本・書籍
2018/3/19 16:30

【噂の真相】90代の女性作家と同棲する美女のナゾ。甘い生活。彼女の正体とは!?

大作家・瀬戸内寂聴の行く先々で、介添えをしている肉食系美女。数年前から公の場で目撃され始めました。

 

彼女の献身ぶりについては、多くの人たちが目撃しています。「秘書」と名乗っているけれど、熱狂的な寂聴先生のファンが嫉妬しかねないくらい、ふたりの仲は親しげです。

 

師弟愛? もしかして、寂聴先生が得意なエロスの新境地では!? 出版関係者や寂聴ファンのあいだで、さまざまな憶測がささやかれていました。彼女は、いったい何者なのでしょうか?

 

美人秘書の正体

美人秘書の名前は、瀬尾まなほ。1988年生まれの女性です。1922年(大正11年)生まれの寂聴先生とは、なんと66歳差! 曾孫(ひまご)ほど離れているのに、まるで女学校の姉妹(スール)のように仲良しです。

 

そんな彼女が、大作家・瀬戸内寂聴との関係を赤裸々につづったのが、『おちゃめに100歳! 寂聴さん』(瀬尾まなほ・著/光文社・刊)というエッセイ集です。

 

無名な書き手のデビュー著書にもかかわらず、2018年3月16日現在、発行部数が11万部を突破しています。ゴシップ趣味で読んでみたところ、驚くべき内容が書いてありました。

 

 

寂聴も認めた敏腕女子

「もう、起きているかな?」
と先生が寝ている部屋のふすまを開けるとき、わたしの朝も「耳を澄ませる」ことから始まる。
「グー。グー」いびきが聞こえると、「良かった。死んでいなかった」とホッとする。

(『おちゃめに100歳! 寂聴さん』から引用)

 

瀬尾さんは、とにかく型破りです。ふつうは恐縮して口に出さないようなことでも、寂聴先生に言ってみせます。

 

「無礼者!」と寂聴ファンに叱られたこともありますが…当の寂聴先生は、瀬尾さんの「物怖じのない言動」に腹を立てることはないそうです。むしろ、面白がっています。

 

寛大な扱いには、もちろん理由があります。瀬尾さんが、寂聴先生の食事、洗濯、原稿〆切のスケジュール管理などを引き受けて、すべて見事にこなしているからです。京都嵯峨野にある寂庵(寂聴先生の住まい)の離れで寝起きしているので、もはや家族同然といえます。

 

66歳差の秘書・瀬尾まなほさんは、もうすこしで100歳をむかえる寂聴先生に楽しい変化をもたらしました。それは思わず「えっ、本当に?」とびっくりする内容です。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON