スポーツ
ランニング
2022/7/29 11:30

HOKAの期間限定ショップの全貌とブランドヒストリーをお届け!

ランナーやファッションに感度の高い人たちだけでなく、「歩きやすい」「疲れない」という理由で、ウォーキングシューズや通勤履きとして取り入れる方が増えているランニングシューズブランド「HOKA」。そんなHOKAの期間限定ショップが都内に2店舗オープンということで、渋谷にある「HOKA RAYARD MIYASHITA PARK POP UP STORE(ホカ レイヤード ミヤシタパーク ポップアップストア」のプレオープンイベントに潜入してきました。

 

HOKAの期間限定ショップが渋谷にオープン!

東京・渋谷にオープンした「HOKA RAYARD MIYASHITA PARK POP UP STORE」は、ブランドの世界観やルーツを知ることができるコンセプトストアとなっています。お店入って左側は“THE ROAD”ということで、HOKAのロードランニングの軌跡を辿ることができます。

↑渋谷宮下パーク内にある「HOKA RAYARD MIYASHITA PARK POP UP STORE」は、2022年7月1日〜9月25日までの期間限定オープン

 

ウォールの写真は、2021年アメリカアリゾナ州にて、HOKAの代表アスリートたちが100kmマラソンの世界記録に挑んだ「PROJECT CARBON X」の様子。最新のロードランニングシューズやアパレルもラインナップされています。

↑昨年アメリカで開催された、HOKAのアスリートが100kmマラソンの世界記録に挑んだ「PROJECT CARBON X 2」の様子

 

そしてお店に入って右側にある“THE TRAILS”のウォールは、トレイルの聖地とも言えるフランスのシャモニーの山々をバックに、HOKAのトレイルランニングシューズの歴史が記されています。もちろん最新のトレイルランニングシューズ、ハイクシューズも手に取ることができます。

↑トレイルランニングやハイクシューズの新作をラインナップ

 

岩の什器などが設置され、アウトドア感が満載!

 

HOKAシューズラインナップをヒストリーと一緒に紹介!

創設者ジャン・リュック・ディアードと、トレイルランナーのニコラ・マーモッドが、“山を安全かつ最速で駆け降りることのできるシューズ”の開発を始めたのがHOKAの始まりでした。2009年フランスのアヌシーで誕生したHOKA最初のシューズが、トレイルランニングシューズ「マファテ」。

 

この「マファテ」がランナーからの支持を集め、「山だけでなく舗装路を走れるモデルも欲しい」という要望が増え、誕生したロードランニングシューズ第一号が「ボンダイ」です。ロードランニングシューズの中で最もクッション性の高いボンダイシリーズは、今やランナーだけでなくファッショニスタの間でも人気となっており、スポーツショップだけでなくセレクトショップなどでも見かけるようになりました。

BONDI 8

2万3100円(税込)

 

そして2014年に発表された「クリフトン」でより多くのファンを獲得します。ボンダイなど、それまでのHOKAのプロダクトより若干ソールのボリュームを抑えたことで、一般ランナー層にも急速に認知され、ベストセラーとなります。HOKAのアイコン的存在ともなっているクリフトンシリーズは、現在第8弾の「クリフトン8」が展開されています。

CLIFTON 8

1万7600円(税込)

 

‘’THE ROAD”のウォールでも紹介しているように2019年5月カリフォルニア州で開催された「PROJECT CARBON X」 では、参加ランナー全員がカーボンプレート内蔵の「カーボン エックス」を履き100kmの世界記録に挑戦。世界記録達成はならなかったものの、ジム・ウォームズレーが50マイル通過時の記録をマークしました。

CARBON X 3

2万7500円(税込)

 

結果を出し続け、ますます信頼されるブランドに

HOKAが誕生した翌年2010年、「日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)」(71.5km)でHOKAアスリートのルドック・ポメールが優勝。HOKA創業者の一人であるニコラ・マーモッドも15位に。そして2013年、日本を代表する100マイルレースでもHOKAを着用した日本人選手が優勝しました。

 

さらに2016年、ヨーロッパアルプスのモンブランの周りで開催される世界最高峰の山岳レースUTMB(R)(100マイル)では、男女共にHOKAアスリートが優勝。HOKAは2022年から、UTMB(R)ワールドシリーズのグローバルプレミアムパートナーとなっています。

↑初代「クリフトン」が7月31日まで展示されています

 

楽しく走りたいファンランナーにも

ちなみにHOKAと私の出会いは2014年。100kmのウルトラマラソンを走るためのシューズを探していたところ、当時のウルトラマラソン世界記録保持者であった砂田貴裕さんにおすすめしていただいたのがHOKAのシューズでした。
カラフルで斬新なデザインと、存在感大の分厚いソールが印象的なHOKAのシューズは、他のランニングシューズとは全く違うものに見えました。

 

初めて履いて走った時は、マシュマロのような履き心地や、自然と足が転がるように運ばれていく感覚に衝撃を受けたものです。そして実際100kmウルトラマラソン完走後もまだ脚が残っているほど、HOKAのシューズは絶対的な安心感をくれました。

↑結果を出したいアスリートだけでなく、私のようなスピードよりのんびり楽しく走りたいファンランナーにも選ばれるシューズなのだと思います

 

初めてHOKAのシューズを履いた時の感動はそのままに、現在のHOKAのシューズたちはより軽く高性能になっているので本当に驚かされます。

↑最新のロードランニングシューズ「MACH 5(マッハ 5)」

 

ランニングステーションとしても使える丸の内「HOKA MARUNOUCHI」

もう一店舗は、東京・丸の内に「HOKA MARUNOUCHI」として、2022年7月2日〜2023年6月30日まで約一年間の期間限定オープンです。

 

店内には最新のランニングシューズを試せるトレッドミル完備。3Dスキャンで足型を計測し、おすすめのシューズを提案してもらえます。小型ロッカー9台とミネラルウォーターを完備していて、ランニングステーションとしても利用可能。「HOKA MARUNOUCHI」が位置するのは二重橋前駅すぐなので、皇居ランにも近くて便利です(シャワー無し。着替えは可能)。

↑実際にHOKAの最新シューズを試したい人はぜひ、足を運んでみてください

 

 

■「HOKA RAYARD MIYASHITA PARK POP UP STORE」

【場所】東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK North 1F

【営業時間】11:00~21:00

【定休日】無休

 

■「HOKA MARUNOUCHI」

【場所】東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内ビル1F 102 丸の内仲通りビル

【営業時間】11:00~20:00

【定休日】無休(年末年始除く)

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】

TAG
SHARE ON