スポーツ
野球
2020/8/1 20:00

コロナ時代の新たな選手交流?ファーストベース上で消毒液を渡す選手の振る舞いに「面白過ぎ!」の声集まる

7月24日、約4か月遅れながらついに開幕したMLB。今季日本から海を渡った、秋山翔吾や筒香嘉智らが、デビュー戦から活躍を見せる一方、2018年以来となるマウンドに立った大谷翔平が1アウトも取れずにKOされるなど、大きな波乱が起きているようだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MLB屈指の日本人カメラマン @tagucci42 が捉えた!#筒香嘉智 がMLBデビュー戦で 第一号を放った瞬間?? #MLB開幕

MLB Japan(@mlbjapan)がシェアした投稿 –

 

新型コロナウィルスの影響によって大幅にシステムが変わった今季のMLB。ダグアウト内で選手がよく口にしていたヒマワリの種や、噛みタバコなどが使用禁止になるなど、感染拡大防止に向けてあらゆる対策が取られている。また、コロナウィルスの影響は、選手同士の交流の姿をも変化させているようだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@arizz_44 coming up clutch with the hand sanitizer at first base. ?

MLB ⚾(@mlb)がシェアした投稿 –

 

話題になっているのは、カブス対ブルワーズの1戦で見られたある光景。3回、2アウトからブルワーズのアルシアがこの試合初めてヒットを放ち出塁すると、1塁手のリゾがポケットからゴソゴソと取り出しアルシアに歩み寄り始めた。ベース上でランナーと会話を交わすのは、MLBでは特に珍しい光景ではないものの、なにやら少し雰囲気が違う。なんとリゾはポケットから消毒液(サニタイザー)を取り出し、アルシアの手に垂らしたのだ。

 

「Withコロナ」時代を象徴するこの振る舞いを映し出した動画をMLB公式がSNSに投稿すると、ファンたちは一斉に反応。「ナイスガイだ!」「リゾのファンになっちゃうよ」「今季のMVPだ」「面白過ぎ!!」と、様々なコメントが寄せられたのだ。

 

 

昨年までだったら絶対に有り得なかったであろうこの光景も、コロナウィルスの影響によって変わったものの1つ。2020年のスポーツ界のあり方を象徴する光景といってもいいだろう。

TAG
SHARE ON