SONY 関連記事

注目ミラーレス一眼の真価を問う! ソニー「α9」対「動きモノ」

5月26日に発売されたソニー α9は、メモリー内蔵35㎜フルサイズ積層型CMOSセンサーを採用。電子シャッター使用時で約20コマ/秒の連写が可能というこれまでにないミラーレス一眼だ。また、センサーからのデータ読み出しが途絶えないため、連写中もブラックアウトなしで撮影できるのも魅力。画素数は有効約2420万画素と、同社のα7RIIなどに比べると少なめだが、高感度撮影に強く、常用感度で最高ISO 51200、拡張感度でISO204800に対応する。今回はこのα9の実写を行い、画質や連写性能を検証してみた。

電子ペーパーとタブレットの違いってなに? ソニーが発表した「DPT-RP1」がすごく便利そう

ソニーが新型の電子ペーパー(デジタルペーパー)「DPT-RP1」を6月5日に発売することを発表した。この商品にはSNSなどネット上で多くの反響が上がっているが、「タブレットと何が違うの?」「タブレットで良いんじゃないの?」という声もチラホラ。そこで、「DPT-RP1」を紹介するとともに、電子ペーパー...

【ここだけ1999年】PCでテレビ視聴&動画編集をする時代へーーVAIOの最高峰スペック機は42万円だった

過去の懐かし製品を紹介する「ここだけシリーズ」が満を持して復活。今回は、1999年半ばに登場したVAIOのデスクトップPC「PCV-R70TV7」を扱っていきます。 当時のPC市場は、ノートPCが一大ブームを巻き起こしていたこともあり、デスクトップはコンシューマー向けPCの売上の4割ほどま...

カメラの総合展示ショー「CP+2016」が開幕!メーカー各社の注目製品をレポート【オリンパス/ソニー編】

カメラと写真用品の総合展示会「CP+2016」が、パシフィコ横浜で開催されています。期間は2月25日~28日まで。開催時間は10~18時(最終日は17時まで)。入場料金は1500円ですが、公式サイトから事前登録を行うと無料になります。各社の新製品や発売前の注目モデルが多数展示され、最新のカメラをいち...

11_A

AV

「スター・ウォーズ」ウォークマンはSWコラボで食傷気味の人もびっくりの充実度

ファン待望の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が劇場公開され、数多くのコラボアイテムも発売されましたが、すでに食傷気味という人もいるでしょう。しかし、このウォークマンだけは、ちょっと違います。 3機種のラインナップでハイレゾを堪能「NW-ZX2」16万1870円「STAR WARS...

09_A

AV

【レビュー】ソニーの“照明スピーカー”、見た目に気をとらわれがちだが、音がガチでイイ!

ソニーが開発したグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」は、透明の有機ガラス管型トゥイーター内に、温かい色味のLEDライトを備えた照明スピーカーです。Bluetooth再生も可能で、高音質コーデックLDACにも対応しています。ソニーグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」実売価格7万9790円&...

ラルク、KANA-BOONら豪華アーティスト8組が参戦!「Hi-Res ROCK FES 2016」ってナンだ?

先日、FUJI ROCK FESTIVAL ‘16の参加アーティスト第1弾が発表されて話題になりましたね。 大規模な音楽フェスが夏に開催されるものが多いですが、それまで待ちきれない~という人もたくさんいるはず。 そんな音楽フェスファンにオススメなのが、超豪華アーティスト8組による...

E

AV

話題の「ハイレゾ」を満喫できる! オススメ国産ポータブル音楽プレーヤー4選

CDよりも高音質な「ハイレゾ」は、オーディオ界の一大トレンド。フィギュアスケーターの羽生結弦選手がハイレゾリスナーであることも話題となり、一般の知名度も高まりました。 一方で、少しマニアックな世界のうえ、ハイレゾ再生に対応するアイテムは高価なものが多く、ハードルの高さを感じているという人も...

【西田宗千佳連載】2016年は「VRの年」になるか

「週刊GetNavi」Vol.39-1技術&コストの条件が揃い量産が可能に2016年にどんなものがブレイクするのか?業界関係者にヒアリングすると、「バーチャルリアリティ(VR)ではないか」という声がよく聞かれる。理由は単純だ。16年上半期に、本命と呼ばれるVR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)が...

SONYVRゲームパソコン連載

“手のひら4K”時代の到来で、スマホスタイルはどう変わる?

モバイル向け動画配信サービスの普及などにより、スマートフォンに「画質」を求める声が高まっています。現在主流のフルHDでも満足できる画質が得られますが、2016年は映像美にこだわる人に向けた「4Kディスプレイ」が新トレンドとして注目されそうです。圧倒的な映像美を実現する4Kディスプレイを搭載 ...

4KSONY

小走りで撮影しても絶対ブレない4Kムービーカメラ3機種の実力を比較!

ドローンのトップブランド、DJIから4K対応機が登場し、ビデオカメラ市場がさらに盛り上がり始めました。本記事では、専門家がDJI、パナソニック、ソニーの4Kモデルを徹底比較してNo.1を決定。また、全方位映像などが撮れるエンタメカメラや、いざというときに役立つ車載カメラのドライブレコーダーも紹介して...

水中から360°の全天球まで! “新世界”が撮れる最新エンタメカメラ5選

デジタルカメラは数多ありますが、世の中にはほかにはない構造や機能を持つオリジナルすぎるモデルが存在します。 ふだんはイロモノ扱いしがちですが、「いままでに見たことのない世界」を見せてくれる存在であるのは確か。ここでは、そうした個性的なモデルをチェックしていきましょう。 水中の様子...

1601116_01

AV

ハイコスパモデルがオーディオ・オブ・ザ・イヤー2015を受賞! 【オーバーヘッド型ヘッドホン編】

ヘッドホン・イヤホン専門店「e☆イヤホン」のスタッフ5人とゲットナビ編集部員が本音で良品と断言できるアイテムだけをノミネート。ヘッドホン、イヤホン、携帯プレーヤーの各カテゴリで、2015年のグランプリを決定しました。あまり知られていない通好みの逸品も数多く紹介していきます! 「ヘッドホン・...

家の照明が音楽プレーヤーに。ソニーの白モノ家電「LED電球スピーカー」はこうして生まれた【開発秘話】

電球をつける“口金”にスピーカーを挿し込む。照明×AV機器という斬新な試みの裏側には、ただ単に音が鳴る電球にしないためのソニーのこだわりと最先端の技術が詰まっていました。ソニーLED電球スピーカーLSPX-100E26J E25口金から給電し、照明としてインテリアに自然に溶け込む電球型のワ...

1511011_01

AV

【カラバリ豊富】ハイレゾ ウォークマンの金字塔の後継機がこれまた名機確定!

ソニーウォークマン NW-A25HN実売予想価格3万240円 PCM最大192kHz/24bitのハイレゾ音源に対応するウォークマンのスタンダードモデル。「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載し、静寂のなかでハイレゾクオリティを堪能できます。カラバリは全6色で展開。micr...

...
yamaso

人気の動画ニュースVideo News

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

20171003_y-koba2 (1)

テクノロジーが「車いす」の毎日を変える! 世界初・ヤマハの「片流れ制御」とは?【動画有】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モフモフしたい謎グッズ!? 動きがリアルすぎる“猫のしっぽ”ロボットの正体

VIEW ALL

yamaso

インフォメーションInformation

VIEW ALL

yamaso
カルビー
エレコム
ホンモノケイカク
週刊GetNavi