AV
カメラ
2019/4/26 19:00

ソニーから“指でつまめる”本格派カメラ登場! 「お散歩カメラ」に最高なのでは?

寒さに凍える冬が終わり、お出かけが楽しい季節がやってきましたね。眺めの良いスポットでのんびり過ごしたり、近所の街を散策したり、心地良い風に吹かれたりすると気分もリフレッシュできます。そんなとき、気軽に持ち歩けるカメラが登場しました。4月12日発売のソニー「RX0 II(DSC-RX0M2)」です。ほら! こんなに小さくてかわいい!

↑指でつまめるほど小さなボディの「RX0 II」。実売価格は9万1670円

 

小さくても機能は本格派! しかも超タフなんです

RX0 IIの本体サイズは59.0×40.5×35.0mmで、重量は約132g(付属バッテリーNP-BJ1とmicroSDメモリーカードを装着した場合)。かなり小型&軽量ですが、いわゆる“高級コンデジ”と同等クラスの1.0型CMOSセンサー(総画素数は約2100万画素、有効画素数約1530万画素)を搭載しており、実は本格派デジタルカメラなのです。レンズはツァイスの24mm相当/F4.0の広角レンズを装備。

↑小型ながら、水深10mの防水性能をはじめ、防塵、耐衝撃、耐荷重といったタフネス性能を追求した堅牢なボディ。本体上部に電源ボタンとシャッターボタンを備えています

 

↑マルチ/マイクロUSB端子 、Hi-Speed USB(USB2.0対応)、HDMIマイクロ端子、マイク端子(3.5mmステレオミニジャック)が装備されています。液晶モニターは1.5インチ

 

前機種「RX0」からの主な進化ポイントとしては、液晶モニターがチルト式になったこと、画像処理エンジンBIONZ Xで約1.8倍の高速処理が可能になったこと、4K動画の本体内記録が可能になったこと、最短撮影距離が20cmになり、より近距離での撮影が可能になったことなどが挙げられます。

↑モニターは上方向約180度、下方向約90度の角度調整が可能。180度開くと、モニターの映像が上下反転します。ちなみに、モニターをチルトさせた状態でも防水・防塵性能は維持されます

 

そのほか、最高16コマ/秒の高速連写(「速度優先連続撮影」モード時)や、被写体の瞳にピントを合わせられる「瞳AF」など、動きが速い被写体や人物を捉える機能も備えています。

 

自撮りにも便利なアクセサリーを用意

これほど小さなボディだと「しっかりホールドして撮影できないのでは?」と不安に感じる人もいるでしょう。そこで役立つのが、シューティンググリップ「VCT-SGR1」(実売価格8960 円)です。ただし、グリップを付けるときには裏の蓋を開けるため、防水ではなくなる点にはご注意を。

↑シューティンググリップ「VCT-SGR1」を装着したところ

 

↑自撮りをする際にはモニターを180度開き、グリップのシャッターボタンを使うと撮りやすいです

 

↑VCT-SGR1はミニ三脚としても利用できます
  1. 1
  2. 2
全文表示