乗り物
自転車
2018/4/2 19:45

スマホで探して、QRで解錠!? 話題のシェアサイクル「メルチャリ」に乗ってきた【ナックルの挑戦状】

モノ系ライターのナックル末吉です。皆さん、「シェアサイクル」ってご存じでしょうか? 指定の駐輪場に置いてある自転車をレンタルして、走行後は系列の駐輪場であればどこに返却してもいいというアレです。

 

都内でもNTTドコモが同様のサービスを展開しているのでご存じの方も多いと思います。このシェアサイクルで、いま話題になっているサービスが福岡で開始。新しいモノ好きとしては、欲望を抑えることができず、早速乗ってきました。……というのは建前で、ホントは別の取材で福岡に行ったついでというのはショナイです。

↑全国に先駆けて福岡県でサービスが開始された「メルチャリ」

 

話題のシェアサイクルとは、あのフリマアプリで大人気を得ている「メルカリ」が運営する「メルチャリ」のこと。メルチャリは2018年2月27日に福岡県の博多、天神、ウォーターフロントエリアにて、全国に先駆けてサービスが開始されました。つまり、現在メルチャリに乗れるのは福岡だけ! ってことで福岡までやってきました。

↑やってきました博多駅! 果てしない夢を追い続ける人があとを絶たない福岡県の大都会

 

まずはメルチャリに乗るまでの道のり

道のり、といってもさほど難しいものではありません。フリマアプリ「メルカリ」を使ったことがある人ならわかると思いますが、メルカリはあの簡単さがヒットの理由。メルチャリもそれを踏襲していて、メルカリアカウントさえ持っていれば、専用アプリをインストールして即ジョイナス! 正直、「え、こんなに簡単なの?」というレベルです。

 

メルチャリアプリをインストールしたら、まずは肝心のメルチャリを探します。メルチャリは「ポート」と呼ばれる専用の駐輪場に置いてあり、ポートがどこにあるかはメルチャリアプリで確認可能です。

↑メルチャリアプリは、現時点ではiOSのみ対応。ポートの位置はマップ上に表示されます

 

↑黒いフチの丸の中に数字がありますが、この位置にポートがあり、数字は利用できるメルチャリの台数を表しています

 

↑数字が書かれたポートの位置まで来ると、ありました。会いたかったぜメルチャリ!

 

↑メルチャリの現物を確認したら、アプリの「鍵をあける」をタップすると……

 

↑QRコード読み取り画面が表示されるので、メルチャリのシート下にあるコードをスキャン!

 

↑QRコードの位置はココ

 

この解錠セレモニーを動画でご覧頂きましょう!

なんでも、メルチャリにはSIMが挿入されていて、スマホから送信されたQRコードを運営側が受信すると、データ通信を通じてメルチャリの解錠を自動で行うという機構とのこと。

 

「これがメルチャリだ!」ディテールをザックリとチェック

さて、無事にメルチャリをゲットできたということで、まずはメルチャリのディティールをチェックしてみます。

 

メルチャリは20インチの小径車で、スチール製のフレームを採用しています。電動アシストや折り畳み機能は非搭載。3段変速と幅広なサドルのおかげで乗り手の性別や体格問わず、ラクに乗れるのが特徴となっています。

↑これがメルチャリ。まだ新車の匂いが残っています

 

↑フレームには「merchari」のロゴ

 

↑シマノ製の3段変速グリップシフターを搭載。親指と人差し指でグリップ部をグリグリやると変速できます

 

↑ギアが内部に格納された内装変速機を採用。チェーンが外れる心配が少なく、停車時でもギアを変えられるナイスなヤツ

 

↑ヘッドライトはLEDのオートライトを採用。無灯火走行を防止するためにも合理的と言えます

 

↑これがメルチャリの心臓部。SIMが入ってるんだと!

 

↑返却時はこのレバーを下にさげるだけで施錠と返却処理が行われます

 

↑ゆがんだカゴ。まぁシェアサイクルなので、こういうこともありますね。むしろ健気さすら感じます
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON