AV
2015/2/13 13:54

「蒔絵」と「墨」がモチーフ! 日本限定仕様のボーズのノイキャンヘッドホン

派手すぎず、奥ゆかしい日本ならではの美しさ

 

ボーズ QuietComfort 25 JAPAN CONCEPT MODEL “MAKI-E(”左)“ SUMI(”右)
ボーズ
QuietComfort 25
JAPAN CONCEPT MODEL
“MAKI-E(”左)“ SUMI(”右)

日本特有の様式美に「わびさび」がある。茶の湯の世界で確立されたものと言われ、質素で静かなものを指すことが多い。

ボーズ・QuietComfort25のJAPAN CONCEPT MODELは、漆器の工芸技法である「蒔絵」と、最も伝統的な筆記具の「墨」をイメージして生まれたヘッドホンである。決して質素ではないが、派手すぎず、どこか奥ゆかしい美しさを感じるデザイン。昨今流行しているカラフルで華美なヘッドホンとは、一線を画したモデルといえる。

思えば、ノイズキャンセリングによる静寂に響く本機の力強くも繊細なサウンドは、庭園のししおどしの音のようだ。ああ、これほど日本的で、趣深いヘッドホンがあるだろうか(いやない)。

↑イヤパッドには超低反発素材を採用。長時間のリスニングでもストレスを感じにくい
↑イヤパッドには超低反発素材を採用。長時間のリスニングでもストレスを感じにくい
↑ノイキャン機能は単4アル カリ電池1本で駆動する。約 35時間連続で使用可能だ
↑ノイキャン機能は単4アルカリ電池1本で駆動する。 約35時間連続で使用可能だ

 

 

 

 

 

 

 

【製品情報】

ボーズ

QuietComfort 25

JAPAN CONCEPT MODEL
“MAKI-E(”左)“ SUMI(”右)
各4万3200円

同社開発のノイズキャンセリング技術を搭載する定番ヘッドホンに、日本仕様の限定生産モデルが登場。それぞれ「蒔絵」と「墨」をイメージしてデザインされており、日本古来の「わびさび」を感じさせる逸品だ。

SPEC●ケーブル長:1.42m(着脱化)●付属品:キャリングケース、デュアルプラグ(航空機内オーディオ対応)ほか●サイズ/質量:W152×H191㎜/195g(電池、ケーブル除く)

TAG
SHARE ON