家電
2016/11/20 6:00

カドーのモバイル加湿器、芳香蒸留水のオプションを追加――アロマディフューザーとしても利用可能に

スタイリッシュなデザイン家電ブランドとして知られるカドー。今回、加湿と除菌消臭に加え、アロマディフューザーとしても使えるモバイル型の「カドー加湿器 MH-C11U」と、オリジナル森の香りブレンドの芳香蒸留水「ForestWater (フォレストウォーター)」を11月20日に発売します。加湿器本体は、シルバー、ゴールド、ブラックの3色展開で、価格は1万9980円。芳香蒸留水ForestWaterは、DeepWoods とDeepWoods の全2種類の香りを揃え、各4190円(400ml)です。

 

オリジナル芳香蒸留水「ForestWater」が利用できる20161120-s3 (6)

本製品は、乾燥が気になる場所で気軽に使えるバッテリー内蔵型モバイル加湿器です。2015年に発売した「カドー加湿器 MH-C10U」の後継モデルで、従来の加湿機能と除菌・消臭剤「ピーズガード」を使用する除菌消臭機能に加えて、新たにカドーオリジナル森の香りブレンドの芳香蒸留水「ForestWater」を使用することで、アロマディフューザーとして使うことも可能です。

20161120-s3 (5)

MH-C11Uは本体にバッテリーを内蔵しているので、電源がない場所でも使用できます。ボタンを長押しするとバッテリー残量も確認可能。運転モードは、弱(15mL/h)、強(30mL/h)、連続(100mL/h)の3 つのモードを搭載。 操作ボタンはひとつで、ボタンを押すたびに(弱)→(強)→(連続※3 分後に強)→(スタンバイ)→(弱)を繰り返すシンプルな仕様となっています。

 

「Forest Water(フォレストウォーター)」は、大分県・久恒山林から生まれたブランド「六月八日(ろくがつようか)」との共同開発によって生まれた、カドーオリジナルの森の香りの芳香蒸留水です。

20161120-s3 (2-0)

「カドー加湿器 MH-C11U」に芳香蒸留水「ForestWater」を注いで使用すると、部屋を加湿するだけでなく、心地よい香りによってより深くくつろげる空間を演出。 早朝の森の中で深呼吸をするような、さわやかな木々を感じる香り「DeepWoods(ディープウッズ)」と、森の中の小さな花を感じるような華やかなグリーンの香り「TinyFlower (タイニーフラワー)」の全2 種類です。

 

これからの季節、空気がさらに乾燥してきますが、外出先に加湿器があるとは限りません。そんなときこそ、携帯に便利な本機を役立ててみてはいかがでしょうか。オフィスのデスク上で、出張先のホテルの部屋で、移動の車中などで使用すれば、爽やかな香りの効果も手伝って、気持ちよく過ごせることでしょう。

20161120-s3 (3)

【SPEC】●サイズ:φ65×H211㎜/450g(カーDC アダプター・USBコード含まず)●加湿量:(弱)15mL/h/(強)30mL/h/(連続)100mL/h●消費電流:最小:350mA ~ 最大:550mA/充電時最大1.3A●タンク容量:120mL●付属品:カーDC アダプター、USB コード、ピーズガード(120mL)、キャリングケース、霧化ユニット(1 個)、霧化ユニットカバー(2 個)、専用ForestWater 香りサンプル(2 種)

 

TAG
SHARE ON