AV
テレビ
2019/6/13 13:00

2019年の東芝レグザは「攻めの有機EL戦略」! プロユースにも耐える4K有機ELテレビ「X930/X830」

東芝映像ソリューションは、「REGZA(レグザ)」ブランドより、4Kチューナー2基内蔵の有機ELテレビ2機種を6月下旬から順次発売します。ラインナップは、4K有機ELレグザProの「X930」シリーズと、X930からタイムシフトマシン機能を省いた「X830」シリーズを用意。

 

いずれも55型、65型の2サイズから選べ、実売予想価格はX930の55型モデル「55X930」が35万円前後、65型モデル「65X930」が55万円前後。X830の55型モデル「55X830」が29万円前後、65型モデル「65X830」が49万円前後(いずれも税抜)。発売予定日は、X930シリーズが7月中旬、X830シリーズが6月下旬となります。

↑55X930

 

↑55X830

 

X930とX830の大きな違いは、地デジ放送を最大6chまでまるごと録画できる「タイムシフトマシン」機能の有無と、スピーカーシステム、スタンドデザインなどで、画質面では同等となります。

 

さらに画質を磨き上げた新エンジンと最新有機ELlパネル

4K有機ELレグザPro X930/X830は、専用にチューニングされた2019年仕様の有機ELパネルと、新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載。本格的な映像制作にも活用できるプロユースの映像分析・設定機能を備えるほか、新たにHDR10+とDolby Visionの2つのHDR規格にも対応しました。

↑新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」

 

また、視聴環境の照度や照明色の違い、視聴しているコンテンツにあわせてホワイトバランスや輝度を調整する「リビングAIピクチャー」機能を新たに搭載し、どんな環境でも自然な画質で映像を楽しむことができます。

↑「リビングAIピクチャー」機能のイメージ

 

このほか、深層学習などのAI超解像技術により、通常のシーンとざらつきが目立つシーンを判別して適切な超解像処理を行うほか、4K放送や地デジ放送などの映像の種類と動きの量に応じて、適切なフレームを参照して超解像処理を行う「バリアブルフレーム超解像」、通常映像をHDR画質に復元する「AI機械学習HDR復元」などの高画質化処理によって、どんな映像でもノイズを抑えたクリアな画質を追求します。

 

音声面では、X930シリーズが、SN感の高い低域再生が可能な対向型パッシブラジエーター方式のスピーカーボックスを備えた「有機ELレグザオーディオシステムPRO」、X830シリーズは65X830がダブルフルレンジスピーカー、55X830がフルレンジスピーカーを採用した「有機ELレグザオーディオシステム」をそれぞれ搭載しています。

↑X930に搭載される「有機ELレグザオーディオシステムPRO」

 

↑X830に搭載される「有機ELレグザオーディオシステム」(手前が65X830用、奥が55X830用)

 

さらに、高精度に全帯域補正を行う「VIRイコライザー」や、放送時の音声圧縮時失われた微小信号を復元する「レグザサウンドリマスター」も備え、テレビのスピーカーだけでも高品質なサウンドを再生します。

 

多彩な入力端子を備えプロユースにも対応

X930は地デジ放送を最大6chまでまるごと録画できる「タイムシフトマシン」機能を備えるほか、ハイスピード18Gbps対応のHDMI入力端子を7系統備えており、多数の外部機器と接続可能。さらに光オーディオ出力端子と同軸デジタルオーディオ出力端子も備え、さまざまなオーディオシステムと組み合わせてより迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

↑X930は7基のHDMI入力端子を搭載

 

X930/X830のいずれもBS/CS 4Kチューナーを2基内蔵し、裏番組録画も可能。地デジ/BS/CSチューナーは各3基備え、同時に2つの番組を録画できるW録画に対応しています。

 

新型リモコンには、従来のNetflix専用ボタンに加え、新たにYouTubeやAbemaTV、Hulu、dTV、U-NEXTのボタンも備え、各種ネット動画サービスをボタン1つで呼び出すことができるようになりました。

 

2019年のレグザは「攻めの有機EL戦略」

発表会に登壇した同社のマーケティングブランド統括マネージャー・本村裕史氏は、「有機ELテレビはもはや特別なテレビではなくなった。これまで弱点とされてきた画面の明るさは改善され、明るいリビングに設置しても問題なくなったし、焼き付きの心配もほぼ解決できるようになった。また、価格も下がってきており、手の届くものになってきている。そこでレグザは、テレビの原点に立ち返り、テレビを楽しむ王道の価値を提案する攻めの有機EL戦略を打ち出していく」と述べ、有機ELテレビならレグザと強くアピールしました。

↑東芝映像ソリューションのマーケティングブランド統括マネージャー・本村裕史氏

 

また、有機ELテレビの薄さを生かした壁掛けスタイルを提案するため、賃貸住宅などでも工事なしで壁掛け設置が行えるレグザ純正テレビローボード「RWB-S150A」シリーズも6月下旬より発売することを発表。これは、バックパネル付きのローボードにテレビを取り付けることで、壁掛けのようなスタイルで視聴できるようになるというもの。ケーブル類も背面に収納でき、すっきりとした印象でテレビへの没入感を高めます。カラーはナチュラルなオークと、重厚なウォールナットの2色。実売予想価格は7万円前後。

↑レグザ純正テレビローボード「RWB-S150A」シリーズ

 

↑画面の向きを手動で調整することも可能

 

同社では、新モデルの発売に合わせて、4KレグザとレグザBDレコーダーもしくはレグザ純正USB HDDを購入の上、指定の方法で応募することで、全員に最高3万円をキャッシュバックする「見逃せない。見逃さない。タイムシフトマシン キャッシュバックキャンペーン」を実施します。期間中であれば、同時購入でなくても応募可能。購入対象期間は2019年5月22日~9月30日まで、応募期間は2019年6月28日~10月21日まで。対象モデルやキャッシュバック金額などの詳細は、キャンペーンサイトをご確認ください。

 

有機ELテレビといえば、ひと昔まえは手の届かないハイエンド製品というイメージでしたが、現在は価格も下がり、十分選択肢に入るようになってきました。液晶テレビにはない高コントラストや黒の沈み込み、薄型の筐体など魅力的な部分も多く、これからテレビの買い替えを検討される方は、ぜひ有機ELレグザもチェックしてみて下さい。

 

【関連記事】

録画ならレグザ! 東芝4Kレグザの2019年モデルは「タイムシフトマシン」に注目

東芝レグザZシリーズの最新機は“4Kチューナー内蔵×全面直下LED×タイムシフトマシン”で隙のない仕上がりの「Z720X」だ!

日本初の4Kチューナー内蔵! 東芝レグザから有機EL/液晶の4Kテレビ3機種登場

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON