本・書籍
2018/5/24 6:15

【今日の1冊】猪瀬直樹と蜷川有紀の婚約パーティで考えた人生後半の生き方——『ここから始まる 人生100年時代の男と女』

5月16日、渋谷にあるBunkamura Galleryで、作家の猪瀬直樹と女優で画家の蜷川有紀の婚約パーティが行われた。出席者600人を越える盛大なものだったが、会場は華やかな雰囲気に包まれていた。

 

パーティの目的は婚約を発表することだけではなかった。招待状には「YUKI NINAGAWA 画家デビュー十周年記念&猪瀬直樹×蜷川有紀 婚約出版パーティー」とあるように、二人は婚約発表を記念して『ここから始まる 人生100年時代の男と女』(集英社・刊)を上梓したのだ。

 

 

 

いくつになっても恋はできる、しかし…

『ここから始まる 人生100年時代の男と女』は、一見したところは、マスコミにも頻繁に登場する華やかな二人が恋に落ち、一緒に暮らすまでの経緯を綴ったラブラブ本のように感じられる。熟年カップルのおのろけ本だと思った方もいるだろう。

 

医学の進歩によって、私たちは人生100年時代を迎えた。それはそれで喜ばなければいけないのだろうが、老年の生き方について考える日々を過ごすことになったともいえる。

 

何もかもが初体験だからだ。定年後の生き方を模索するして悩む人は多いし、老後に経済的な不安を感じ鬱状態に陥っている夫婦もいる。

 

そんな不安を抱える私たちにとって、帯にある「カップルは、128歳。実体験に基づく、人生100年時代の愉しみ方」は、希望を与えてくれるものだ。

 

しかし、である…。いくつになっても恋はできるし、楽しいことばかりの薔薇色の日々が待っているかというと、そうではない。そんなはずはないというのが私の心からの感想である。

 

順風満帆な人生など、どこにもない

華やかに見える二人の人生も、いつも順風満帆で来たわけではない。猪瀬は作家として一本立ちするまで長い潜伏の時を過ごさなくてはならなかった。

 

作家としてその才能を開花させた後、政治の世界に飛び込んだが結局は都知事を辞任するという苦渋の選択をすることとなった。

 

そして何より、東京オリンピック誘致のため忙しい日々を過ごし、ようやく誘致に成功したとき、残酷な、あまりに残酷な現実と向き合うこととなった。不遇な時代を寄り添い、助けてくれた妻が、脳腫瘍のため亡くなったのだ。

これからと言うときに…。最愛の妻を思い、呆然とする日々…。

 

 

絵が描きたくて、女優を休業したものの

蜷川も女優として数々の優れた作品に出演しながらも、画家になりたいという夢をかなえるために女優業を休業している。その時のことについて、彼女は書く。

 

女優業をお休みしたのも、どうしても自分自身のメッセージを自分の方法で表現したかったからだ。ずっとずっとそれだけを願って生きてきた。強い気持ちを持たなければ

(『ここから始まる 人生100年時代の男と女』より抜粋)

 

蜷川は苦しんでいたのだ。絵を描くことに没頭しながらも、表現することへの快楽と同時に苦痛も感じていたはずだ。孤独を感じて震えるほどこわかったに違いない。

 

いったいこれからどうなるの? 私はどこを目指したらいいの?

 

彼女の叫びが聞こえてきそうだ。そこに現れたのが、猪瀬直樹だった。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON