乗り物
2016/9/24 18:34

内装は「お金持ちの応接間」!? IWGP王者オカダ・カズチカ「砂漠のロールスロイス」の乗り心地はどうだった?

GetNavi web×新日本プロレス コラボ連載

Kazuchika Okada VS Renge Rover Autobiography

今回の「Get Navi web×新日本プロレス」のコラボ企画は、不動の人気を誇る第65代IWGPヘビー級王座に君臨するオカダ・カズチカ選手の‟趣味のための車”探しの第2弾。念願のフェラーリ488を手に入れるも、趣味のルアーフィッシングには乗っていけないためストレスが溜まる……と嘆くオカダ選手。そんなオカダ選手のため、釣りに乗っていくのにぴったりのクルマを紹介します。前回のジープ・ラングラーに続く今回は、贅沢を極めたレンジローバーとの一本勝負をお届け!

20190924-s4-(2-2)

PROFILE

オカダ・カズチカ(オカダ選手のTwitterはコチラ

愛知県安城市出身、1987年11月8日生まれ。新日本プロレス所属。身長191cm、体重107kg。「レインメーカー」の異名を持つ第65代IWGPヘビー級チャンピオン。華麗なるドロップキックを得意とし、フィニッシュホールドとしてレインメーカーを持つ。趣味はルアーフィッシングで、クルマ好きとしても知られている。

 

ヘビー級のボディを豪快に加速させるV8エンジンが素晴らしい!

--今回の‟趣味のための車”探しは「ランドローバー・レンジローバー」です。

オカダ ランドローバーなのかレンジローバーなのか……名前が長くて分り辛い(笑)。でも、レンジの人気は高いですよね。最近は街中でもよく見かけるし、レンジローバー・イヴォーグもカッコイイから気になっていたんです。

--レンジローバーは昔から「砂漠のロールスロイス」と呼ばれるほど贅沢なクルマで、このクルマは上級モデルの「オートバイオグラフィー」です。何が凄いかと申しますと、搭載されている5リッターのV型8気筒エンジンにスーパーチャージャーが付けられ、510psの最高出力を発揮します!

20190924-s4 (9)

オカダ 今回はレンジローバーの中でも最高級モデルとはいえ、510psってすごくないですか?

--パワーも驚きですが、0-100㎞/h加速は5.4秒! オールアルミニウムの軽量ボディも大きく影響していることは間違いありません。

オカダ 普通のスポーツカーなら簡単にブチ抜かれますね。でも、510psのエンジンを載せているってことは、ボディとかサスペンションは大丈夫なんですか? 加速の途中にフラフラしたりしませんか?

20190924-s4 (10)

--では、実際に試してみましょう! 今回は街中での試乗になるので最高速度の250㎞/hは出せませんけど(笑)。

オカダ 運転席に座ってみるとSUVらしくないですね。超高級セダンって感じがする贅沢な雰囲気は悪くないです。エンジンの音も静かだし……。スタートしたいんですけど、シフトレバーはどこですか?

--オカダさん、センターコンソールのダイヤルを回してください。コマンドシフトと呼ばれる電子制御式のシフトです。今やハイテクの時代ですから、最高級のレンジにはシフトゲートはありません。

20190924-s4 (5)

オカダ おー。オーディオのボリュームみたいですね。アクセルも軽いし、加速もスムーズ。どこまでも加速して行けそうなエンジンの感覚は悪くないですけど、スピードが出すぎるから、調子に乗ると免許が何枚あっても足りないって感じ(笑)。V8のスーパーチャージャーは「豪快」ってイメージだったけど、このクルマは全く別モノです。余裕を感じさせるというか、自然体というか……。とにかく無理してる感じが一切ない。シフトのアップダウンを感じさせない滑らかさもピカイチ。運転が超~楽しいです!

--テレインレスポンス2と呼ばれるシステムがエンジン、ミッション、センターデフ、シャーシを自動的にモニタリングして最適なトラクション(駆動力)を選んでくれるそうです。それにバイオグラフィーにはメインの変速機を補助する副変速機が付いた8速オートマチックを採用しているので、スムーズに走れるんです。ところで、ボディ剛性やサスペンションはどうですか?

20190924-s4 (1)

オカダ ガチガチに硬い感覚はないんですけど、加速や減速、コーナーを曲がるときに不思議な安心感がありますね。体幹がしっかりしていて、柔軟な筋肉で衝撃を受け止めている感じ。プロレスラーだったら理想的な肉体です(笑)。エンジンはパワフル、ボディはしっかり、サスペンションはしなやか……いうことなしでしょ!

 

外観は洗練されていて内装は自動車の領域を超えている!

--外観、インテリアの印象はどうですか? このモデルには厳選された高級レザーやパノラミックルーフが装備されていますが……。

20190924-s4 (4)

オカダ 外観は悪くないですね。ひと昔前のレンジは地味なイメージだったけど、このモデルはかなり洗練された感じがする。ボディのサイドまで回り込んだヘッドライトやテールライトがシャープなイメージだし、インテリアは自動車の領域を越えている。ほとんど「お金持ちの応接間」(笑)。シートは191㎝の僕でも余裕で座れるし、頭上も足元も広々。メーターやインパネも細かい所までデザインされているから、見ているだけでうれしくなる。パノラミックルーフ(広々とした天井の窓)も最高。景色の良い郊外よりも、今回みたいに都心を走っている方が、ビルの高さやネオンが楽しめて面白そうですね。

--このオートバイオグラフィーに乗って、どんな印象を受けましたか?

オカダ SUVっていうと、前回のジープ・ラングラーみたいに汚れを気にせずガンガン使うイメージがあるんですけど、このクルマは乗る場所や人を選びますね。イメージ的にはショーン・コネリーみたいな英国紳士がフライフィッシングやハンティングに使うイメージ。遊びの相棒としては最高なんだろうけど、泥々のブーツで乗るのは気が引けちゃう(笑)。でも……やっぱり欲しいです! これだけ高級なのにエンジンが510馬力だから、高速道路を使って遠くまで遊びに行くのも苦にならない。東京で試合が終わってから「ちょっと琵琶湖まで釣りに行こう」なんて気にさせてくれます(笑)。

20190924-s4 (6)

 

プロレス技に例えるなら「オカダのドロップキック」

--かなりお気に入りのようですが、総括をお願いします!

オカダ 遊びの相棒としては最高ですね。シャープなボディデザイン、アウトドアに最適な高性能4WD、パワフルで静かなエンジン、贅沢な室内、安心感のあるボディ……すべてが申し分ない。車高もスイッチひとつで調整できるし、電子デバイスで運転も簡単。このクルマをプロレス技に例えるなら、自画自賛になりますけど、「オカダのドロップキック」ですね。華麗でパワフル、そして威力抜群(笑)。

--あっ、言い忘れてましたけど、このレンジローバー・オートバイオグラフィー、スタンダードモデルの車両本体価格が1861万円で、最上級のSVが……2934万円です!

オカダ えっ! SVオートバイオグラフィーを買うためには、IWGP王座を守り続けないと手が出せないってことですね(涙)。

 

オカダ選手は、レンジローバー・オートバイオグラフィーのゴージャスさに惹かれた模様。IWGP王座を防衛し、ぜひフェラーリとの2台持ちを実現してほしいですね。オカダ選手のクルマ連載はまだまだ続きます。次回もお楽しみに!

 

<SPECIFICATION>

Renge Rover Autobiography

レンジローバー・オートバイオグラフィー

20190924-s4 (8)

全長×全幅×全高:5005×1985×1865㎜ ホイールベース:2920㎜ 最低地上高:220㎜ トレッド(前/後):1690/1685㎜ 最小回転半径:6.1m エンジン:V型8気筒+スーパーチャージャー 総排気量:4999cc 最高出力:510ps/6500rpm 最大トルク:63.8kgm/2500rpm トランスミッション:8速オートマチック JC08モード燃費:7.4km/L 車両本体価格:1861万円

 

【大会情報】

KING OF PRO-WRESTLING

10/10(祝)@両国国技館

秋のビッグマッチ「KING OF PRO-WRESTLING」両国国技館大会決定! 毎年、名勝負が繰り広げられている歴史が動く“秋の両国”決戦を見逃すな!

 

WORLD TAG LEAGUE 2016

12/10(土)@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

 

WRESTLE KINGDOM 11

2017/01/04(水)@東京ドーム

プロレス界最大のビッグイベントでファンの間ではお馴染みの通称「イッテンヨン」こと東京ドーム大会が開催決定! 年に1回の「闘い詣」に日本中からファンが集結する。

 

※最新情報は新日本プロレス オフィシャルサイト

 

撮影/和田清志