本・書籍
料理
2017/12/13 17:00

マルチ野菜の白菜と大根をフル活用! 困った時の冬レシピ3選

スーパーに行けば常に同じお野菜が美味しく並んでいる現在ですが、この季節美味しいのは「白菜」と「大根」ですよね! 旬の野菜は値段もお手頃にゲットできますし、いろんなアレンジで楽しめるので、いつもの煮物、炒め物、お味噌汁やスープの具材だけでなくアイディア次第でいろんなレシピが生まれちゃいます。

81312185 - senior living in the country to harvest their smile

今回は、『キッチン vol.4 毎日のおかず作りが楽しくなる!』(キッチン編集部・編/学研パブリッシング・刊)より、コウケンテツさんが監修された白菜と大根のレシピをご紹介していきます。安いから買ってきたけどどうしよう・・・、冷蔵庫に余ってて困ったなぁ〜、を解決してくれるはずです!

 

 

大根と豚肉が共演! 「大根の八幡(やわた)巻き」

お肉に野菜を巻いて、フライパンで焼き、煮汁で炊き上げる八幡巻き。おせちなんかではごぼうを牛肉で巻いたものや、鶏もも肉でちょっと太巻き風にするものなどアレンジレシピが多いですよね。今回は、大根をメインに豚肉で巻いた八幡巻きをご紹介します。

 

【2人分の材料】

豚しょうが焼き用肉(8枚)、大根(1/4本)、にんじん(1/2本)、さやいんげん(8本)、塩・こしょう・小麦粉(各適量)、ごま油(大さじ1)、お酒(大さじ1)

甘辛のタレ:酒・しょう油(各大さじ2)、みりん・砂糖(各大さじ1)

 

【作り方】

1.お肉に、塩・こしょうで下味をつける

2.中に入れる具材を棒状に切り、茹でる

3.具材をお肉で包み、小麦粉でしっかりとくっつける

4.フライパンで焼き、焼き目がついたら酒を入れふたをして2分焼く

5.甘辛のタレを入れてからめ、一口大に切り盛り付ける

 

作る際のポイントもご紹介しておきましょう!

 

焼いている途中にほどけてしまわないよう、端からきつめに巻きましょう。フライパンに入れるときは巻き終わりを下にして、まずはここを焼き固めます。

(『キッチン vol.4 毎日のおかず作りが楽しくなる!』より引用)

 

ポイントを無視し、ゴロゴロっとフライパンにインしてしまった私は、残念ながらただの「お肉焼き」になってしまったものも。お気をつけください(笑)。大根に煮汁が染み込み、とても美味しく頂けましたよ。中に入れる具材もアレンジできますし、作り置きしておけばお弁当のおかずにもぴったりです!

 

 

もう一品! に助かる「白菜の油揚げ巻き煮」

白菜って一度に使いきれないと冷蔵庫の中に「まだある・・・」なんてことありますよね。そんな時に少ない材料で、夕飯の助っ人となってくれるのが「白菜の油揚げ巻き煮」です。

 

【2人分の材料】

白菜(2枚)、油揚げ(2枚)、練りがらし(適量)

煮汁:ダシ(カップ2)、しょう油(大さじ1/2)、みりん(大さじ1)、塩(小さじ1/2)

 

【作り方】

1.白菜を7〜8センチの長さに切る(芯は棒状、葉はざく切り)

2.油揚げは油抜きし、包丁で側面に切り目を入れて縦長に開く

3.油揚げの上に白菜をのせて、手前からくるくると巻き、楊枝でとめる

4.煮汁を煮立てて、楊枝でとめたものを入れ、転がしながら10分煮含める

5.食べやすい大きさに切って器に盛り、からしを添える

 

とっても簡単ですよね。白菜からも水分が出るので、お上品な味に仕上がります。お餅の代わりに、白菜を中に入れておでんの具材にしてもいいかも〜♪ と、からしをつけて食べた時に思いました。

 

ちなみに、久しぶりに楊枝を使おうと棚から出して、テーブルの角においたのですが、見事に床にぶちまけてしまいました。楊枝を使う時には、必要な分だけ先に取り出しておくことをおすすめします!

 

鍋の素は使いません! 「豚の塩鍋」

冬といったらお鍋! 最近は「もう何種類あるの?」ってくらいスーパーには様々な鍋の素が並んで、カレーに豆乳、キムチ鍋などその日の気分で楽しめちゃいますよね。しかーし! 鍋の素を使わずに具材の美味しさを楽しむ鍋も食べたい・・・そんな気分の夜には、「豚の塩鍋」がオススメ。シンプルなのに箸が止まらなくなる美味しさなので、さむ〜い夜、冷蔵庫に残った具材でサササっとこんなお鍋作られちゃったら、惚れちゃいます!

 

【2〜3人分の材料】

豚バラブロック肉(200g)、塩・粗びき黒こしょう(適量)、白菜(2〜3枚)、大根(1/4本)、にんじん(1/2本)、しめじ(1パック)、ごま油(大さじ1)、にんにくの薄切り(2かけ)、酒(カップ1/4)、みりん(大さじ1)

 

【作り方】

1.豚バラブロック肉は薄切りにし、塩こしょうで下味をつける

2.野菜を適量に切っておく

3.お鍋でごま油を熱し、豚肉とにんにくを炒める

4.色が変わったら水カップ4、酒、塩小さじ1/2、大根とにんじんを入れ、アクをとる。白菜の芯を加え、フタをして約15分弱めの中火で煮る

5.野菜が柔らかくなったら、白菜の葉、しめじを加え、みりん・塩小さじ1/2で調味し、さらに3〜4分煮る。最後に塩と粗挽き黒こしょうで味を整える

 

ポイントもご紹介しておきましょう。

 

大根やにんじん、白菜の芯など、火の通りにくい野菜は先に柔らかく煮ておくのがポイント。野菜のかたさによって、時間差をつけて煮ると食感が揃います。

(『キッチン vol.4 毎日のおかず作りが楽しくなる!』より引用)

 

『キッチン vol.4 毎日のおかず作りが楽しくなる!』には、これ以外にも白菜キムチと大根のカクテキの作り方なんかも紹介されていますので、週末に作ってみようかな〜なんて方はぜひご参考にして下さいね! さらに寒さが厳しくなるこれからの季節、美味しいご飯で元気に乗り切りましょう。

 

【著書紹介】

GKNB_BKB0000405912551_75_COVERl

 

キッチン vol.4 毎日のおかず作りが楽しくなる!

著者:キッチン編集部(編)
出版社:学研プラス

栄養バランスを考えたヘルシーな献立や、主婦にうれしい節約レシピ、料理の基本、料理のテクなどが満載の料理誌。巻頭特集はコウケンテツさんの白菜VS大根使い切り献立。綴じ込み付録は毎日のおかずに役立つ「ひき肉レシピBOOK」。

Kindleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
BookBeyondで詳しく見る
hontoで詳しく見る

TAG
SHARE ON