ワールド
2020/4/30 18:30

次のGAFAを生み出す可能性あり! 「イスラエルテック」はなぜ大躍進するのか?

近年、中東のシリコンバレーと呼ばれるイスラエルには、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazonの4社)をはじめ、世界から約400社ものグローバル企業が進出し、研究・開発拠点を設置してイノベーション活動を戦略的に行っています。優れた技術力を持つスタートアップ企業が毎年 800~1000 社も生まれる同国は、グローバル企業によるスタートアップ企業への投資がとても盛んな場所。人口1人当たりのベンチャー投資額が世界第1位という起業大国イスラエルは、どのようにして最先端技術大国としての力をつけたのでしょうか?

 

本記事では、イスラエルで日本企業との橋渡しやコンサルティングを手がける(株)イスラテックの加藤清司氏に取材した内容をもとに、イスラエルの現状や注目されているテック分野、新たなテクノロジーを持つスタートアップ企業などについて3回にわたりレポートします。初回の今回は「イスラエルテックの歴史と現状」をテーマに、テック業界躍進のカギとなる国家的な背景や構造をまとめました。

↑イスラエルのテルアビブには世界のトップ企業が熱い眼差しを向ける

 

この十数年で、世界のトップ企業の顔ぶれやビジネスモデルは大幅に変わりました。以前は自動車やエネルギーなどの重厚長大企業がトッププレイヤーでしたが、現在はGAFAやマイクロソフトなどのIT関係企業が圧巻している状態。“ハード”の時代から“ソフト”の時代へとの変革が目覚ましく、世界ではプラットフォーマ―といわれるシステムやサービスをユーザーに提供する事業やIoTやAI関連のビジネスモデルが台頭しています。

 

イスラエルにおいては、このようなテック新興勢力を中心に約400社のグローバル企業が進出しており、研究や技術開発を行なうための拠点を置いています。日本の四国とあまり変わらない広さの地域に、テクノロジーの最先端をいくホットスポットが集中しているのです。

 

イスラエルの人口1人当たりのベンチャー投資額は、アメリカを抜いて世界第1位。人口が約900万人と少なく、面積も小さい国で400社もの企業が投資先を探しているため、スタートアップへの投資環境が整っているのです。そのためイスラエルでは毎年800~1000社のスタートアップが誕生し、総数でおよそ6000社ものベンチャー企業が事業展開しています。

 

将来予測としては、成長スピードの高速化が進んでいることから、5〜10年後には現在の私たちがまったく想定していないような企業が数多く現われる可能性があります。現在のGAFAの次にはUberのような「next GAFA」と呼ばれる複数の企業が存在していますが、そのようなスタートアップ企業やサービスがイスラエルから生まれてくるかもしれません。

 

その理由として、イスラエルは日本や他国と比べ、新興企業を生み出すサイクルが圧倒的に速いことが挙げられます。一般的に日本でイノベーションを生み出すには、規制やしがらみが多く、どうしても時間がかかりますが、対照的にイスラエルでは、次ページのエコシステムで見るように、そのような障害が少ないため、新しい事業を進めやすいのです。世界銀行のDoing Business 2020ランキングでは日本が29位(78点)でイスラエルは35位(76.7点)ですが、イスラエルは税制改革などによって2019年の49位から14個も順位を上げたのです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON