家電
調理家電
2020/3/4 17:30

恐るべし、焼き芋メーカー。ここまでおいしく仕上がるとは……

みなさん、自宅で焼き芋を作ったことありますか? スーパーやお店で買えるし、作るなんて面倒ですよね……と、筆者も以前はそう考えていました。しかし、炊飯器での作り方を覚えて以来、自家製の焼き芋の虜に。ねっとり&ほくほくの焼き芋のおいしさたるや! いまでは冬になると定期的に焼き芋を作っています。

 

そんな筆者が最近気になっているのが、ドウシシャの「焼き芋メーカー タイマー付き TWFU-100」という調理家電。焼き芋を作るための家電なんてニッチすぎる! と思いつつ、自家製焼き芋の愛好者としては放っておけない! ……ということで、さっそく使ってみることにしました。

↑ドウシシャの「焼き芋メーカー タイマー付き TWFU-100」

 

焼き芋プレートにさつまいもをセットして待つだけ

ドウシシャの「焼き芋メーカー」は、2019年末に発売されたタイマー付きモデルで3代目になります。ぱっと見た感じはダッチオーブンのよう。サイズは幅35×奥行25×高さ15cmで、収納が必要になる家電としてはちょうどいい大きさです。

↑焼き芋を焼くマシンには見えないおしゃれなデザイン。消費電力は1000W

 

最大60分までセット可能なタイマーは、本体とケーブルでつながっています。本体内蔵ではないのが少し残念ですが、そんなに場所を取るものでもないので許容範囲ですね。

↑タイマーには5分おきに目盛り、もしくは数字が記載されている。1分単位で細かく時間を設定して使う製品ではないようだ

 

フタを開けると、上下に焼き芋プレートがセットされています。ここにさつまいもをセットし、温度と時間を設定するだけで焼き芋が完成します。

↑上下のプレートでさつまいもを挟んで焼く

 

↑プレートは取り外し可能で、外すとヒーターが現れる

 

さっそく、さつまいもをプレートに載せて焼いてみることにしました。すると、ここでいきなり問題が……。用意したさつまいもがプレートのくぼみに入らなかったのです。仕方がないので、1本はカットしてなんとか収めることにしました。さつまいものサイズには要注意です。

↑付属のレシピブックによると、太さ6cm、長さ22cm以内のものを使うといいそうだ。ネットスーパーで注文したのが仇となった

 

フタを閉じたら温度設定を「HIGH」にして40分のタイマーをセット。あとは完成を待ちます。

↑フタに付いたダイヤルを回して温度設定を行う

 

↑竹串がすっと入るかどうかで仕上がりを確認。40分では足りなかったので、10分追加した

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
// GAKKEN-326 にてコメントアウト(ecコンシェルCrosumedelia) if (!in_category( array('shopping') )): ?>