文房具
ノート
2016/11/23 17:00

モレスキンの2017年新作はポップなデザインが勢ぞろい! 「スターウォーズ」「ミニオンズ」などの限定品も充実

一目でわかる独創的なノートの造りと製品の高級感で日本にもファンの多いモレスキンが、2017年春夏コレクションの発表会を開催した。

 ↑南青山のハウススタジオで開催された発表会では、2017年のモレスキンNewコレクションを展示
↑南青山のハウススタジオで開催された発表会では、2017年のモレスキンNewコレクションを展示

 

2017年のモレスキンのテーマは「Naturally Smart Storyline」ということで、会場では時代に左右されない感覚(=Nature)と知性・優雅さ(=Smart)を備えたと謳う新製品の数々が展示されていた。

 

まず入口近くで目を引いたのが、昨年発売された布製ハードカバーノート「Blend collection」の新柄4色。厚い織りの表紙は冬物ジャケットのようなどっしりした感触で、手にすると“ほわり”とした暖かみが感じられる。

↑「Blend cojjection」はラージサイズのRuled(横罫)が、ブラック・ブルー・レッド・グリーンで登場
↑「Blend collection」はラージサイズのRuled(横罫)が、ブラック・ブルー・レッド・グリーンで登場

 

モレスキンといえば、合皮のしっとりした表紙が代名詞。布表紙の「Blend collection」は違和感があるかと思ったが、角丸のフォルムにゴムバンド、そして裏表紙のネームタグなどの遊びを含めた全体のイメージは、やはり「モレスキンみがある」としか表現できない。

↑裏表紙には、洋服のタグを意識したネーム入り。この遊び心がモレスキンっぽい
↑裏表紙には、洋服のタグを意識したネーム入り。この遊び心がモレスキンっぽい

 

さて、ファンが毎年楽しみにしている限定版ノートだが、2017年春発売のモデルは「ピーターパン」「キース・ヘリング」「美女と野獣」「ミニオンズ」の4種類。

↑2017年の限定デザインノートは4種類
↑2017年の限定デザインノートは4種類

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑手書き文字をメインビジュアルにした「ピーターパン」は、洋書の表紙のようなイメージに。ラージ、ポケットとも各2種類のデザイン。世界9999個限定ボックスセットもあり

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑20世紀ポップアートのアイコン、キース・ヘリング柄。こちらもラージ、ポケット各2種デザインとボックスセットの展開

 

「美女と野獣」といえば、どうしてもディズニープリンセスのようなお姫様イメージになりがちだが、モレスキンは野獣推し。ザックリとした爪痕を箔押しにした、シンプルでかっこいいデザインとなっている(薔薇の花をデザインしたファニーなデザインもある)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ビーストの爪痕をシルバーホロの箔押しで表現した、インパクトのある表紙

 

映画でお馴染み「ミニオンズ」は、イエローとブルーの表紙にケビン、スチュアートなどキャラクターが溶け込んだデザイン。

 ↑ポップな色合いがかわいすぎるミニオンズノート
↑ポップな色合いがかわいすぎるミニオンズノート

 

とてもポップなカラーだが、かわいいミニオンズがカチッと収まりよく入っているおかげで、見た目に浮ついた感が少ない。40代以上のおじさんがプライベート用ノートとして使うのも意外とありかもしれない。巻いてある紙帯の裏にゴーグルが印刷されていたり、かわいい目玉&ゴーグルシールが付属したりというオマケもうれしい。

 

一方、限定デザインダイアリーは「不思議の国のアリス」「スターウォーズ」「ピーナッツ」の3種類。

↑限定ダイアリーは、どれもキャラ使いが印象的だ
↑限定ダイアリーは、どれもキャラ使いが印象的だ

 

↑「不思議の国のアリス」はビンテージ風のデザイン
↑「不思議の国のアリス」はビンテージ風のデザイン

 

↑2017年にエピソード8が公開予定の「スターウォーズ」。星空のようなドットで描かれた、お馴染みのキャラクターがシブい
↑2017年にエピソード8が公開予定の「スターウォーズ」。星空のようなドットで描かれた、お馴染みのキャラクターがシブい

 

↑「ピーナッツ」は大口を開けたキャラが並ぶデザイン
↑「ピーナッツ」は大口を開けたキャラが並ぶデザイン

 

他にもダイアリーコーナーでは、2013年以降ラインナップから消えていたハードカバーの「デスクカレンダー」が復活していた。

↑この状態では「かなり分厚いモレスキン」というだけだが……
↑この状態では「かなり分厚いモレスキン」というだけだが……
↑斜めに観やすく自立する日めくりカレンダーに変形! 1ページ中に日付が大きく入り、下に数行のメモ欄があるのみ
↑斜めに観やすく自立する日めくりカレンダーに変形! 1ページ中に日付が大きく入り、下に数行のメモ欄があるのみ
↑表紙裏には、マチ付きのインナーポケットも装備
↑表紙裏には、マチ付きのインナーポケットも装備

 

「デイリーダイアリープよりも少し分厚いか? 」ぐらいの印象のダイアリーを、表紙からガバッと大きくめくってゴムバンドで固定すると、なんと据え置き型の日めくりカレンダーにトランスフォーム。一枚ずつキレイにページが切り離せるようになっており、さらにページを一時保存しておけるインナーポケットまで付いている。手帳として過去を見返すこともできる、モレスキンならではの日めくり手帳といえるだろう。

 

モレスキンのバッグコーナーでは、新たに「ID Collection」と「ID Device Collection」を展示。

↑新しいモレスキンバッグも展示されていた
↑新しいモレスキンバッグも展示されていた

 

デバイスバッグは内部にタブレットなどを入れるように特化したクッションポケットを設置。フラップをゴムバンドで押さえるモレスキンっぽいデザインと機能性を併せ持つバッグとなっている。