AV
2016/10/14 6:00

重低音サウンドに”キレ”がプラス! JVC「XX」シリーズの新作イヤホン「HA‐FX99X/77X」登場

JVC ケンウッドは、JVC ブランドより、“重低音&タフ”をコンセプトとした「XX (XTREME XPLOSIVES)」シリーズ の新ラインアップとして、インナーイヤーヘッドホン「HA‐FX99X」「HA‐FX77X」の2モデルを10月中旬より発売。 価格は「HA‐FX99X」が1万3910円、「HA‐FX77X」が7430円です。

20161013_y-koba_FX99X-B (2)_R
↑HA‐FX99X。カラーはブラック
20161013_y-koba_77X-BR (2)_R
↑HA‐FX77X。カラーはブラックとシルバーの2色展開

 

クリアなサウンドと安定した装着感

今回発売となる2モデルは、新開発の高磁力ネオジウムドライバーユニットと「XTREME TORNADO DUCT(エクストリームトルネードダクト)」を搭載。これにより、「XX」シリーズの特長である重低音サウンドに加え、クリアでキレのあるサウンドを実現します。

 

ボディには、外部からの衝撃を抑え、不要な振動を低減するアルミ切削素材を採用。本体をエラストマー素材のプロテクターで囲むことで、耳にフィットしやすく、重低音を漏れなく伝える安定した装着感を実現しています。

 

デザインは、「XX」シリーズのストリートスタイルの世界観を受け継ぎつつ、アルミスピン&ダイヤカットデザインの採用で高級感のある仕上がりとなっています。

 

上位モデル「HA-FX99X」はハイレゾ対応

ハイグレードモデルである「HA-FX99X」は、新開発のハイブリッド振動板を採用し、シリーズで初めてハイレゾ音源の再生に対応。加えて、イヤーピース内の反射音を抑える構造を取り入れた「スパイラルドットイヤーピース」によって、高解像でクリアなサウンド再生を実現しています。

 

【スペック】
HA-FX99X
●出力音圧レベル:103dB/1mW ●再生周波数帯域:5Hz~40,000Hz ●インピーダンス:16Ω ●最大許容入力:200mW (IEC規格) ●ケーブル:1.2m (Y 型) OFC ●入力プラグ:φ3.5mm 24 金メッキL型ステレオミニプラグ ●質量(ケーブル含まず):約 8.2g ●付属品:スパイラルドットイヤーピース(S、M、L 各2個)、キャリングポーチ

 

HA-FX77X
●出力音圧レベル:105dB/1mW ●再生周波数帯域:5Hz~25,000Hz ●インピーダンス:16Ω ●最大許容入力:200mW (IEC規格) ●ケーブル:1.2m (Y 型) OFC ●入力プラグ:φ3.5mm 24 金メッキL型ステレオミニプラグ ●質量(ケーブル含まず):約 7.5g ●付属品:イヤーピース(S、M、L 各2個)、キャリングポーチ

 

TAG
SHARE ON