ライフスタイル
2019/8/30 17:00

大学教授に聞く! 夜の社交場・スナックの「深刻な課題」と「新しい使い方」の噺

気軽に⾏けてリーズナブルということで、密かに注目されている夜の社交場「スナック」。その魅力や楽しみ方を解き明かしていくのが本連載です。ガイド役は前回に引き続き、スナック研究の第一人者である⾸都⼤学東京の法学部教授・⾕⼝功⼀氏。スナックに憧れる40代独身のGetNavi web編集者・小林史於(こばやし・しお)による谷口教授へのインタビューを通し、スナックの置かれている現状やスナックの未来に触れていきます!

※本稿は、もっとお酒が楽しくなる情報サイト「酒噺」(さかばなし)とのコラボ記事です。

↓前回の記事はコチラ↓

 

スナックはその地方の様々な情報が得られるメリットがある

↑⾕⼝功⼀教授。⾸都⼤学東京・法学系教授、スナック研究会代表。専門は法哲学。著書に「日本の夜の公共圏 スナック研究序説」「ショッピングモールの法哲学」(ともに白水社)など

 

小林 前回は、「スナックの軒数が、居酒屋やコンビニより多い」と教えてもらったことには驚きました。確かに、スナックはけっこうな田舎にだってありますからね。それだけ欠かせない存在というのはわかるのですが、具体的に、客は何を求めてスナックに行くんでしょうか?

 

谷口 まずは、お酒を飲んだりママと会話したりというところでしょう。そのうえで、地域の社交場なので、その地のいろいろな情報が得られるメリットがありますね。これはママからだけじゃなくて、お客さんからの話も含めて。だから、昔は地方で事件が起きると、サツ回りの人(警察担当の新聞記者)はスナックで情報収集するのが常套手段だったんです。警察関係者もスナックで聞き込みをしますからね。

 

小林 スナックのママって、地元の情報にすごく詳しいイメージがありましたけど…やっぱりリアルに頼りにされているんですね!

 

谷口 たとえば「この辺で一番おいしいお店を教えて」なんていうのもアリ。ママや常連さんから、地元の人しか知らないような穴場の店を教えてもらえることもありますよ。なかには地元の名士が来る店もあって、そういう店の情報はまず間違いがない。こういう地元の名士が来る店はスナックのなかでも高級で、利用料金も高めです。ただ、バブルの時代に比べると地方の高級スナックは大変かもしれないですね。

 

小林 地方の高級スナックは大変…というのは、いまは昔ほど景気がよくないということですか?

 

谷口 はい。僕は仕事の関係上、地方の県庁や市役所などで話を聞くことも多いんですけど、その夜にスナックで飲んでいると、その地の本当の経済事情が見えてきますよ。大都市の景気はなかなか地方まで回っていかないですから、製造業が撤退してしまった地域は、特に厳しいです。

 

人口に見合っていないのにクラブがある街は景気がいい

小林 スナックは、地方の社交場であるゆえに、その地の景気を映す鏡でもあるんですね。ちなみに、「高級」といえば、クラブ(※)を連想しますが、こちらのほうはどうなんでしょう。

※クラブやキャバクラは風俗営業の許可を取っているお店で、営業時間は深夜0時まで。風俗営業の許可があるお店は、客の隣に座る「接待行為」ができます。一方、スナックは風俗営業の許可がない「深夜酒類提供飲食店」で、営業時間の規制はありませんが、客の隣に座って接客できません

 

谷口 クラブで有名な繁華街といえば、東京の銀座、大阪の北新地、名古屋の錦、福岡の博多などですね。クラブを見ていく場合は、人口比率も関係してきます。人口の約1%の富裕層を対象にしている業態なので、30万人を超えないと成立しません。ただ、面白いのが15万~20万人の規模でもクラブがある街があって、そういう街には飲みに行く余裕を持っている人がいる。つまり、街自体に経済力があるんです。

 

小林 なるほど! つまり、人口に見合っていないのにクラブがある街は、景気がいいというわけですね。クラブの有無、クラブの数が景気を見る指標になると。では、クラブが成立しない地方都市を補うのがスナック、ということになるのでしょうか?

 

谷口 そうですね。クラブはなくても、スナックが地域の社交や娯楽の場を兼ねていて、地域社会の重要な部分を占めています。また、スナックは地域の「働く場」としても貴重な存在なんですよ。スナックには資格が不要なので、参入障壁はそれほど高くありません。スナックで起業して、お子さんを立派に育て上げたシングルマザーもたくさんいらっしゃいます。女性にとって、ひとつのセーフティネットともいえるでしょう。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
    SHARE ON