本・書籍
2018/3/7 16:30

企画の材料をまとめたネタ帳があれば、ヒット企画がポンポン思いつく!

新しい企画、今までになかった企画、シェアされる企画…世の中にはたくさんの企画であふれています。あなたがこの記事を読んでいるスマートフォンやPCだって「こうだったらいいのにな〜」というアイディアを元に企画され作られた製品だと思うと、もう世の中企画まみれ!
 
47505609 - portrait happy young woman thinking dreaming has many ideas looking up isolated grey wall background. positive human face expression emotion feeling life perception. decision making process concept.
しかし新たな企画を考えようと思った時、まず「何」をしたらいいかわからない人が多いですよね。いきなりポン! とアイディアが浮かんでくればいいですが、なかなかそうもいきません。そこで今回は『一生仕事で困らない企画のメモ技』(高橋晋平・著/あさ出版・刊)より、今日から始められる「企画を考えられるメモ技(テク)」をご紹介します!
 
 

企画書に取りかかる前に「ネタ帳」をつくろう!

「ちょっと来週までに新しい企画考えておいて」と言われたら何から取り掛かりますか? とりあえず、ググる・本を読む・人に聞くなど企画を考える方法は様々ですが、こんな時に役立つのが「ネタ帳」です。ネタ帳なんて持ってないもーんという人は、今日から作り始めちゃいましょう!
 
ネタ帳にするのは、いつでもどこでも書き込めるスマートフォンのメモ機能がオススメ。ネタと言っても考え抜いたものを書くのではなく、自分自身が「欲しいと思うものごと」を1ネタ1行でメモしていきます。「欲しいと思うものごと」は以下のようなことを指します。
 

・店頭で商品を見て、購入したくなった。
・イベント情報を知り、チケットを予約して参加したくなった。
・広告やパッケージデザインを見て、その商品が欲しくなった。
・自分の悩みに関係がある記事の見出しを見て、その商品が欲しくなった。
・自分の悩みに関係がある記事の見出しを見て、思わずクリックしたくなった。
・Webで見たお笑いネタの動画があまりに面白く、宴会芸として真似したくなった。

(『一生仕事で困らない企画のメモ技』より引用)

 
私も早速1週間ほどメモしてみたのですが、慣れてくると日常の出来事にも敏感になり、ネタないかしら? と思うようになりました。
 
ちなみに「新しくて、変わっていて、面白そう」でも、欲求が刺激されなければネタにならないので、カッコつけず「欲しいもの」をメモしましょう。また、あとでいいや〜と思っているとうっかり忘れてしまうことも多々あったので、思い立ったらサッとメモするのがオススメです。
 
『一生仕事で困らない企画のメモ技』の著者である高橋さんは、お風呂場にもメモ帳を置いているんだとか。お風呂だとリラックスするのでアイディアが湧いてくるそうなんです。さすが!
 
 

その企画、お金を出してでも喜んで利用したいですか?

ネタが集まったからといって、満足してはまだまだ。ここから自分の企画に落とし込み、プレゼンし、世の中にリリースするまでには長い道のりが待っているのです。
 
これを読んでいる方の中には「アイディアはいっぱいあるんだ」という方も多いかもしれません。でもそのアイディア、実行するまでに至らないのはどうしてでしょうか? もしかすると自分ゴトに落とし込めていないからかもしれません。
 

「その商品が世に出たら、自分は買うのか?」
「その広告が世に出たら、自分は宣伝された商品を買おうと思うのか?」
「そのイベントが開催されたら、自分はチケットを買って行くのか?」
自分ゴトとして考えられない企画は、必ず途中で頓挫します。

(『一生仕事で困らない企画のメモ技』より引用)

 
この企画はヒットする! とテンションが上がっていたり、社内の評価もバッチリ! という時こそ、一度冷静になって自分の企画を見つめ直す時間が必要なんですね。
 
 

ボツ企画は捨てずに、コレクションしよう!

残念ですが、考えた企画が全て通る世の中ではございません。ハリウッドの映画監督だって、人気クリエーターだって、ボツになる企画もいっぱいあるんです! ボツになってしまったものはすぐゴミ箱に捨てて忘れ去るという人もいるかもしれませんが、もったいない!! ダメだった企画はコレクションしていきましょう。
 

むしろ、ボツ企画を「ボツ」であるとわかった経験は、ものすごく重要です。一生懸命、実現させようとした企画がボツになった「理由」が手に入るからです。

(『一生仕事で困らない企画のメモ技』より引用)

 
『一生仕事で困らない企画のメモ技』には、これ以外にも高橋さんのネタ帳が公開されていたり、企画をヒット企画にする方法なども詳しく掲載されています。企画というと「そういうのが得意な人がやっているんでしょ〜」と思う人も多いかもしれませんが、ネタ帳をコツコツつけておくことであなたの考えた企画が世の中でヒットすることがあるかもしれません。そんな「いつか」のために、毎日が楽しくなるネタ帳をメモしていきましょう!
 
【著書紹介】
2000006092675

一生仕事で困らない企画のメモ技

著者:高橋晋平
出版社:あさ出版

多くの人に響く! 大ヒットする!  そんな企画を生み出すのに特別な才能はいりません。必要なのはメモの技術です。本書は、プチプチなどの大ヒット商品を数々生み出してきた著者が、企画をどんどん生み出せるようになるメモ術を初公開したものです。
kindlleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
iBokksで詳しく見る

TAG
SHARE ON