乗り物
自転車
2015/10/27 11:25

ロードバイクブームを後押し! 自転車を入れて持ち運べる専用バッグ

gnw_151005_07_01

自転車さえあればすぐに始められるロードバイク。折からの自転車ブームは引き続き堅調ですが、最近ではマンガに影響されてレース出場をめざす人までいるのだとか。

 

ロードバイクで県や地方をまたいだ旅行をしたり、あるいは遠方のレースに参加する際、やむをえず公共交通機関を利用しなければならないことも。重くかさばる自転車は、持ち運びに苦労することが難点です。

 

そこで今回新たな選択肢として生まれたのが「バイシクルキャリングトランスポーター」、“自転車専用のカバン”です。

 

大径スポーツバイクにもしっかり対応する大型設計

gnw_151005_07_02

まず自転車を上下逆さにし、前後輪を外します。そしてハンドルとフォークを90度回転させるだけで、バッグに収納可能。

gnw_151005_07_03

「バイシクルキャリングトランスポーター」はロードバイクやマウンテンバイクなどの大型スポーツバイクでもハンドルを取り外さずそのまま収納することができ(※車種によってはハンドルの取り外しが必要)移動先での自転車の組み立ての手間を軽減!

 

内部はポリエステル素材のため、自転車収納時に発生した汚れの拭き取りも簡単です。

 

キャニスター付きで、持ち運びの手間を軽減

gnw_151005_07_04

製品底面にキャスターを2輪装備。このキャスターにより、牽引しての移動も可能。また肩掛けで持ち運ぶ際に、側面にあるサイドストラップを利用すれば重量を分散しながら運搬することができます。

gnw_151005_07_05

そのほか、バッグ内部に収納時に取り外した前後ホイールを収納するホイールポケットや、メンテナンス用品や細かいパーツが収納できるジッパー付きポケットを搭載。

gnw_151005_07_06

このカバンさえあれば、愛車といつでもどこでも一緒。奮発した高級車も傷つけることなく運べます。

 

重量は4kg、ショルダーストラップ2本が付属して実売価格2万1600円。

TAG
SHARE ON