家電
2022/3/23 17:05

低濃度オゾンで空間除菌率99.99%! カドーから1台2役の除菌空気清浄機「LEAF130」登場

空気清浄機や加湿器などの開発、販売を⼿がけるカドーは、コンパクトながらパワフルな吸引とオゾン空間除菌機能を兼ね備えた除菌空気清浄機「LEAF130」を、3月20日に発売します。価格は4万9830円(税込)となっています。

↑「LEAF130」ホワイト(左)、クールグレー(中)、インディゴブラック(右)

 

約60分で99.99%以上の除菌率

本製品は、空気をきれいにしながら、本格的に空間除菌できる1台2役の除菌空気清浄機です。同社の空気清浄機で初めてとなるオゾンユニットを搭載しており、人体に無害とされる低濃度のオゾンを空間に放出します。さらに、高性能HEPAフィルターを採用した新開発の専用フィルターと組み合わせることで、空間に浮遊する菌やウイルスを約30分で約99%以上除去することが可能になったそうです。約60分の急速モードでは、99.99%もの除菌率になるとのこと。強力なファンで本体上部から空気を吸い込み、きれいな空気は本体下部より全方向に供給されます。

↑オゾン生成ユニット

 

↑新たに開発された高性能フィルター

 

↑25㎥の空間を急速モードで運転した場合のウイルス除去率

 

↑25㎥の空間を急速モードで運転した場合の除菌率

 

コンパクトだからレイアウトフリー

サイズは直径約240×高さ315mmと空気清浄機のなかでもコンパクトなうえ、インテリアに馴染むシンプルなデザインなので、置く場所を選びません。空気の汚染状況は3色のLEDによって可視化でき、照度センサーにより部屋の明るさに合わせて自動で減光。消灯機能も追加され、就寝時に光が気になるということが解消されました。

↑コンパクトなので、ベッドサイドにも設置可能