家電
掃除機
2015/7/1 8:00

我が家にDyson V6 Fluffy(ダイソンV6フラフィ)がやってきた!

Dyson V6 Fluffy使用レビュー

ダイソンのスティック掃除機は使わないと禁断症状が出る!

001

 

「どの掃除機よりも確実にゴミを吸い取る」ダイソンの最新コードレスクリーナー「Dyson V6 Fluffy」。すでにGetNavi本誌でも取り上げている本機ですが、このたびダイソンさんからモニター用としていただきました!

 

ありがとうございます! ありがたいので、もう今後は大尊と書かせて頂きます(ウソです)。

 

けっこう使ってみた結論からいうと、これほど楽しい掃除機はありません。なぜなら、何度やってもゴミがたんまり取れるから。また、サイクロンがゴミを集める様子は、わたあめができる様子に酷似しており、ノスタルジーを刺激する意味でも(?)、貴重な存在といえるでしょう。

 

F1のエギゾーストノートを思わせる音も慣れるとクセになります。なので、ヒマさえあれば手にとって動かしたくなっちゃうのです。仕事中も「ダイソンかけたい~」と思うこともしばしば。

 

また、いままでコードレスを使ったことはありませんでしたが、コードを引っ張ったり、引っかかりを気にしたりといったストレスがまったくない。コードレスとはこんなにもストレスフリーなのかと、あらためて知りました。

 

002

 

存じております、その独自技術。本機には上の写真に出てくる技術のうち、高いゴミ分離力を実現する2層15個のサイクロン「2 Tier Radialサイクロン」と、強力な吸引力の原動力「ダイソン デジタルモーター(V6)」が搭載されているんです。このゴミ分離力+吸引力の相乗効果でこわいくらいにゴミが取れる……のはすでに知っているのですが、使用前からワクワクが止まりません。

 

003
↑開けましておめでとう

 

004
↑内容物を展開た様子。付属品は隙間ノズル(中央上から2番目)、コンビネーションノズル(中央下から2番目)、収納用ブラケット(中央下)、ミニモーターヘッド(左下)などです

 

005
↑本体の心臓部。ひとさし指でボタンを押すと吸引を始めるトリガー式になっています。指に力を入れると「フィン!」という高い音が響きました

 

V6 Fluffyの特徴は、本体の後部にポストモーターフィルターが付いたこと。メッシュ状の青い部分です。これがあるおかげで、本体が取り逃したわずかな粒子(0.3μmレベル!)も99.97%除去するんだそうです。その排気は、部屋の空気よりキレイだとか。日本人の美徳である「来たときよりも美しく」を、まさか外国製品が体現するとは……。

 

006
↑新搭載の、本体後部のポストモーターフィルター

 

007
↑ポストモーターフィルターは取り外しができ、水洗いも可能です

 

008
↑ゴミ捨ての際は、赤いレバーを下にスライドさせると、ゴミが集まるクリアビンの底が開いて、ゴミが落ちる仕組み。ワンタッチでできて、便利です

 

009
↑赤いレバーをもう一回スライドさせると、ビンの根元が緩んで全体がバカっと外れるようになります。ビンの中をキレイにしたいときにどうぞ

 

では、組み立てていきましょう。

 

↑パイプを本体にガチャリ
↑パイプを本体にガチャリ

 

011
↑パイプにヘッドをチャキッ!

 

012
↑完成! カッコイイ! 飛べ!(飛びません!)

 

013
↑前から見た図

 

014
↑後ろから。運転中に本体後部の「MAX」ボタンを押すと強モードになります

 

015
↑本体後部を下から

 

↑ヘッドの上から
↑ヘッドの上から

 

017
↑ヘッドの裏

 

ヘッドには専用モーターで回転する全幅サイズのローラーを搭載。ローラーは柔らかいソフトローラーで、このうち赤地と青地のナイロンフェルトで覆われた部分は、大きなゴミを捕らえるのに役立ちます。一方、赤と青の地の継ぎ目にある黒い帯状の部分(4列あります)は、カーボンファイバーブラシ。こちらは微細なゴミを除去する役割があります。つまり、大きなゴミも、ちっちゃいゴミも、両方とれるというわけです。

 

018
↑軽~く掛けてみましょう

 

019
↑ちょっとかけただけでゴミが大量にとれた!

 

「オイオイ、冗談だろう?」。アメリカ人じゃなくてもそんなリアクションになります。たった数秒で、もうこんなにホコリが溜まったのですから。

 

さらに使っていきましょう。

 

020
↑部屋の隅々までかけていきます

 

021
↑日本酒の瓶の近くはホコリが溜まりやすいですからね

 

022
↑ヘッドは意外に曲がるんです。こんな細いところや……

 

023
↑こんな隙間もOK!

 

024
↑その結果がこれ

 

そして……こんなにゴミが取れました! 誓って言いますが、私はそれほど掃除が嫌いではありません。こまめにちゃんと掃除機をかけていたつもりだったのですが……。

 

025
↑内部にもこんなにたくさん

 

026
↑ 細かいゴミもしっかり取れます!

 

ところで、みなさんがコチラ、なんだかわかりますか?

 

027

 

本機の収納用ブラット。そう、本体を収納しつつ充電する器具です。そして、その設置方法&使い方は実に簡単。

 

028
↑裏のくぼみにコードをすっぽりはめていき……

 

029
オモテ側にコードのヘッドを通して……

 

030
↑上部にガチっとはめる

 

031
↑あとは2ヶ所をネジで留めるだけ

 

私はムダに重い本棚があったので、こちらに固定しました。ちなみにネジは付属していないので、注意しましょう。

 

032
↑完成です!

 

たたずまいが美しいですね。サイクロン部の有機的な曲線、カワセミの羽色を思わせるパイプの輝き。私の部屋では、明らかに異質ではありますが、悪くないです。

 

取り外しはラクラクです。

 

033
↑いったん上方向に持ち上げて……

 

034
下に下げるだけ

 

ちなみに、パイプ部分を持って着脱するとラクなのにあとから気づきました。

 

035
↑ブラケットを使わなくても、こんな感じで充電できます

 

なお、充電中は運転できませんので、あえてコードありでの運転はできません。

 

と、このように、超優秀で使って楽しいのがDyson V6 Fluffy。お値段はお高めですが、満足度もかなり高いです。ぜひ購入を検討してみてください!

 

【URL】

ダイソン http://www.dyson.co.jp/

Dyson V6 Fluffy http://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/cordless/dyson-v6/fluffy.aspx

 

【コチラの記事もオススメ】

「ヘルシオ ホットクック」が絶賛されるワケを実感! 「情けない独身中年」が実家で1週間、使い続けてわかったこと

41才独身宅に「BALMUDA The Range」がやってきた! 3週間使ったら、最高すぎて「買う」以外の選択が見当たらない…

「頭皮に効くドライヤー」は1か月で中年男の薄毛を止められたか? シャープ「スカルプエステ」使用前と使用後を比べた結果……