家電
掃除機
2019/7/25 18:30

「積年の床の汚れ」が楽しく落ちた! 欧州で爆売れしたクリーナーの日本版「ケルヒャー FC 3d」が画期的

最近の住宅はワックスコーティングされたフローリングが主体となり、ちょっと汚しても床拭きシートでちょちょいと拭いておしまい! ということが増えました。ただ、それ本当にキレイになっているの? 一見キレイに見えるけど、本当は結構汚れているんじゃない? そんな疑いを持ちながらも、手で行う床拭き掃除はしんどい…というユーザー対して、ケルヒャーが新たな提案を行いました。それが、7月18日に新発売されたフロアクリーナー「FC 3d」(実売価格4万2980円)です。では、どんな汚れが落ちて、どれだけ床がキレイになったのか…本機を実際に使い、以下で詳しくレポートしていきましょう!

 

欧州で爆発的に売れたモデルを日本向けに小型化した「FC 3d」

↑FC 3d。本体寸法は長さ305×幅226×長さ1170mm、清掃幅は300mm。本体質量は2.5kgですが、ローラーの強力な推進力により体感質量は約0.8kgとのこと

 

ケルヒャー

KARCHER コードレスフロアクリーナー FC 3D

実売価格4万1904円

ケルヒャーが昨年春、欧州で水を使ってローラーで汚れを取るフロアクリーナー「FC 5」を発売したところ、生産が追いつかず、新たに工場を立ち上げるほどの爆発的なヒットとなりました。欧州は土足文化のため、家の中は定期的にモップで水拭きするのですが、面倒だしびちゃびちゃになって乾くまでに時間がかかるしで、なかなか大変な作業なようです。そこに登場したFC 5はそんな悩みを一挙に解決するツールとして人気となりました。ただ、FC5は欧州の住宅事情に合わせたためボディが大きく、日本の住宅には合わない……。そこで、床拭き掃除が大好きな日本人に向けて小型化したのが、「FC 3d」です。

 

ローラーに少量の水を給水しつつ、同時にローラーが汚水を回収

本機は、充電式のスティック型コードレスフロアクリーナーです。スティック部分に搭載した給水タンクから10秒ごとに少量の水がローラーに向けて供給され、毎分500回の高速回転をするマイクロファイバー製のローラーが強力に床の水抜きを行います。ヘッド裏にはブレードが取り付けられており、そのブレードでローラーを絞り、床拭きで汚れた水をヘッド内の汚水タンクに回収する仕組み。

↑スティック部分の後ろ側に給水タンクを搭載

 

↑ローラーは簡単に取り外し可能。ローラーは左右が決まっていますが、ローラーと軸が左右で色分けされているので装着時に左右を間違えることはありません

 

ローラーに水を含ませる手間、すすぐ手間が不要

自動給水なので雑巾がけのようにいちいち水を含ませる必要はありませんし、汚水回収も自動で掃除中にローラーを外して洗う必要もナシ。雑巾の場合は、頻繁にバケツで水洗いしないとかえって汚れを広げることにもなりかねませんが、FC 3dは汚水自動回収システムがあるので汚れを広げることがないのです。

↑ローラーが回転するとともに、ヘッドの根本の2つの穴から10秒ごとに水がチョロッとローラーに供給されます

 

↑フタの裏のブレード(指を指している部分)がローラーに当たって汚れた水をを絞り出します

 

↑ブレードで搾り取られた汚水は、ヘッド内の汚水タンク(指を指した部分)に溜まっていきます

 

液体や半固形物がラクラク取れて、ローラーの推進力でスイスイ進む

液体や半固形物などがカンタンに取り除けるのが便利。また、毎分500回の高速回転をするローラーの推進力はかなり強いので、力を入れて押す必要がないのもメリットです。モップのようにゴシゴシこすって腕が痛くなることがないし、立ったまま楽に掃除できるので雑巾がけのように腰や膝が痛めることもありません。

↑牛乳のような液体をこぼしても、あっという間に水拭きできます

 

↑ヨーグルトのような半固形物も大丈夫。半固形物を手で掃除するとてがベトベトになって嫌なものですが、FC 3dなら手で触らずともすっきりキレイに

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON