ワールド
2020/11/13 6:00

宇宙服はビームス製! 11月15日の宇宙船打ち上げの見所をチェック

日本時間の11月15日午前9時49分、野口聡一さんとNASAの3人の宇宙飛行士を乗せた「クルードラゴン宇宙船(Crew-1)」が打ち上げられます。今回は民間の宇宙船に日本人宇宙飛行士が初めて乗り込みますが、見所はそれだけではありません。国際宇宙ステーションで野口さんが着用する服はビームスがプロデュースするなど、宇宙を身近に感じられるトピックスが盛りだくさんなのです。

 

スペースX社製の民間宇宙船に日本人初搭乗

↑クルードラゴン宇宙船に乗って宇宙へ行く野口飛行士ら

 

2020年5月、イーロン・マスクが率いるスペースX社が、NASAからの委託を受けて開発した宇宙船「クルードラゴン」に2人の宇宙飛行士が搭乗しました。打ち上げは成功し、国際宇宙ステーション(ISS)にもドッキングするなどして地球に帰還。民間企業が宇宙開発に参入するという新時代を象徴する出来事となりました。

 

今回、野口飛行士が搭乗する宇宙船もスペースX社が開発しており、民間企業が作った宇宙船に日本人宇宙飛行士が乗り込むのは初めてのこととなります。

 

これまでの宇宙開発は国家主導のもと、国の威信をかけて多額を投じ、国同士が競い合ってきました。しかし、これからは国家というボーダーではなく、ひとつのビジネスカテゴリーとして宇宙開発を進める時代となっていきそうです。2020年は新しい宇宙開発時代が幕を開けたターニングポイントの年となるでしょう。

 

ISSで着用する宇宙服はビームスがプロデュース

↑ビームスがプロデュースしたポロシャツ

 

今回のミッションで野口宇宙飛行士はおよそ半年間、ISSに滞在し、さまざまな実験を行う予定ですが、野口さんらはその期間、ビームスが製作を担当した宇宙服を船内で着用します。宇宙船内では給水速乾で抗菌消臭機能が求められるなど、宇宙航空研究開発機構(JAXA)からは機能面でさまざまなリクエストがあったそう。ビームスが糸や生地の選定からデザインまでプロデュースし、ファスナーの向きやポケットの大きさなど細部までディスカッションを重ね、フライトスーツからポロシャツ、フリースパーカー、下着、ソックスなどを開発しました。宇宙飛行士がISSで着用する衣類を民間企業が総合プロデュースするのは初めてのことで、こんなところにも民間企業が宇宙事業に参入していることがうかがえます。日本の人気ファッションブランドも宇宙事業に参加していることを知ると、宇宙がグッと身近な存在になりますよね。

 

今回の宇宙滞在で複数の実験が計画されており、そのなかには一般の人にも興味深い取り組みがあります。そのひとつが宇宙放送局からの放送。JAXAは2019年に国際宇宙ステーション「きぼう」内にスタジオを設置する宇宙メディア事業を発表し、2020年8月には地上と宇宙の双方向ライブ配信に世界で初めて成功しています。今回は第2回目の放送を実施し、技術実証を行う予定。このほかにも、きぼうに設置された船内カメラを一般の人が地上から操作するというアバター体験などが企画されています。遠い存在だった宇宙が私たちにどんどん近づいてきていますね。

 

TAG
SHARE ON