スポーツ
eスポーツ
2019/6/7 18:15

これもeスポーツ! レッスンサイト大充実のIotスマートけん玉“DENDAMA”の世界

日本でも急速に認知が進んでいるeスポーツ。基本的にはビデオゲームを使用した競技が思い浮かぶが、どうやらこれも、eスポーツと呼ぶらしい。

 

【関連記事】
「eスポーツ向け」ならではの工夫とは? スポーツアパレル「チャンピオン」が専用ウェアを発表!

 

View this post on Instagram

【DENDAMA JAPAN CUPまであと14日】 ジャパンカップ開催記念「1日1技判定」3日目 IoTけん玉「DENDAMA」でけん玉の技「灯台とんぼ返り」を判定させてみた。 DENDAMA JAPAN CUP2019 開催! 2/2(土)12:00-19:00 SLACK BOX SHIBUYAにて 電玉初の大会を開催!入場無料! MC : NOB(KENDAMAN) ゲスト : アノ娘リズム。 出場エントリー入ってきてます! 詳しくは大会ページをご覧ください https://dendama.co.jp/japan_cup.html #dendama #japan #japanese #toy #game #kendama #kendamausa #kendamajapan #internetofthings #iot #kendamalife #kendamaculture #kendamaeurope #kendamaromania #kendamalondon #kendamafrance #kendamaholic #kendamacommunity #kendamaisr #esports #gamers #dendamajapancup

A post shared by DENDAMA 電玉 〜けん玉はeスポーツへ! (@dendamaofficial) on

 

これは……、どうみても「けん玉」である。果たしてどこかeスポーツなのか。

 

実はコレ、けん玉ではなく「DENDAMA」なのである。

 

「DENDAMA」とは、けん玉本体に内蔵した3種類のセンサーにより、ユーザーが行った技を判定できてしまうという、世界初の“スマートけん玉”のことである。スマホやPCの専用アプリとBluetoothで接続することで、けん玉の練習や検定、プレイヤー同士の対戦やミニゲームなど、さまざまなコンテンツを楽しめるようになっている。

 

 

これぞまさにモノのインターネット。けん玉がIotによって、形態はそのままに、新しくゲームデバイスへと生まれ変わったわけだ。

 

「DENDAMA」のアプリには5種類のモードがあり、実際のけん玉検定を受験できる検定機能はもちろんのこと、お題をクリアしていく「クエスト」モード、トリック(技)で落ちゲーや音ゲー、シューティングなどのゲームが楽しめる「ゲーム」モードなどがあり、楽しみながら技を鍛えることができる。またゲームモードにはオンライン対戦ができるものもあり、世界中のプレーヤーとけん玉ならぬ「DENDAMA」で勝負ができる。

 

実際にやっていることは「けん玉」なのだが、それがIotによってネットとつながった結果、eスポーツにおける、1つのプラットフォームが出現してしまった。これにより、ユーザーの経験値に応じた全国ランキングや、離れた場所にいるプレーヤーとのオンライン対戦など、これまでのけん玉では不可能だったというか、想像の範囲外にあった新しい楽しみが広がった。

 

そして今回、eスポーツ学習動画サービスを展開する「ゲシピ(gecipe)」が、ビデオゲーム以外のeスポーツの支援の第一弾として、IoTスマートけん玉「DENDAMA」の学習環境を提供。DENDAMAの持ち方から始まり、ゲームの楽しみ方、ランキングの上げ方、トリック習得のコツなどを、記事や動画を使って学ぶことができるサイトが立ち上げられた(https://gecipe.jp/dendama)。下記の動画は、サイトにあるトリック(技)を解説する動画の一部だ。

 

 

こちらはけん玉の基本中の基本、“もしかめ”グリップとその説明動画。

 

 

こちらはDENDAMA Lv10のトリック、「2回転飛行機」の説明動画。サイトには、このようにゲームの遊び方から上級者のトリックまで、DENDAMAの攻略方法や遊び方が細かく説明されている。ちなみに現状ではDENDAMA Lv16が最高峰。Lv10では、中上級といったところか。

 

View this post on Instagram

The next DENDAMA JAPAN CUP will be held in August!  DENDAMA JAPAN CUP 2019 2019年8月開催決定!  フィジカル要素を含んだ新しいeスポーツの形。それが「DENDAMA」!  センサーを内蔵するスマートけん玉「DENDAMA」を使用した唯一の大会「DENDAMA JAPAN CUP」。2月に開催された初回大会はコンピューターにけん玉技を認識させるという新しい競技の形、そして技が分からない初心者でも盛り上がる画面演出でKENDAMAの可能性を広げた歴史に残るイベントとなりました。  そしてこの夏、開催規模・コンテンツ全てがパワーアップした次期大会を開催!DENDAMAチャンピオンの栄冠は誰の手に?!  スケジュール、エントリー条件、ゲスト情報などを随時公開していきます。DENDAMAオフィシャルアカウントをフォローしてチェックしてください。  #DENDAMA #電玉 #esports #eスポーツ #IoT #skilltoy #kendama #けん玉 #dendamajapancup #dendamajapancup2019

A post shared by DENDAMA 電玉 〜けん玉はeスポーツへ! (@dendamaofficial) on

 

この8月にはDENDAMAの大きな大会が開催予定の模様。スポーツと呼ぶことに議論が分かれる「eスポーツ」だが、やっていることはけん玉そのものである「DENDAMA」のほうが、よりスポーツらしいeスポーツと言えそうだ。ちなみに地域によっては、けん玉は子どものころにけっこうやっていたという方も、実はけっこう多いのでは? もしあなたがそうなら、eスポーツ「DENDAMA」の世界でヒーローになるチャンスだ。

 

 

【関連記事】
eスポーツの最前線をみよ! この週末は日本選抜がアジア選抜に挑むビッグイベントへ!

TAG
SHARE ON