家電
掃除機
2021/8/30 17:01

シリーズ最強の吸引力はそのままに、水拭きも進化したロボット掃除機「Roborock S7+」などが登場

Roborock Japanは8月30日、吸引と水拭きが1台で可能なロボット掃除機「Roborock S7+」「Roborock S7」を発表。9月3日に発売します。価格はRoborock S7+が16万9400円(税込)で、Roborock S7が12万9800円(税込)です。

 

Roborock S7+は、掃除機本体のゴミを自動で収集する「スマート自動ゴミ収集ドック」が付いた、シリーズ最上位モデル。一方のRoborock S7は、スマート自動ゴミ収集ドック非搭載モデル。本体の機能は同等となっています。

 

スマート自動ゴミ収集ドックは、60日分のゴミを集められる紙パック式と、サイクロン式の2Way方式を採用。どちらかを選ぶことができます。紙パック式であれば、処分時に舞い散るゴミを抑えることができ、サイクロン式であれば、ゴミ収集ボックスや中のフィルターを水洗いできるため、経済的とのこと。

 

 

また、掃除機本体からスマート自動ゴミ収集ドックにゴミを自動収集しない時間帯の設定が可能。これにより、深夜などの寝ている時間に稼働させないようにできます。

 

掃除機本体の進化点としては、毎分最大3000回動く高速振動モップを新開発。また、モップの加重を従来モデル「Roborock S6 MaxV」「Roborock S5 Max」に比べて、2倍の約600gに強化しており、水拭き性能が向上しています。これにより、皮脂、コーヒー、花粉など、こびりついた汚れにも対応できるとのこと。

 

これに加えて、水拭きだけを念入りにする「水拭き強力モード」を搭載。従来モデルよりもきめ細かいルートで動くため、よりきれいで快適な床になるとしています。

 

 

このほか、カーペットを検知したら水拭きモップが自動で持ち上がり、吸引掃除のみをする機能や、カーペットを自動でマップ化する機能などを搭載しています。

 

 

なお、吸引力はRoborock S6 MaxVと同等の2500Paで、シリーズ最強レベルだそうです。また、高精度レーザーセンサーと独自開発のアルゴリズムにより、各部屋の状態を正確にマッピングし、適切なルートで効率よく掃除可能とのこと。

TAG
SHARE ON