AV
テレビ
2019/4/12 19:00

4Kテレビへの買い替えを検討している人必見――テレビをよく見る人にオススメなのは20万円前後の「ミドルクラス」

新4K放送スタートに伴い各メーカーのラインナップが充実した4Kテレビは、価格も落ち着いてきたいまがまさに買いどき。なかでも、15万円~25万円程度の価格帯は卓越した性能を備えつつも、バランスのよい価格を実現するボリュームゾーン。各社の個性が顕著に表れており、選ぶ楽しみがあります。テレビを普段からよく観るという人にオススメです。

 

【採点する人】

AVライター/鳥居一豊さん

エントリーからハイエンドまで、オーディオ・ビジュアル製品を幅広くカバー。東芝の4K有機ELテレビを愛用中。

GetNavi編集部/川内一史

三菱電機のフルHD液晶テレビを愛用。次の買い替えで4Kデビューを目論んでいます。放送だけでなくネット動画もよく見ます。

 

嗜好や視聴スタイルによって買うべき4Kテレビは異なる

地デジ放送への完全移行から8年近くが経ち、来年には世界的スポーツイベントを控えていることもあり、4Kテレビの普及が加速しています。各社の最新モデルは、昨年12月にスタートしたBS/CS4K放送用チューナーを内蔵。加えて、4Kコンテンツを含む多彩なネット動画を楽しめる配信サービスにも数多く対応しています。画質や音質といったテレビの基本性能はもちろん、操作性や番組のオススメ機能なども成熟しているうえ、価格も1〜2年前と比べて全体にかなりリーズナブルとなりました。まさに、いまが買いどきといえます。

 

「4Kテレビの買い替えを検討している人は、大きく3つのクラスタに分けられます。とりあえず4Kコンテンツを視聴できればOKという『エントリー』層。リビング用のテレビとして、ある程度の大画面と使い勝手の両立を求める『ミドル』層。最高峰の画質と音質で、映画や音楽ライブなどのコンテンツを満喫したい『ハイエンド』層です。それぞれで予算や重視するポイントがまったく異なるため、『ベストバイ』モデルも変わってくるのです」(鳥居さん)

 

■4Kテレビのミドルクラス→「50型前後」/実売価格15~25万円前後

【こんな人にオススメ】

→40型クラスからの買い替えを検討している人

→テレビ番組を録画して視聴することが多い人

→メーカーの独自機能による使い勝手も重視する人にオススメ!

 

【その1】

多彩な4Kコンテンツを楽しめて地デジ6chぶんの全録にも対応

東芝

レグザ 49Z720X(49型)

実売価格20万110円

 

BS/CS 4Kチューナーに加えてスカパー!プレミアムサービスチューナーを内蔵し、多彩な4Kコンテンツを楽しめます。同社有機ELモデルと同じ「レグザエンジンEvolution PRO」を備え、画質も高水準です。地デジ6chぶんの全録にも対応。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:55、49型 ●バックライト方式:直下型LED部分駆動 ●パネル:IPSパネル ●チューナー:BS/CS 4K×1、地デジ×9、BS/110度CS×3 ●音声実用最大出力:66W ●接続端子:HDMI入力×4、USB×4、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W1105×H692×D189mm/17.5kg

 

↑IPSパネルと直下型バックライトを組み合わせ、明るく見やすい画質を実現。高性能エンジンの恩恵もあり、鮮鋭感の高い映像を描写します

 

↑リモコンは巧みなボタンレイアウトにより、多彩な機能を直感的にわかりやすく操作できます。録画関連の機能が充実しているのも特徴です

 

↑放送番組はもちろん、ネット動画にも幅広く対応。リモコンの「みるコレ」ボタンを押せばオススメの番組を一覧表示でき、迷わず視聴できます

 

↑2Wayのフロントスピーカーとウーファーを組み合わせた「重低音バズーカオーディオシステム PRO」を採用。大迫力のサウンドです

 

【レビューコメント】

基本性能に加えて機能の充実度もハイエンド級(鳥居さん)

液晶レグザとしては最上位機となるだけに、機能や装備の充実度はハイエンド級。画質と音質もクラストップレベルで、基本性能にはスキがありません。リモコンの操作感はややもっさり。

部屋のどこからでも変わらない画質で楽しめるのが魅力(川内)

IPSパネルを採用したことで視野角が広がり、部屋のどこから見ても高画質で楽しめる点が魅力です。大容量スピーカーを搭載しながら、軽量コンパクトな設計を実現しているのも◎。

 

レグザ 49Z720Xのオススメ度:★★★★★

 

【その2】

BDドライブ&HDD内蔵の“全部入り”モデルは音も秀逸

三菱電機

REAL 4K LCD-A50RA1000(50型)

実売価格26万1490円

 

UHD BD再生対応のBDドライブと、2TBのHDDを本体に内蔵。4K放送の録画も可能で、BDにダビングすることもできます。画面の下に正面向きで配置された「DIATONE NCVスピーカー」は、クリアで力強い音を鳴らします。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:58、50、40型 ●バックライト方式:エッジ型LED ●パネル:VA型 ●チューナー:BS/CS 4K×2、地デジ/BS/110度CS×3 ●音声実用最大出力:20W ●接続端子:HDMI入力×3、USB×2、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W1128×H790×D334mm/26.4kg

 

↑4K HDR映像を楽しめるUHD BDドライブを搭載。万が一故障した際は、ここだけ取り外して修理できます

 

↑リモコンは、使いたい機能を直感的に呼び出せるデザイン。画面の向きを調節できるオートターンも便利です

 

↑独自の「NCV振動板」を採用するスピーカーは2Way構成。低音から高音まで音色の揃った鮮明な音です

 

 

【レビューコメント】

BDレコーダーとの一体型という点が非常に頼もしい(鳥居さん)

ネット動画配信サービスへの対応数では他機種に見劣りするものの、BDレコーダーとの一体型という点が頼もしい。鮮明かつ精細感の高い画質や、力強いサウンドも大きな魅力です。

使い勝手に配慮した多機能ぶりは圧巻!小画面モデルも魅力(川内)

画面の向きをリモコンで調節できたり、テレビの音をBluetooth経由で外部スピーカーから出力できたりと、機能面が大充実。40V型からラインナップするのもビギナーにとって魅力です。

 

LCD-A50RA1000のオススメ度:★★★★★

 

【その3】

視認性の高いGUIや転倒防止スタンドなど快適に使える仕様

パナソニック

ビエラ TH-49GX850(49型)

実売価格18万5270円

 

同社が磨き上げた高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ」を搭載し、色再現性、階調性に優れた映像を描写します。GUIの視認性が高く、多彩なネット機能を快適に楽しめるのも魅力です。独自機構による転倒防止スタンドを備えます。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:65、55、49、43型●バックライト方式:エッジ型LED部分駆動●パネル:IPSパネル●チューナー:BS/CS 4K×1、地デジ/BS/110度CS×3●音声実用最大出力:30W●接続端子:HDMI入力×4、USB×3、LAN×1ほか●サイズ/質量:W1099×H694×D248mm/約20.5kg

 

↑広視野角のIPSパネルを採用。独自の高画質技術により、斜めからでも高コントラストで低ノイズの映像に

 

↑多彩なネット動画サービスに対応。アプリアイコンを丸形デザインとしたUIは見やすく、快適に視聴できます

 

↑スタンド底面に大型の吸盤を備え、設置場所にピタッと吸着して転倒を防ぎます。地震のときなどに役立ちます

 

【レビューコメント】

総合力が高く不満な点がほとんどない(鳥居さん)

丁寧に仕上げられた画質と音質、充実した機能や装備など、不満を感じる点がほとんどない優等生モデル。転倒防止スタンドなど、使い勝手を高める細かい気配りもうれしいです。

映画鑑賞などで臨場感たっぷりのサウンドを堪能(川内)

同社が満を持して投入した初の4Kチューナー搭載テレビだけあって、さすがの完成度。立体音響システム「Dolby Atmos」に対応し、映画鑑賞などで臨場感のあるサウンドを楽しめます。

 

TH-49GX850のオススメ度:★★★★★

 

【その4】

低反射の独自パネルを採用し明るいリビングでも快適に視聴

シャープ

AQUOS 4K 4T-C50AN1(50型)

実売価格17万2670円

 

4Kチューナーを2基搭載。映り込みの少ない「N-Blackパネル」を採用し、明るいリビングでも快適に視聴できます。オンキヨーとの共同開発によるスピーカーは、背面にサブウーファーも備える2.1ch構成で、豊かな音を創出します。

【SPEC】●画面サイズ:60、50型 ●バックライト方式:エッジ型LED ●パネル:VAパネル ●チューナー:BS/CS 4K×2、地デジ/BS/110度CS×3 ●音声実用最大出力:35W ●接続端子:HDMI入力×4、USB×3、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W1126×H719×D272mm/約23.5kg

 

↑4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を録画中でも裏番組視聴が可能。ただし、ダブル録画には非対応です

 

↑独自開発の高画質エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載。明るく見やすい映像を実現します

 

↑AIサービス「COCORO VISION」を搭載。ユーザーの嗜好に合ったコンテンツをオススメしてくれます

 

【レビューコメント】

4K放送の裏番組録画は使ってみると便利(鳥居さん)

「COCORO VISION」のナビゲートは丁寧でわかりやすく、人感センサーによって快適に使えるのも魅力です。4K放送の2番組同時録画はできないものの、裏番組録画が便利です。

Android TVの搭載により操作がサクサク(川内)

OSにはAndroid TVを採用し、多彩なネットコンテンツを堪能できます。UIも見やすいため、サクサクと操作できるのもうれしいところ。低反射パネルによる落ち着いた画質も好印象です。

 

4T-C50AN1のオススメ度:★★★★☆

 

同価格帯で「有機EL」も狙える!!

高コスパで話題のハイセンスは、国内メーカーのミドルクラス機と同等の価格帯で有機ELのハイエンドモデルをラインナップしています。同社のハイエンドクラスは、東芝と共同開発の映像エンジンを搭載しており、画質も従来よりグレードアップ。注目度はさらに高まりそうです。

 

進化した高画質エンジンが有機ELの魅力を引き出す

ハイセンス

55E8000(55型)

実売価格24万6240円

 

進化した映像エンジン「レグザエンジンNEO Plus」搭載の有機ELテレビ。超解像技術などが高められ、有機ELのポテンシャルを引き出します。薄いパネルを生かしたスタイリッシュなデザインも魅力。

【SPEC】●画面サイズ:55型 ●バックライト方式:自発光 ●パネル:有機ELパネル ●チューナー:BS/CS 4K×1、地デジ/BS/110度CS×3 ●音声実用最大出力:20W ●接続端子:HDMI入力×4、USB×2、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W1226×H754×D272mm/約22.7kg

 

協力:楽天市場