ライフスタイル
2019/7/8 19:00

世界の海で異常事態!今こそ知りたい「マイクロプラスチック」とは

近頃「マイクロプラスチック」という言葉を耳にする機会が増えています。マイクロプラスチックとは、海に浮いている5mm以下のプラスチックの粒や破片のこと。最近、これが北極や南極に至るまで、海全体に浮いていることがわかりました。貝や魚の体内からも発見されており、環境への影響が心配されています。

 

今回は、世界各地の海岸で拾ったマイクロプラスチックの市民参加のモニタリング「インターナショナル・ペレットウォッチ」を主宰する、東京農工大学農学部環境資源科学科 教授・高田秀重さんに、マイクロプラスチックの現状と原因、対策などを聞きました。

マイクロプラスチックの原因とは?

マイクロプラスチックはもともと、プラスチックごみからできています。プラスチックは全世界でおよそ4億トン生産されていて、その約半分が、コンビニで売られているお弁当箱、レジ袋、ペットボトルの蓋、お菓子の袋など、使い捨て容器や包装に使うものです。

 

「たとえば日本では、レジ袋は毎日一人が一枚程度使っているのですが、年間で計算すると300億枚使われていることになりますし、ペットボトルは年間200億本が消費されています。それだけプラスチックのごみが世の中に溢れているのです」(東京農工大学農学部環境資源科学科 教授・高田秀重さん、以下同)

 

それがなぜ、海へと流れ込んでいるのでしょうか?

 

【原因1】“街のごみ”が“海のごみ”へ

海辺でお弁当を食べたりジュースを飲んだりしたごみを片付けなかったものが、海を流れてマイクロプラスチックになるのではありません。「実は、マイクロプラスチックのほとんどが、日常生活で使って街に落ちているごみなのです。誰かが意図的に街に捨てたのではなく、ごみ箱から溢れてしまったものやポケットから落ちたもの、風に飛んだものなど、悪意なく道に落ちているものが、雨で流されてやがて海にたどり着き、マイクロプラスチックになっているのです」

マイクロプラスチックはたとえばこんなものから作られる

・カラスにいたずらされて散乱したごみの一部
・ごみ箱から風で飛んだ傘用のビニール袋
・誰かが落としたストローや飴の包み紙
・人工芝や足拭きマット、園芸用品の破片

 

【原因2】ごみは洗濯や洗顔の排水からも流出

次に、マイクロビーズと呼ばれる1mm以下のプラスチック粒やレジンペットが挙げられます。「マイクロビーズは、洗顔料に“スクラブ”として入っているものなので、身近ではないでしょうか。レジンペットというのは、プラスチック製品になる前のいわば材料です。レジンペットを加熱して成型するとさまざまなプラスチック製品になるのですが、工場間の輸送のときや船で運搬するとき、環境中や海に流れることがあります。また、メラミンスポンジは脆くて掃除中にくずになりやすく、洗剤を使わないから環境によいとされているアクリルスポンジも、毛糸かすが排水に流れ出ています。フリースなど化学繊維の衣類を洗ったときの洗濯くずも同様です」

「排水に流された洗濯くずやスクラブなどは、下水処理場で除去され、95〜99%は処理されています。しかし100%ではありませんし、雨が降ると排水が処理場を通らず海や川に放出されてしまう場合があり、マイクロプラスチックも排水と一緒に海に運ばれてしまうのです」

 

【原因3】使い捨てプラスチック製品の膨大さ

最後に、そもそもプラスチックの使い捨て製品が多いことが挙げられます。「荒川から3km離れた河川敷を調べたところ、付近のペットボトル回収率は88.9%(2015年調べ)でした。案外しっかりリサイクルできているという印象の数字ですが、本数に直すと、回収されていないのは約25億本にものぼり、河川敷は大量のプラスチックごみだらけです。大量に製造され廃棄されているので、リサイクル率100%でないと、ごみも大量に発生するということになります」

「また、プラスチック汚染は、海や川によって流されて別の場所に移動するという特徴があります。たとえばハワイ島のカミロビーチは、まわりに人がほとんど住んでいないにもかかわらず、砂浜にはたくさんのごみが流れ着いています。アメリカから来たものもありますが、日本語や中国語、ハングルなどで書かれたパッケージも多く見られ、アジア圏のごみが遠くまで運ばれて、別の地域を汚していることがわかります。ひいては日本にもさまざまな国から流れてきたごみがあると言えます」

 

原因がわかったところで、続いて知りたいのはマイクロプラスチックが何に、どのような影響を与えるのか?

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON