間も年々向上していますが、今回登場した新モデル「パワープロ」は、さらに掃除能力が大幅アップ。従来モデルに比べ、ゴミ除去率がなんと約6倍になったといいます。それを実現したのは、床掃除用のノズルに搭載した「シールド・ノズルシステム」。密閉性を高めて空気の漏れを抑えることで高速のエアフローが生まれ、フローリングの溝のゴミまで吸い上げるゴミ除去力を実現しました。

↑ノズルに搭載した密閉性の高い「シールド・ノズルシステム」が、力強くゴミを吸い上げる力を生み出す

 

「どんな床材もそこそこ」ではなく、「フローリングで最高」を目指した

フローリングのゴミをどれだけ吸引できるのか、実演が行われました。確かに吸い残しがほとんどありません。同社によると、ワンストロークで小さなゴミから大きなゴミまで99%除去するそう!

なお、ノズルは空気がある程度漏れる構造のほうが床面の張り付きにくくなり、ブラシが回転する力も手伝ってスイスイ動かしやすくなる傾向にあります。その一方でゴミを吸い込む力も落ちてしまうデメリットも。そこを「パワープロ」はあえて密閉構造にすることで、少々滑りは悪くなるものの、高い掃除能力を優先しました。ちなみに「パワープロ」も密閉構造を解除するとスイスイ動きますが、掃除能力はダウンします。

 

得意とする床材はフローリングで、カーペットで使うと少々手こずります。それでもフローリングの掃除能力にこだわったのは、近年は床材にフローリングを取り入れている家庭が多く、「掃除にかける時間の66%はフローリングである」ということが分かったため。「どんな床材もそこそこ」ではなく、「フローリングでクラス最高レベル」を目指したというわけですね。

 

ローラーでこびりついた汚れを拭き取ってくれる

また、「パワープロ」は、ノズル部分に2種類の異なる素材を使用した新開発「パワープロ・ローラー」を採用。マイクロファイバー素材が床面にぴったり接触し、集じんしながら床にこびりついた汚れを拭き取ってくれます。またブラシロールの長さも従来モデルより15%長くなり、一度に広範囲を掃除できるようになりました。

↑ノズルには2種類の異なる素材を使用。黒い部分の毛の密度が高く、汚れをよりしっかりかき取る効果も

 

ホワイトボード用のペンで書いた線の上を滑らせてみると……

ローラーがしっかり床に当たり、線がムラなくきれいに消せました。掃除機をかけながら拭き掃除ができて一石二鳥ですね。

 

目詰まりしにくいフィルターを搭載し、PM2.5より小さい1.0ミクロンレベルの微粒子を99.99%除去。ハウスダストや花粉、カビ粒子など、気になる物質をフィルター内に閉じ込め、部屋に漏らさないので安心です。「エルゴラピード」シリーズは、ハンドユニットが簡単に取り外せるので、ハンディクリーナーとして活用できるのも特徴。

↑ダストケース内に収納されたプリーツ状のフィルターが、吸い込んだ微粒子をキャッチするため、排気も清潔!

 

↑ハンドユニットを外せばハンディとして使えるほか、付属のノズルを装着すれば様々な場所の掃除に使えます

 

「パワープロ プラス」にはUVノズルが付属する

「パワープロ」は、6種類の付属品がセットになった「エルゴラピード・パワープロ プラス ZB3425BL」(実売価格5万9270円)と、5種類の付属品がセットになった「エルゴラピード・パワープロ ZB3414AK」(実売価格4万8470円)の2ラインを用意しています。

 

「パワープロ プラス」のみに付属する「ベッド・プロ・パワー UVノズル」は、UVを照射しながらふとん掃除ができ、様々なアレルゲンを除去できるそう(英国アレルギー協会認定)。また、「パワープロ プラス」のみ付属する「スーパーロングノズル&アングルブラシ」は、先端のブラシが折れ曲がるだけでなく、横に向けられるので、高い場所も効率よく掃除できます。

↑UVライトを照射しながらふとん掃除ができる本格的な「ベッド・プロパワー UVノズル」

 

↑「アングルブラシ」は、ブラシが横向きになるので、高い場所もごっそり掃除しやすい

 

「ブラシロールクリーン」機能を搭載したブラシモデルはペットオーナーにオススメ

ペットを飼っている人におすすめのモデル「エルゴラピード・リチウム プラチナ ZB3323PL」(実売価格4万8470円)も同時に発売しました。こちらは従来モデルに近い仕様で、ブラシに採用した硬めの毛がカーペットなどに入り込んだゴミをかき出しながら吸い取ってくれます。

↑ブラシを搭載し、従来モデルを踏襲した「エルゴラピード・リチウム プラチナ」(右から2番目)

 

本機にはブラシに絡まった毛を取り除くのに便利な「ブラシロールクリーン」機能も搭載しています。ブラシを回転させながら、ノズル部分にあるボタンを足で踏むと、絡みついた毛を自動でカット。そのまま吸い込んでくれるため、ペットを飼っていてブラシに毛が絡みやすい家庭で活躍します。

 

さらにソファやクッションなど繊維に絡まった毛も掃除しやすい電動モーター搭載の「ミニパワーノズル」や、パワープロ・プラスに付属の「スーパーロングノズル&アングルブラシ」も付属。様々な場所にたまりやすいペットの毛にも対応します。

↑ヘッドにあるスイッチを踏むと、ブラシに絡まった毛を自動でカットし、掃除のパフォーマンスを下げない「ブラシロールクリーン」機能。従来モデルよりカット性能が高まったという

 

と、従来型の「エルゴラピード・リチウム プラチナ」も発表されましたが、今回の新製品の目玉はやはり、「パワープロ」の2機種。潔くフローリングに特化することで従来にないゴミ除去力を備えたうえ、ふき取りもできるようになるなど、エッジの効いた進化を遂げました。それでいて5万円台という価格は、近年の高級コードレス掃除機の中ではお手ごろです。自宅がほぼフローリングという人、デザインにこだわりたい人にオススメですね。

【関連記事】

【掃除機9項目テストまとめ】ほぼ全てのテストで高評価! 「使える」独自機能も満載のエレクトロラックス「エルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワー」

 

協力:楽天市場