ライフスタイル
2019/12/27 19:30

開運セラピスト・紫月香帆が教える、2020年の我が家に幸運を呼び込む方法

2019年は令和元年を迎え、新しい時代がスタートしました。来たる2020年はどんな年になるのか、また幸運を呼び込むには、どういったポイントに気を付ければいいのでしょうか。開運セラピストの紫月香帆先生に、風水の観点から部屋ごとに具体的なアドバイスをいただきました。

 

令和時代は「住まいを整える」ことがより重要に!

紫月先生によると、令和の時代は「自分の価値観や自分らしい魅力を生かしていける人が輝く時代」になるそうです。また、学歴社会は終わりを迎え、今後ますます人柄が重視されていくように。

 

そんなこれからの時代は、常に“ちょっとゴキゲン”な精神状態を維持できることがポイントだとか。「いつも明るい人だな」「一緒にいると元気をもらえるな」という人のところに幸運が集まってくるので、暮らしのベースとなる住居を整えることは、とても大切になります。

 

「令和2年目の2020年、風水のキーワードは『光』です。家の中はより明るく、光るものはピカピカに輝いた状態が、幸運を呼び込みます。2020年と2021年の2年間は、今後の金運を大きく左右します。勝負の年になりますよ」(紫月香帆先生、以下同)

 

ノウハウよりも感覚が大事! 心地よい暮らしに気づくこと

時代の移り変わりとともに、風水の取り入れ方にも変化が出てきているそう。「例えば、ラッキーアイテムが『黄色い財布』だから黄色い財布を持てばいい、という理解では幸運はつかめません。“それを手にすることで自分の心が軽やかで元気になる”という感覚まで手に入れられて初めて、そのアイテムが“幸運グッズ”になります。『自分を上機嫌にするにはどうしたらいいか?』と自問しながら風水を取り入れると、自分にとって効果のある方法がわかり、運気の好転が得られるでしょう」

 

風水はおまじないではなく、統計学や環境学に類する理論的な知恵だという紫月先生。即効性はないけれど、漢方薬のようにジワジワと効いていきます。そのため、無理なく続けられることが成功の秘訣なのです。

【関連記事】
風水で寝室とキッチン、トイレを整える! 開運を呼び込むインテリアのルール

 

ここからは、部屋別に運気を上げるポイントを見ていきます。「これは納得!」と思えるようなことから、試していきましょう。

 

2020年は「キッチン」に注力! 油汚れを放置しないで

「2020年は九星気学でいうと『庚子七赤金星(かのえねしちせききんせい)』の年です。庚は金属を意味するので、『金』を表す文字がふたつ入っているのがわかります。ダブルの金なので、来年は金運が大きなテーマだとわかります。金は輝いてこそ、価値があるもの。つまり、輝くべきところを輝かせることが、開運につながります。

 

キッチンは磨いておきたい部分がたくさんあります。特に、ガスコンロのごとくやシンク周り。ここが油汚れでギトギトでは、金運が下がってしまいます。ほかにも、冷蔵庫の表面、食器棚のガラスなども磨いておきたいですね。

 

来年のラッキーアイテムはスパイスなので、スパイスを取り入れた料理をつくったり、スパイス類をラックに並べておいたりするのもおすすめです。火は金を溶かしてしまうので相性がよくありません。キッチンに財布や貴重品を置かないようにしてください」

 

【キッチンの開運ポイント】
・コンロ、シンクはピカピカに磨く
・スパイスを並べる。
・財布や貴重品を置かない

 

“気”の出入りが最も多い「玄関」は風通しと明るさをキープ!

「家の顔であり、第一印象を決める玄関は、清潔感と高感度を上げておきたい場所です。明るく、清潔に、すっきりとした状態を心がけましょう。

 

窓があり、日が差し込む玄関ならば、窓の汚れをこまめに拭くようにしてください。日が入らない場合は、照明の彩度を今までよりも少し上げることで明るくしたり、カットグラスなどキラキラと光るアイテムを置いたりしてもよいでしょう。

 

鏡がある場合は、手垢や埃で曇ってしまわないように、こまめに拭いてピカピカな状態をキープしてください。外から帰ってきて最初に触れるドアノブは、汚れや邪気がつきやすい場所です。掃除をする際は、必ずドアノブまで拭きましょう。玄関の運気を上げたい場合は、厄除効果のある赤色の入った玄関マットを敷いてください」

 

【玄関の開運ポイント】
・窓がある場合は窓拭きをこまめに行う
・光が入らない玄関には光るものを置く
・鏡はつねにピカピカな状態を保つ
・赤色の入った玄関マットを敷く

 

では、トイレやバスルームなどの水回り、また長い時間を過ごすベッドルーム、クローゼットについては、どのように心掛ければいいでしょうか? 引き続き紫月先生に教えていただきます。

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON