スポーツ
2020/8/12 17:00

これは欲しいかも! クール系からコスプレ風まで。プロスポーツ選手の個性的なマスクあれこれ

コロナウィルスの感染拡大の影響で、外出時のマスク着用が世界的なスタンダードになっている。日本では、一般的なエチケットとして特に違和感なくマスクの着用がされていたものの、欧米諸国においてマスクの着用はまさに「新しい生活様式」ともいえる大きなルールチェンジだろう。

 

スポーツ界でも移動中はもちろん、練習時や試合の時でさえマスクを着用する姿が目立つ。しかし、そこはトップアスリートたち。各々が自身の個性を活かしたマスクを着用しているのだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Listen to Coach Brooks.

Washington Wizards(@washwizards)がシェアした投稿 –

 

バスケットボール界でも個性的でスタイリッシュなマスクをしている選手たちが目立つが、特に気になるのはNBAのロゴが全面にプリントされたマスク。選手のみならずコーチ陣もこのマスクを使用してメディアに登場していることから、多くのNBA関係者がこのマスクを持っているようだ。これであれば、一般人でも着用可能なデザイン。バスケットボールファンとしてはぜひ手に入れておきたい1枚ではないだろうか?

 

 

一方、トップアスリートならではのマスクをつけている選手の姿も目立つ。サッカースペインリーグのマジョルカに所属するFWラゴ・ジュニオールは、自身のユニフォーム姿が大々的に描かれたオリジナルのマスクを着用した様子をSNSに投稿している。彼の横に写っている妻も、家族の写真がプリントされたマスクを着用しており、なんとも家族愛を感じる。トップアスリートだからこそ許されるデザインのマスクだと言えるだろう。

 

 

一方、一般人では絶対に着用不可能な個性的すぎるマスクをしている選手も。MLBのミネソタ・ツインズに所属するネルソン・クルーズが練習時に着用したのは、ダースベーダー風のフルフェイスマスク。顔全面が覆われた特殊なマスクは、まるでコスプレのよう。「真面目にやってるの!?」とついついツッコミを入れたくなるところだが、おそらく本人は大真面目。このクルーズの姿を激写したCut4の公式SNSにはファンたちから「かっこよすぎ!!」「クレイジーだぜ!」とコメントが殺到。withコロナ時代の新たな個性の出し方として、軒並み好意的に受け入れられているようだ。

 

最近ではスポーツブランドもオリジナルのマスクを発売しており、デザインもこだわったものとなっている。クルーズのような個性的過ぎるマスクは現実的ではないが、プロアスリートが着用しているマスクの中には一般人が着用してもクールなデザインのものがいくつもある。普段からジム通いやスポーツを行っている人であれば、自身の好きなアスリートがどのようなマスクを着用しているかチェックして、真似してみるのも面白いかもしれない。

TAG
SHARE ON