AV
テレビ
2019/10/3 18:30

地デジも4K放送も8K画質で! より身近になったシャープ「AQUOS 8K」

シャープは、BS/CS 4Kチューナーを内蔵した8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」2機種を11月9日に発売します。ラインナップは、70型の「8T-C70BW1」(実売予想価格50万円前後/税抜)と60型の「8T-C60BW1」(同35万円前後/税抜)を用意。

↑60型の「8T-C60BW1」

 

同シリーズは、既存の8Kモデル「AX1」ラインとは異なり、8K放送用のチューナーを内蔵しておらず、BS/CS 4K放送用チューナー2基と地デジ/BS/CS用チューナー3基を搭載。新4K衛星放送や地上波デジタル放送などを8Kの高画質で楽しみつつ、将来的には外付けの8Kチューナーを後付けすることで8K放送も楽しめるようになる、というコンセプトとなっています。

 

映像面でのトピックとしては、高精細8K液晶パネルの性能を最大限に引き出す新開発の8K画像処理エンジン「Medalist Z1」を搭載していることが特徴。地デジや新4K衛星放送、ネットコンテンツやブルーレイディスクなどの映像を超解像技術により8K情報量にアップコンバートし、高精細な8K映像として再生します。

↑8K超解像アップコンバートの比較デモ

 

さらに、新たに、動きのあるスポーツ映像もクリアな画質で楽しめる「8Kスポーツビュー」映像モードを搭載。倍速技術(120Hz)で被写体の動きを予測して中間映像を補間し、なめらかな動きを再現するとともに、ボヤケ低減効果のある黒挿入技術が、映像の切り替わりにあわせ黒部分を挿入することで動きのボヤケを低減します。従来の黒の挿入方法では画面全体が暗くなっていましたが、新製品ではバックライトの輝き復元を最適化することで、画面の明るさを保ったまま黒部分を挿入し、明るくボヤケのない映像を実現しています。

 

このほか、高い透過率を持つ「UV2A液晶技術」と高輝度HDRによる輝き復元技術「メガコントラスト」により、映像信号を解析して光源や反射部などの輝き成分を検出し、LEDバックライトを部分制御することでコントラストの高い映像を再現します。パネルには、艶やかな黒を表現しながら照明などの映りこみを抑える低反射「N-Blackパネル」を採用。

↑クリアで明るい映像表現が特徴

 

音質面では、最大70Wの高出力で臨場感を高める「WIDE-AREA SOUND SYSTEM」を採用するほか、空間の音響パワーの変化をとらえ補正する音響補正技術「Eilex PRISM」も搭載しています。

 

また、AIが視聴傾向を学習しておすすめ番組を知らせる「COCORO VISION」に対応するほか、Android TVのプラットフォーム「Android 9 Pie」を採用しているので、インターネット動画配信サービスなどの各種コンテンツも視聴可能です。

 

すでに8K放送はスタートしていますが、民放各社が参入するのはまだまだ時間がかかると見られています。既存の地デジ放送や新4K衛星放送も視聴でき、将来的な8K放送の本格化にも対応できるポテンシャルを備えた8Kテレビなら、いま購入しても末永く使えそうですね。テレビ放送やネット動画、BDコンテンツなどをなるべく高画質で視聴したいという方にもオススメです。

 

【この記事を読んだ方はコチラもオススメ】

「4Kテレビってデカくて置けない」という人にーー40型も選べる新「AQUOS 4K」登場

4K放送見ない人にもオススメ! 地デジも4K放送級の画質にするシャープ「AQUOS 4Kレコーダー」

TAG
SHARE ON