本・書籍
2018/4/6 13:30

『NATURAL好きのおうちCAFE』ーー折るだけじゃない! 大人でおしゃれな折り紙活用法

普段あまり目がいかないかもしれない100円ショップの折り紙コーナーに、いま異変が起きている。バリエーションが増え、花柄やチェック、ストライプなどの柄も並んでいるし、ホログラムのようにキラキラ輝くものもある。そして最近の流行はモノトーンのようだ。この折り紙、100円なのに、かなり大活躍する優れものなのである。

 

ラッピングに

さまざまな柄がある折り紙は、小さなものをラッピングするのにも最適だ。同じ100円ショップのラッピング用紙に比べても折り紙は格安である。例えばカードに書いた手紙や図書カードを包んでみたりするのにも使えるし、箱の形に折れば入れ物にもなる。私がよく使うのは、チャックつきビニール袋など透明なものに何かを入れる際に、下地として折り紙を敷くことだ。そうすると、プレゼントらしさが増して、華やかになっていい。

 

さらに高度なラッピングテクは、マスキングテープとの併用である。100円ショップは、折り紙同様にマスキングテープの柄も豊富なので、同系統を組み合わせてもいいし、一方は無地、一方は柄などと変化をつけて楽しむこともできる。

 

NATURAL好きのおうちCAFE』(ライフ&フーズ編集部・編/学研プラス・刊)には、プチプラ雑貨でのラッピングアイデアがいくつも載っていたけれど、やはりそこにも折り紙とマスキングテープが推奨されていた。

 

 

シックな折り紙が人気

そこではオシャレなカフェにマッチするようなシックな折り紙使いがされていた。お弁当箱程度の大きさのものに普通にラッピングした後、黒の折り紙をその上に一枚かぶせ、グレーのリボンをかけ、レトロなシールを貼れば、大人っぽい贈りものになる。センスのいいママが喜んで使いたがりそうなテクニックだ。

 

本に「子どもが好んで使わない黒の折り紙こそ私には重要なので1袋をよく分け合っています。折ったり切ったり加工が簡単で使いかたのバリエーションも広がります」とコメントがある通り、子どもは確かに暗い色を余らせる。それをすかさず大人がいただくというのは、ただでさえ安い折り紙がさらにオトクに感じてしまう活用法だ。

 

黒だけでなく、最近はモノトーン柄の折り紙も目立つようになってきたのは、そうした需要があるからなのだろう。折り紙で箸袋を作ることもできる。ナチュラルシックなテーブルの上にはそうした落ち着いた色合いのものが合いそうだ。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON