AV
オーディオ
2019/10/28 20:00

家じゅうどこでも音楽を持ち運べる! ボーズの新スマートスピーカー「Bose Portable Home Speaker」

ボーズから新しいスマートスピーカー「Bose Portable Home Speaker」が発売されました。今度は本体にバッテリーを内蔵するポータブル対応。AIアシスタントはGoogleアシスタント、またはAmazon Alexaから選べます。防滴仕様で屋外リスニングも楽しめるオールラウンダーの実力をレポートします。

↑Bose Portable Home Speaker(実売価格4万4000円)

 

Wi-FiとBluetooth両対応で楽しみ方が広がる

Bose Portable Home Speaker(以下:Bose PHS)はユニークな茶筒のような形をしたスマートスピーカーです。同社のBluetoothスピーカー「Soundlink Revolve+」と雰囲気はよく似ていますが、シルエットはよりスリムになりました。Bose PHSはWi-Fi機能を搭載しているので、スマホやPCからのBluetoothによる音楽ストリーミング以外にも独立してインターネットに接続して音楽コンテンツが充実しています。

 

AIアシスタントによる音声コントロールはもちろん、本体の天面に並ぶボタンやモバイルアプリ「Bose Music」からのリモコン操作を併用できます。ほかのボーズのスマートスピーカー「Bose Home Speaker」シリーズやホームシアターの「Bose Soundbar」シリーズと同様に、Googleアシスタント、またはAmazon Alexaのいずれかユーザーが使い慣れている方、あるいは連動する機器を多く揃えている方をメインのAIアシスタントに選択できます。

↑天面にはAIアシスタントにコマンドを入力するためのマイクのほか、ボタンタイプのリモコンが並んでいます

 

ふだんiPhoneやiPadで音楽を聴いている方には、Bose PHSはAirPlay 2にも対応するワイヤレススピーカーなので特に便利に感じられると思います。Bose MusicアプリにApple Musicに接続するインターフェースが組み込まれているので、操作感はとてもスムーズ。「Bose Home Speaker」シリーズや「Bose Soundbar」シリーズの製品と組み合わせればマルチルーム再生にも用途が広がります。

↑スマホとのBluetooth接続もBose Musicアプリから簡単にできます

 

Bose PHSもSoundlink Revolve+と同様にキッチン、プール、シャワーなどで水しぶきや雨がかかっても安心のIPX4に相当する防滴対応スピーカーです。落下にも強い高耐久設計としているので屋外に持ち出して使う時も安心。スマホにBluetoothで接続すればAmazon MusicやSpotify、スマホに保存した音楽が自宅で聴く感覚とほぼ近く楽しめます。

 

筐体上部にはハンドルが付いているので持ち運びも軽快。重さは1.06kg。内蔵バッテリーによる音楽再生はボリュームを上げて聴いても最長約12時間も持続するので、フル充電にしておけば1日中家の中で移動しながら使ったり、近所で友だちと集まって過ごす時間にもお気に入りの音楽が聴けます。パッケージに付属する充電器、または専用の充電クレードルを使った場合のフル充電にかかる時間は4時間と少し長めですが、ふだんはスピーカーを充電しながら音楽を聴くように心がければ使い勝手として不便に感じることはないでしょう。

↑ハンドルが付いているので室内・屋外での持ち運びも簡単

 

↑USB Type-Cのケーブルで充電します。本機専用の充電クレードルも別売のアイテムとして用意されています

 

  1. 1
  2. 2
全文表示