クルマ 関連記事

世界中で開発が進められている自動運転車や運転支援技術。さまざまな優れた機能が搭載されていますが、周囲の音を認識することはまだできません。しかし最近では、自動運転車向けの聴覚機能のプロトタイプが開発されています。周囲のクルマや人の動きを検知するように、クルマのまわりで生じた音を拾って認識することができたら、さらに安全性が増すかもしれません。

タイヤメーカーのミシュランが、ゼネラルモーターズと協業し、エアレスかつ100%持続可能な原料を使った3Dプリント製の新世代タイヤ「アプティス」を開発しています。そのプロトタイプが今年6月、モントリオールで開催されたMovin’On 2019サミットで公開され、注目を集めました。クルマ好きな人だけでなく、エコ意識が高い人も知っておきたいアプティスとは、どのようなタイヤなのでしょうか?

いずれ自動運転車が普通に町中を走るようになる――。近年、クルマやテクノロジー業界では盛んにそう語られていますが、一般人にとってはまだ遠い未来の話に聞こえるかもしれません。しかし、特定のルートを走る業務用車に目を向けてみれば、自動運転車を使った試みがいろいろ行われているんです。