衛生 関連記事

世界最大の慈善基金団体であるビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(以下、ゲイツ財団)は、途上国の衛生問題に取り組むために「Reinvent the Toilet Challenge」と呼ばれるプログラムを2011年に立ち上げました。その使命は、排泄物を媒介とした病原体から人々を守ること。このプログラムではトイレの再発明に取り組んでおり、先日、その試作品が誕生しました。

アジア、中南米、アフリカなどで流行している、デング熱やマラリアといった「蚊媒介感染症」(病原体を持つ蚊に刺されることで発生する感染症)。重症型のデング熱は、アジアやラテンアメリカの一部で子どもの死亡の主原因に挙げられるほ…