本・書籍
2018/10/5 21:10

累計100万部突破! 人気ユニット「tupera tupera」の仕掛け絵本ができるまで

折り畳まれたページをパッとめくると、野菜が「すっぽーん!」と土から抜けちゃう、その単純さ、おもしろさ! そんな仕掛け絵本シリーズが累計100万部を突破している人気ユニット、tupera tupera(ツペラ ツペラ)のふたりを訪ねました。聞き手は“ブックセラピスト”として活動する、元木 忍さんです。

 

tupera tuperaの特徴は、工作、舞台美術、アニメーション、雑貨など、絵本という枠にとらわれない自由な創作スタイル。大人も子供も楽しめる大ヒット絵本が生まれた背景とは? そこから、彼らが創り出す世界の深層が見えてきました。

 

本にパンツをはかせたらいったいどうなる……?

元木 忍さん(以下、元木):美大在学中からさまざまな創作活動を行ってきたおふたりですが、そもそも絵本作家として出発したわけではなかったんですよね。

 

tuperatupera・中川敦子さん(以下、中川): そうですね。雑貨とか生活のシーンの中で使われるモノ作りをしてきた中で、絵本として初めて取り組んだのが『木がずらり』という、自費出版の本でした。街のおしゃれなカフェに、洋書の絵本が飾られていることってよくあると思うんですが、日本には作品としては優れていても、“飾る”という感覚で作られている絵本があまりないなと思っていて。『木がずらり』は、棚の上で屏風みたいにパーッと並べたときに、家の中に並木道が広がるっていうイメージから生まれたものです。もちろん絵本ですから、読んでも楽しめるように、ちょっとした言葉遊びのような文章も添えて。それを自費出版で作って、自分たちの展覧会で売るというところから始まったんです。

 

元木:おふたりの場合は、絵本を作るときにビジュアルと物語と、どちらが先に浮かぶのでしょうか?

 

中川:それは本によりますね。例えば『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)という絵本は、「本にパンツをはかせる」というアイデアから始まっています(笑)。あのしろくまは、木の立体物の展覧会をしたときに展示した壁掛けの作品が最初なんですね。実は、そのしろくまがパンツをはいていたんです。作品を見て買ってくださったブロンズ新社の編集長さんが、「これを絵本にしたらどう?」って提案してくださったところが始まりで。

 

元木:本にパンツをはかせる……それだけでもうインパクトありますね。

 

中川:あの時は、アイデアだけで出版社からGOサインが出て、内容も決まっていないのに出版スケジュールが出ていました(笑)。だから中身の構成や言葉などは後からやっていったのですが、『やさいさん』『くだものさん』(ともに学研プラス)のような仕掛け絵本も、だいたいそんなパターンが多いです。逆に珍しいのが、『ワニーニのぼうけん』(婦人之友社)かな。イタリアにパニーニって食べ物があるじゃないですか。これをモチーフに、イタリア人のワニの男の子で「ワニーニ」っていう名前が頭に浮かんで、その響きがなんだか可愛いねって。そこから、ワニーニを主人公にした物語を作ってみようとなりました。こんな風に物語から始まるパターンは珍しいかもしれません。

 


やさいさん』『くだものさん』『ぼうしとったら』『かぜビューン
各1026円/学研プラス
フリップをめくると野菜が土から抜ける「やさいさん」。帽子をめくったら意外な何かが隠れている「ぼうしとったら」など、4冊で累計100万部を突破したtupera tuperaの仕掛け絵本シリーズ。

 

ページをめくる=野菜を引っこ抜くという動作が自然に閃いた

元木:では、大ヒットしている『やさいさん』のような仕掛け絵本は、どんな経緯から生まれたのでしょうか?

 

中川:もともと学研プラスの絵本には、折り畳まれたページをめくると「いないいないばあ」のような感覚で絵が出てくる……というフリップ式のシリーズがあったんです。あるとき編集長の木村 真さんから、このシリーズで作ってみないかというお話をいただいたんですね。ちょうどそのころ私は上の娘が生まれて、ある雑誌で子どもと一緒に遊べるおもちゃを作ろうという連載をしていました。「やさいさん」と書かれた空き箱にカードがいっぱい刺さっていて、それを引き抜くと「すっぽーん!」と人参が出てくるおもちゃを紹介していたのですが、その「抜く」っていう作業と、フリップ式の絵本を「めくる」っていう作業がすごくピッタリくるなって閃いて。これは亀山の方が考えたんですけれどね。

 

tuperatupera・亀山達矢さん(以下、亀山): 編集長のキム兄(木村 真さん)とは、出会って5年くらい、ずっと飲み仲間だったんです。その間仕事をしたことは一度もなくて。本当に純粋な遊び仲間として付き合っていった中で、そろそろ作ってみようかって初めてやったのが、このシリーズだった。人として関係を温めておいた上でのモノ作りだったんで、本当に気持ちいい仕事になったと思います。ただ、いきなり2冊同時発売っていう条件が付いていたところには、苦労しましたけどね(笑)。

 

元木:それがもう一冊の『くだものさん』ですよね。

 

中川:そう。でもこの仕掛け絵本は、フリップの部分を本の上下、左右とどちらにも展開できるんです。野菜は土から抜くものだから、フリップを上にめくる。果物は木の上から落ちてくるものだから、フリップを下にめくればいい。その動作がすごく自然に閃いたので、2冊がセットだったらすごく面白いねって盛り上がって。

 

↑上下左右、どちらにも開くことができるフリップの仕組みを生かして、野菜を引っこ抜くさまや、果物が木から落ちるさまを表現しています

 

亀山:我ながら見事な2冊だったと、今でも思っています。『やさいさん』は途中にモグラが出てくる箇所があるんですが、僕らはもともと本の最後にオチとして入れるつもりでした。それを途中のページに持ってきたのがキム兄。名編集長の采配です。

 

元木:そうだったんですね! 確かに、途中にモグラっていう変化球が出てくることで、最後まで楽しく読めるバランスになっていますよね。ところで、おふたりに役割分担はあるのでしょうか?

 

中川:『やさいさん』や『くだものさん』でいうと、私がもともとテキスタイル出身なので、植物は私の担当で、顔はほぼ亀山が仕上げています。『ぼうしとったら』や『かぜビューン』は、お互いに作りたいものをアイデアとしてたくさん出し合って、そのアイデアを全体のバランスを見ながら厳選していき、それぞれ自分が作りたいものを作っていきました。

 

↑tupera tuperaのふたりが名編集長!と信頼を寄せる、学研プラスの木村 真氏。ユニットの作品を初めて見た時、彼らの描く人物や動物の顔、特に「目」の表情に特別な印象を持ったのだそう

 

自分が苦手な顔でも、誰かが好きになってくれたらいい

元木:『ぼうしとったら』と『かぜビューン』は、大人でもクスッと笑ってしまうような王道の面白さがたくさん詰まった作品ですよね。

 

中川:実は、自分の子どもとの遊びが元になっている作品なんです。ある日、メモ用紙を折ったものに、帽子をかぶっている人とちょんまげの人を描いたんですね。それをパッと開いて「ちょんまげ!」ってやったら、娘がゲラゲラ笑ってくれて(笑)。ちょうど木村さんから次の作品を打診されていた時期だったので、これは面白いかもって思いました。しかもこの時は、子ども自身もこの仕掛けを瞬間的に理解して、自分でメモ用紙を折って帽子を被った人を描き始めたんですよ。そういう遊びが生まれるっていうのもいいなと思いました。パッと瞬間的に理解できる、いい意味での“単純さ”って、私たちがずっと大事にしているところでもあります。単純に色が美しいな、面白いなって思わせてくれる、心を動かしてくれるものって、やっぱり強くて魅力的だと思うから。

 

↑なぜか冷や汗をかいている船乗りの帽子の中にいるのは…なんとタコ! その表情や服装などから、中にどんなものが隠れているのか推測して遊べます

 

元木:一方、顔担当の亀山さんはやっぱり顔を描くのがお好きなんですか?

 

亀山:うーん、実はそうでもないですよ。でも他人が作った顔には違和感があるかな。

 

元木:『やさいさん』も『くだものさん』もいろんな顔がついていますけれど、顔をつけるときはどんなことを考えていますか?

 

亀山:考えているというか……「大根ってきっとこんな感じだろう」というイメージですかね。それに全部が全部お気に入りじゃなくて、こいつの顔は嫌いだなぁっていう野菜もいます。

 

元木:えぇっ! そうなんだ!

 

↑男性、女性、優しそうな顔、マジメそうな顔など、みんなが違う顔をしているのもこのシリーズの面白さ

 

亀山:誰だって好きな人もいれば嫌いな人もいるわけで、僕もこれだけいろいろな顔を作ってると、苦手な顔も生まれるものなんですよ。例えば僕からすると、『やさいさん』の中に出てくる「里いもさん」とは友だちになれないなぁとか思ったり、「カブさん」みたいな女性はあんまり好みじゃないなぁと思ったり。

 

元木:(笑)。でも、それでも描くんですね。

 

亀山:僕は好きじゃないけど、誰かは好きかなって。だから僕は、自分が嫌いなものも生まれたままに生み出してるんです。なぜかって、作ることで「人」を楽しんでるんですよ。自分が思ってもみないものを、誰かが好きになってくれたりするのって面白いじゃないですか。絵本も人によって読み方は違う。その瞬間に作品が化けるから面白いんです。

 

↑tupera tuperaの亀山達矢さん

 

元木:tupera tuperaの絵本が、子どもだけではなく大人にも笑えるところは、その辺りに理由がありそうですね。

 

中川:自分の子どもたちに対してちょっとイタズラしてやろう、だましてやろうっていう遊び心はいつも持っていて(笑)、そこが作品にも出てるのかもしれませんね。私たちは今2人の子どもがいますが、必死に子育てしているっていうタイプではないから、その力の抜け方もいいのかもしれない。だけど一方で、『やさいさん』を食育とかエコの観点から評価してくださる方もいたり。

 

元木:もともとそういう観点やメッセージはない?

 

中川:食育を意識して作っているつもりはないですね。ただ野菜の皮の質感とか、その匂いや味がちゃんと伝わるようにデザインもこだわっているので、むしろそういう意味で興味を持ってくださる方がいるならそれもすごくうれしいなって。

 

↑2018年8月に都立大学の額縁屋newtonで開かれていたtupera tupera exhibition「額縁さん」で展示販売されていた壁掛け作品と、その展示風景

 

↑展覧会会場のウインドーに、お得意の「顔」を作っていく亀山さん

 

↑この顔、窓の向こうにいる男性に、なんだか似ていませんか? 男性はnewtonの店主、鷹箸廉さんです

 

最後に、アーティストとして、家庭人として、それぞれの役割をどのようにやり繰りしているのか、聞いてみました。

  1. 1
  2. 2
全文表示