ワールド
2021/3/29 6:00

意外と研究が進んでいなかったタコが「とても嫌うもの」が2つ判明

日本でタコといえば、たこ焼き。お刺身やタコワサもいけますね。私たちにとってタコはあまりにも身近な食材ですが、タコ自体が持つ感覚や身体の機能についてもよく知っている人はあまり多くないかもしれません。そこで最近、この吸盤つき8本足の軟体動物に関する興味深い研究が2つ発表されたので、タコについての知識を少し深めてみましょう。

↑見た目以上に敏感

 

タコだって痛いのはヤダ

痛みは、苦しみをともなう複雑な感情が生まれる状態のこと。生物が痛みを感じるためには非常に複雑な神経システムが必要であるため、魚介類は痛みを感じられないと従来では考えられていました。しかし、特定の種類の魚介類を使った実験で、魚介類が痛みを感じる可能性が示唆され、「魚は痛みを感じるか? 感じないか?」という議論が研究者の間で広がってきています。

 

そこで、サンフランシスコ州立大学の研究者がタコの痛覚について実験を行うことにしました。タコは5億個もの神経細胞を持っており、ほかの無脊椎動物より神経細胞の数がはるかに多いという特徴があるため、痛みを感じる可能性が考えられます。

 

この研究者は動物の痛みの受容とそれに伴う行動について調べる一般的な方法を用いました。3つの部屋に分かれた水槽のなかにタコを入れて、1本の足に酢酸を注射し痛みを与え、どのような反応を示すか観察。するとタコは注射された部屋を避けて、別の部屋に移動するようになったのです。

 

タコに痛みを感じない生理食塩水を注射した場合、その部屋を回避するような動きは観察されなかったのですが、痛みを感じる酢酸の注射を打った後に麻酔薬を注射すると、タコは麻酔薬を打つ部屋を好むような行動を示したのです。しかも、痛みを感じない生理食塩水を注射したタコは、麻酔薬の注射を行う部屋に興味を示すことがありませんでした。

 

これらの結果から、タコは痛みを感じ、それを避ける行動をとると研究者たちは結論づけたわけです。しかも酢酸の注射で痛みをもたらされたタコは、注射された部分を20分も口で噛みついていたことが観察されていますから、タコには痛覚があると言えるようです。

 

強い光もヤダ

↑まぶしいな

 

もう一つ、タコに関する面白い研究結果が先日発表されました。それは、暗闇のように目が見えない環境であっても、タコは足だけで光を感じとれるというもの。タコの足は光を受けると色が変わる色素細胞で覆われており、それによって周囲の模様とあわせてカモフラージュする能力があります。

 

イスラエルのルッピンアカデミックセンターの研究チームは、光に反応するタコの色素細胞について研究していたとき、タコの足に光をあてても色が変化しない場合があることに気づいたそう。また、強力なライトを足先にあてると、いつもタコが足をひっこめることに気づき、タコのこのような行動を調べることにしたのです。

 

まず、黒いシートで覆った暗い水槽のなかにタコを入れ、水槽の上部に開けた穴に足を伸ばすと魚を捕まえられるように訓練しました。そしてタコは目が見えない暗闇のなか、穴に足を伸ばしたときにランダムに強いライトを当てたところ、84%の確率で足をすぐに引っ込めたことが判明。温度変化によって光を検知していることも考えられましたが、温度変化を確認したところ、そのような影響はなかったそうです。

 

またライトを当てる部位を変えてみると足の先端が最も敏感に反応し、麻酔をかけたタコや切断した足では、反応を示さないこともわかりました。

 

これらの結果から、タコの足は光を感じ、この情報が筋肉のなかにある神経を通って脳に伝わり、足を引っ込めるように脳が指令を出していると推測できるのです。この研究チームでは、捕食者から自身を守るための手段としてこのような反応を示すようになったと推測しており、さらに研究を続ける予定です。

 

最初に取り上げた研究でタコは痛みを感じることができるとわかったので、ひょっとしたらタコにとっては強い光も痛いのではないか……? ほかにも仮説は立てられますが、タコは私たちが普通に考えているよりもずっと面白い魚介類のようです。

 

【出典】

Crook, R. J., et al. (2021). Behavioral and neurophysiological evidence suggests affective pain experience in octopus.
iScience 24, 102229. https://doi.org/10.1016/ j.isci.2021.102229

Katz, I., et al. (2021). Feel the light: sight-independent negative phototactic response in octopus arms. Journal of Experimental Biology 2021 224: jeb237529 doi: 10.1242/jeb.237529

 

TAG
SHARE ON