家電
掃除機
2019/7/8 21:15

「軽いけど吸う」そんな掃除機あるわけ…あった! シャープの「鉄の玉もエライ吸い取る」パワフルモデルを詳しく紹介

ここ数年参入メーカーが増えて活気づいているカテゴリーといえばコードレススティッククリーナー。昔ながらのキャニスター掃除機と併用する使い方のみならず、最近では、単体で家中を掃除するメインとしての需要も増加中。とはいえ、メインで使用するならパワーが欲しい、でもパワーを求めると重くなる……。今回、シャープがそんな悩みを解決したコードレススティッククリーナーを発表しました。

【関連記事】

ラグも壁際もへっちゃらです! 1.5kgのシャープ軽量スティック掃除機が進化した

 

サブかメインかで選ぶモデルが変わってくる

まずは、国内のコードレススティッククリーナー市場について説明がありました。その人気の理由は、共働き世帯の増加によって「週末のまとめ掃除が増えたこと」「すきま時間にさっと掃除をするニーズが増えたこと」が挙げられます。

↑シャープの資料によると、2018年にはキャニスターとスティックの市場での割合が逆転したことがわかります

 

そんな人気のコードレススティッククリーナーですが、実はさらに用途別にニーズが異なります。キャニスタータイプを既に持っていて、サブ機として使用する場合は軽量を重視したタイプを、キャニスターから買い換えてメイン機として使用する場合は、高価格のパワー重視のタイプを購入しているとのこと。

↑用途によって選ぶタイプが異なります。例えば、買い増しの対象となるのがマキタやアイリスオーヤマなどは軽量タイプ。買い替えの場合はダイソン、シャークニンジャ、パナソニックのパワーコードレスといったパワー重視タイプが選ばれます

 

パワー重視のモデルは重さへの不満が多くなる傾向に

シャープスモールアプライアンス事業部 商品企画部の奥田哲也部長はコードレススティックの使用状況について次のように話しました。

 

「高性能でパワー重視型のモデルにも不満もあります。コードレススティックスティックというのはその構造上、モーターや電池といった重量の重いパーツが手元にあるのですが、それを持ちながら掃除をすることになります。

 

パワーがアップすればするほど電池の容量が重くなり、またモーターも重くなりがち。そのため、重さに対する不満が出やすくなります。当社の調査では、キャニスターからの買い替えが進むにつれてスティック掃除機の満足度が低下しているという結果が出ました」

↑シャープの調査によると、「手元が重い、掃除がしにくい」など高性能のスティッククリーナーには不満も多いことが分かりました

 

なるほど。理屈は分かりますが、ユーザーとしては、軽くて、なおかつパワーがある掃除機がないものか、と求めてしまうもの。そんなわがままに答えた製品が、7月25日に発売する「RACTIVE Air POWER(ラクティブ エア パワー)」SRシリーズというわけです。

↑ラクティブ エア パワー ER-SR3シリーズ(左、以降SRシリーズ) 店頭予想価格はバッテリー2個、スタンド台、コンパクトふとん掃除ヘッドなどを付属するEC-SR3SXが9万円前後、バッテリー1個、スタンド台などを付属するEC-SR3Sが8万円前後(右側に展示してあるのは、6月に発売したラクティブ エアEC-AR3シリーズ)

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON