家電
オーブン・レンジ
2021/5/11 18:30

初回・再販分がすでに完売! 「アラジン グラファイト グリル&トースター」発表会で感じた「ヒットの予感」

レトロモダンなデザインや独自の技術による高機能で人気を博している「アラジン グラファイト グリル&トースター」に、最新版「CAT-GP14A」が登場。本作は「史上最高の性能を誇るフラッグシップモデル」とのことで、初回分・再販分ともすでに完売しています。なぜそれほどの人気を得たのか、4月に行われた新商品発表会の模様を振り返ってレポートしていきます。

↑日本エー・アイ・シーの「アラジン グラファイト グリル&トースター CAT-GP14A」は3万9000円(税込)。本体サイズはW391×D391×H276mm。カラーはグリーンとホワイトの2色展開です

 

↑発表会にはタレントのスザンヌさんがゲストとして登場。商品体験やトークショーが行われました

 

自動トースト機能が大きく進化

「アラジン グラファイト グリル&トースター」といえば、アラジン商品を製造する会社「株式会社千石」の特許技術「遠赤グラファイト」を世界で初めて搭載したトースター。最大の強みは、0.2秒で発熱する特性を生かし、短時間かつ高温で焼き上げる機能です。

↑グラファイトヒーターは発熱が早いうえ、熱伝導率は鉄の約10倍。短時間かつ高温で一気に焼き、トースト内部の水分を保持したまま外をカリッと仕上げます

 

デビューは2015年。その後2020年の10月にはシリーズ累計100万台を突破したという大ヒット商品ですが、コロナ禍によるテレワークなどによるライフスタイルの変化を受け、さらに高機能かつ多彩な用途で使えるトースターを目指したのが新作の「アラジン グラファイト グリル&トースター CAT-GP14A」です。

 

本製品が従来モデル(グラファイト グリル&トースター AGT-G13A)から進化した機能はいくつもあります。まずは温度センサーの新搭載とマイコン制御の採用。これによって最適な焼き時間を自動で算出し、簡単に絶品トーストが焼き上がります。

 

また、好みの焼き加減にできるうえ、その設定を記録することで、枚数が変わっても繰り返し焼いても同じ色にトーストできます。これは冷凍された厚切り食パンでも同様で、最初に高温で素早く解凍したあと、焦げない温度で内部まで加熱。仕上げに再度高温で焼き色を付けることで、冷凍パンでもおいしく焼き上げることを可能にしたといいます。

↑焼き色は5段階の設定が可能

 

高温グリルや低温調理、炊飯もできる!

調理メニューが豊富になった点も進化のポイント。トースト(1枚/2~4枚)、冷凍トースト(1枚/2~4枚)、温め・オーブン、高温グリル、煮る、蒸す、低温調理・発酵、炊飯(1合/2合)の8つを用意しています。なお、料理を作るためのグリルパンや炊飯釜なども付属しているので、本製品が届いた日から様々な料理を作ることが可能となっています。

↑どのメニューにするかは、このダイヤルを回して設定

 

↑付属のグリルパン(浅)、グリルパン(深)、すのこ、炊飯釜&ふた、計量カップ。さらに専用レシピブックも付いてきます

 

↑庫内には奥行きがあり、専用の炊飯釜にふたをしても余裕があります。なお、食パンは最大4枚入れられます

 

調理性能も、もはやトースターの域を超えているレベル。例えばグリルに関して、余熱が不要なうえ、最大320℃の高火力によって素材のうまみを一気に凝縮できます。一方で低温の温度制御も得意とし、40℃から90℃まで5℃単位で調節が可能に。パン生地の発酵からじっくり加熱したいローストビーフまで多彩な調理ができます。

↑強い火力が必要なグリルチキンもお手の物。煮込み料理は、具材を入れて時間を設定するだけのほったらかしでOK。付属のすのこを使用すれば、蒸し料理やノンフライ調理もできます

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON