家電
2016/8/20 13:00

日本初のIoT宿泊施設が福岡にオープン! 最先端デバイス11種が集結して1泊3000円から

BIJはand factoryとともに、日本初となる近未来のIoT空間を楽しめる体験型宿泊施設・スマートホステル「&AND HOSTEL」を福岡市に開業しました。

20160819-a17 (5)

「&AND HOSTEL」は、11種もの最先端IoTデバイスを集結させた日本初のスマートホステルです。本施設は近未来のIoTルームを設置することにより、部屋自体がエンターテイメント空間となって宿泊体験を観光目的のひとつとして楽しむことができます。

 

また、「&AND HOSTEL」は単なる宿泊施設としてだけではなく、日本のIoT技術力を世界へ発信するプレゼンテーションの場、IoTデバイスの技術開発/実証実験の場、IoTプラットフォーム構築の研究/改善の場にもなっています。

↑随所にIoTデバイスを配した客室
↑随所にIoTデバイスを配した客室

 

↑食事とコミュニケーションが楽しめるダイニングカフェ
↑食事とコミュニケーションが楽しめるダイニングカフェ

 

IoTデバイスを動かすアプリは各々専用のアプリが必要ですが、「&AND HOSTEL」では、採用デバイスの横断的なプラットフォームとして「&IoTプラットフォームアプリ」を開発。「&IoTプラットフォームアプリ」ひとつで、スマートロック、スマートライト操作、テレビ、エアコン、空気清浄機、照明の操作、ルームサービスの手配など、客室の至るところに設置してあるデバイスの操作が可能です。

 

【デバイスおよび技術協力社一覧】

●iRemocon(グラモ)
スマホやタブレットと連携できるネットワーク接続型の高機能学習リモコン

●Atmoph Window(アトモフ)
お部屋にいながら世界の美しい風景が広がる新しいデジタル窓

●Qrio Smart Lock(Qrio)
世界最小の接地面積で様々な条件のドアに取り付けられるスマートキー

●SmartEyeglass(ソニー)
視線を大きく変えることなくハンズフリーで様々な情報を取得できる透過式メガネ型端末

●AR技術協力(ディー・エム・ピー)
SmartEyeGlassを使用した福岡観光ガイドをディー・エム・ピー社と連携し、開発を推進していきます

●スマート宅配BOX® (エスキュービズム・テクノロジー)
ボックスにアプリをかざすだけで鍵の開閉ができるスマートな宅配ボックス

●Sleepion(ティ・アール・エイ)
光・香り・音という3要素により使用者の睡眠をマネジメントする世界初の製品です

●Philips Hue(フィリップス ライティング ジャパン)
スマホを使い、調光や1600万色以上もの調色ができるスマートLED照明。タイマーを使えば光の目覚ましにもなります

●ヒューマンビジョンコンポ HVC-C2W(オムロン)

●PlugAir(Beatrobo,Inc.)
イヤホンジャックを通して様々なコンテンツを楽しむガジェットアプリ

●BOCCO(ユカイ工学)
スマホのアプリと連動し気軽にメッセージのやり取りが出来るロボット

●MESH(ソニー)
様々なブロック型センサーとアプリにより、IoTの仕組みをカンタンに自分で作ることができます。

 

【施設概要】

場所:福岡県福岡市博多区上川端町10-5

交通:地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅徒歩2分

構造:鉄骨造地上3階建

面積:381.78㎡

用途:1F:ダイニングカフェ+客室 2F:客室+IoTルーム 3F:客室+IoTルーム

客室数:11 室

宿泊定員:48名

↑客室詳細
↑客室詳細

 

IoT空間を楽しめる体験型宿泊施設がオープンしました。IoTデバイスを組み込んだ客室やダイニングカフェは魅力的ですね。ぜひ宿泊しながら、最先端のIoTデバイスを堪能してみてはいかがでしょうか。

 

【URL】

&AND HOSTEL  http://andhostel.jp

TAG
SHARE ON